結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

アーカイブ

ANAが好きだからこそ心底がっかりした話。「なぜANA旅作webムービー【魔法のチケット】が不快に思えたのか分析してみた」

2016-10-11 Tue 23:30
2016101121585295c.png


まずはじめに
私はANAがとても好きである。

いろいろ文句は言ってるが
でもやっぱり好きなのである。
(ちょっと?って思うことも勿論あるけどね。)

ANAが好きっていうのは
厳密に言えば
ANAという会社が好きなわけではなく
現場にいて私と関わってくれる
スタッフの皆さんことが好きなのだ。


理由は現場のスタッフ方々が
とても好感の持てる接客をし
頑張ってくれて
私の旅が快適になるように
全力で毎回毎回助けてくれるからだ。

ANAは常にマニュアルではなく
血の通った接客をしてくれるのだ。
そんな現場のスタッフたちにどれだけ私は
助けられ安心させてもらって
寛がせてもらい、そして救われてきたか。

まずANAの現場のスタッフの方々に
感謝の気持ちをちゃんと伝えてから
このエントリーを書き始めたいと思う。

ANAのスタッフの皆さん
今日まで私の旅を助けてくれて
寄り添ってくれて
共感してくれて
一緒に悩んでくれて
本当に心強く安心して旅が出来てきました。
ありがとうございます。

そしてこれから書くことは
ANAのスタッフの皆さんの現場での頑張りを
誰よりも良く知ってる私だからこそ
書きたいことなのだとご理解ください。


2016101121585134f.png

では
「ANAが好きな私がANAに心底がっかりした話」
始めます。


最近大手企業のデリカシーのない
CMがよく炎上する。

「これがなんで問題に?」
ってものから
「そりゃこれ流したらみんな怒るわ」
ってものまで様々である。

日本だけでなく米国でも
つい最近はアメリカン航空が
やらかしてニュースにもなってた程だ。

そしてなんと我らが?ANAまでも槍玉に。


ネットでANA旅作のWebムービーが
炎上してたので見てみた。

見てない人のためにざっくり説明すると

この「魔法のチケット」という
webムービーは
ANAの旅作という旅行商品を紹介する
いわばお話仕立ての長いCMみたいなもの。

このムービーのお話の設定は
家族の数より一枚少ない
「ANAでどこでもいける夢の航空券」
ANAが子供に渡して
誰を置いていくか子供に決めさせる
という非常に悪趣味な設定の
まさに感動ポルノと言われるものだった。

このANAの旅作CM?webムービーを見て
私は心底がっかりして
それから怒りが湧いてきて
どうしようもなかった。


怒りの理由?

大きくは三つある。


まず一つ目
「家族(子供)にネガティブな選択をさせることの愚かさ」

まず初見の時に感じた嫌さは
これ設定が旅行だから誤魔化されてるけど
よく考えたら家族を一人捨てるって
両親が離婚する時に
家族バラバラになる
お父さんお母さんどっちにを取るか
決めさせられるみたいな
残酷さだな
とふと思ったこと。

このwebムービーのANA旅作の設定の光景は
チケットという話になってるけど
家族の数よりくれるチケットの枚数を
一枚足りなくして
連れて行かない家族を一人切るなんて
あまりにも残酷って思った。

夢のチケットなのに魔法のチケットなのに
夢がなさすぎるし
そもそも選択の方向性が
家族の中で「誰を連れて行かないか」決めさせるって
あまりにもネガティブすぎる。

マイナスの方向性で負荷をかけると
負の感情が想起されるのは当たり前だ。

なぜならそれは幸せな選択ではないからだ。


二つ目
「感動ポルノと呼ばれる悪趣味な作り」

見てる人の感動を引き出したいという
ゴールありきでANAが出した設定というか条件、


「魔法のチケットあげます、でもね
あげるのは家族の数より一枚足りない」



子供役にぬか喜びさせて
最後にがっかさせるような卑怯なことをして
演出として
「子供の気持ちを試す」というとんでもないことを
視聴者に見せ、

子供がチケットを返したことに
感動し涙する親を見せてお涙頂戴って話
まさにこれ今年の24時間テレビで
問題になってた
「感動ポルノ」ではないか。

「わざとネガティブな選択を強いて、
それを我慢して乗り越えたこと」


を一種の幸せ理想の家族像劇としてみせ
感動を煽るって悪趣味にもほどがある。


三つ目

「多様性の排除」



最後のオチは
「どの子もチケットを完成させなかった」
という胡散臭い結末。

これもANAが設定したゴール
「家族全員で行くから旅は楽しい」
補強するためのもの。

これね
家族関係マイノリティへの
恐ろしく配慮のないメッセージを
出してることに気がつけないなら
ANAは企業として
致命的に鈍感すぎる。

ANAは国際線を運航する航空会社なので、
グローバル企業としてANAが出す
一つ一つのメッセージは
いろんな意味を持つようになる。

ANAが会社として
どんな思想でやってるのか
こういったwebムービーなんかは
一つの指標となるのだ。

世界中に路線を持ち
多種多様な乗客を乗せるという
業態の性質上
多様性への配慮みたいなものに
どの企業より敏感でないとならない。

これに関してはどこよりも
責任の重さが違うと思ってる。


本来多様性に配慮した上で
現実に即した答えならば

「お父さんは忙しいから置いていく〜」
「お母さんは家族の世話から休ませてあげたいから家で留守番」
「子供達だけで冒険旅行したい」
「友達誘っていい?」
「両親だけで行ってきて」

などいろんな答えがあって当たり前のはずなのに。
各家庭の事情は様々であるというのを
まるっと無視して

「家族みんなで行けないと楽しくない」
の都合のいいゴールだけを目指した結果

「チケットを完成させた子は誰もいませんでした!」

ってドヤ顔されても
こっちはもやもやするだけだって。

この模範解答は一つだけ
みんなで行きたいから
チケットは要りません

っていう子供に感動しろ
ほら泣けっていう台本って
作った人は壊滅的にセンスないんだ
と思ったね。

クリエイティブなセンスではなく
企業が出すメッセージ性の影響力が
どんなもんなのかっていうことを
察知する嗅覚ね。

この「多様性の排除」って
日本のナショナルフラッグであり
グローバル企業のANAって会社が
出すメッセージとしては
非常によろしくない。

んじゃないかって気がつけない
センスのなさね。

これ昭和の時代なら許されましたけど
今年は2016でっせ。
作った奴の考え方がレトロ過ぎ。

ANAみたいな企業こそ
多様性を認めるというメッセージを
一番出さないといけない
立場にあるんじゃないか?

なぜなら
飛行機には本当にいろんな事情を抱えた人が乗るんだから。



幸せな人も、不幸な人も
いろんな人種も、いろんな宗教も
老若男女、LGBT
それを分け隔てなく受け入れますっていうべき
立場の航空会社ですよ。ANAは。

しかし、ANAが企業としてアピールする
旅作のwebムービーが
ポリティカルコレクトネスを
完無視ってのは
あまりに2016年の作品としては
幼稚すぎやしないかと思うの。

もちろん
ポリティカルコレクトネスを声高に叫びすぎた
アメリカが疲弊しきってる現状を見ると
すぐにポリコレを出して話をするのは
どうかとも思うけど、

そこを加味しても
ANAよ、いやさすがにもうちょっと
いろんな家族の多様性に配慮があっても
よかったんじゃないか?
って思うレベルなのよね。

ANAほどのグローバル進出した企業ならなおさら。
国内の企業のどこよりも
家族の形には配慮があってしかるべきなのだから。


「子供達さすがの空想力で
いろんな答えがあって微笑ましかったです。
そんな子供達の夢をANAは応援します。」

ってオチならまだしも

チケットを返しました。
誰もチケットを貰いませんでした。
だって家族全員で行けないと意味がないから!(きりっ)
てオチにするの
最悪だと思うんですわ。

「エーエヌエーのかんがえるさいきょうのこども」
チケットを完成させない思いやりのある子供で

「家族のために旅行にはいかないで
チケットを返す子供っていい子ですよね〜」


ってのはグローバルな企業が出す
メッセージとしては
あまりにお粗末で情けなくないか?


20161011215848b52.png

で、さっきなんで
私がまず最初に
ANAの現場のスタッフにお礼を書いたか。

それは
現場は本当に本当に感心するくらい
「乗客に寄り添ったサービス」が
ちゃんと出来てるからです。

私がANAに本格的に乗り出したのは
2004年にSFCになってからで
まだ12年くらい。それまでは
JGCでもあるんでJALばかり。

もちろんJALとANAだけじゃなく
今日まで、いろんなエアラインを
満遍なく使ってるのは皆様もご存知のところ。

で、いろいろなエアラインを使った結果
ANAのスタッフの乗客へ対する
共感力の高さというのに
すごく感心してるのだ。

ANAの現場スタッフは
乗客と一緒になっていろんな感情を
共有してくれるからいろいろ困ってる時に
不安感が拭われてホッとするのよね。

たとえ問題がその場で解決しなくても、
この「感情の共有」をしてくれただけで
客は救われることも多いのだよ。

現場のANAスタッフはそれができる人が
とても多い。
だからANAが好きなわけだけど。
これってサービスではとても大事だと思う。

もちろんスキルが低くて
ぽかミスが多かったり
結構いろいろやらかしてくれる事も
実際には多い。

だけど決定的に腹立たしいという
事態にならんのは
この現場のスタッフの共感力が
大いに影響してると思う。

で、この共感力こそが
まさに「多様性への配慮」
そのものなんじゃないのかな
って思うのだ。

飛行機にはいろんな思いを持った
背景を持った人が乗ってくる
現場の人はそれを誰よりも間近で見て
そのそれぞれの多様な背景に寄り添おうと
日々努力してる、
ANAを利用するとその共感力に
すくわれる事もとても多い。


落ち込んで飛行機に乗る日
空港で寂しい別れをした後に乗る日
お祝いでいい気分で乗る日

家族の状況だけでなく
みんないろんな気持ちを
日々抱えて乗ってくるのだ。

現場の人間が一番
「模範解答はひとつじゃない」って
知ってるからこその
あの共感力なんだと思う。


私の今回のANA旅作webムービー
魔法のチケットへの腹立たしさは

この
現場で頑張ってるスタッフが
日々積み上げてきた
多様な旅客に対する共感や寄り添う気持ちを
全部台無しにする内容だったからだ。

現場のあの頑張りを知ってたら
あんなクソな感動ポルノ仕立ての
質の悪いもの出せないはずなのよ。

飛行機はそれぞれのお客様の
人生を運んでるということを
くれぐれもANAは企業として忘れないように
していただきたい。
そうじゃないと現場で頑張ってるスタッフが
報われないと思うのであった。













関連記事

航空会社へ言いたい | top▲
ブログ記事:ファーストクラストイレのお手拭きタオルはどこに捨てる?「機内のトイレ正しい使い方教えます」今より10倍快適にする機内ラバトリー使用法。

2016-10-06 Thu 07:00
今日はみなさんに
飛行機のトイレの正しい使い方教えます。

201610060220387f7.jpeg

唐突すぎてなんだなんだ?と思うでしょうが
飛行機のトイレってわかりにくい割に
誰も使い方を教えてくれなくて、
そして聞く相手もいなくて
みなさん自己流に使ってると思うの。
狭すぎて、早くしなくちゃって焦ったり
急に揺れてどうすればいいか怖かったりと

やっぱりちょっとみんなに教えておいたほうがいい
って思うこといっぱい。

あなたも出来る飛行機からの脱出。
「なるべく安全に飛行機から脱出する方法を教えます」
http://kyuinkyuim.blog71.fc2.com/blog-entry-1032.html

で飛行機からなるべく安全に脱出する方法を
このブログ記事で伝授したけど
脱出するのは一生に一回あるかないか、
こんなイレギュラーに遭遇しない人の方が多い。

でもフライト中にトイレにはいくでしょ?
少なくとも12時間以上のフライトだったら
3回はいく。

飛行機のトイレって排泄だけではなく、
歯磨きや化粧直しでいくし
ファーストクラスなら着替えで使う。


ってことで
今日はみなさんに
「飛行機のトイレの正しい使い方」について
特別に伝授することにします。



それでは始まり始まり

まず
飛行機のトイレはラバトリーって呼びます。

みなさんも今日から
エビデンスって言葉を知った途端に
やたらめったら多用した蓮舫のように

そして乗り慣れた自分を演出するために

「ラバトリー行ってくる」
とか早速使ってみてください。

「ラバトリー」を縮めて
「ラバ」っていうと業界ぽさでます。

ちなみに
たとえ公園の公衆便所の前にいた変な人
の話題をする際にも

「今日ラバ前にいた人が〜」
とかいうと
皆さん大好きな「旅慣れ感」の上に
「業界人ぽさ」までが醸し出せますので
オススメ。
なんてオシャレなの。


ところで覚えてますか?

「脱出用シューター」ではなく
「スライド」だということを
(これはまた別の話)


さて、
まずはシチュエーション学習。

「便座シートの紙だけ横壁に残ってしまう現象」

飛行機のラバトリーには
大体便座シートが設置してあります。
あの便座に敷く紙のカバーね。

20161006022108d07.jpeg

これがやっぱり水が足りないせいで
横壁にひっついて剥がれなくなるのよね。
全ては飛行機のラバトリーの構造が
水を使って流してるわけではない
という話に行き着くんだけど。

これ、
どうやって流すとちゃんと流れるか
わかりやすいように
解説画像を撮ってきましたので
参考にしてください。

文章で書いても分かりにくいと思うので。


A380のアッパーデッキ先端のトイレで撮影しました。
(ここ以外のラバトリーでの撮影は狭すぎて引きの図が撮れないので
撮影はA380のアッパーデッキ先端部にあるのが最適なのです。)

20161005174630fce.jpg

便器にひっついた紙を
再現したもの


20161005174628e69.jpg

まず紙コップをとります。
(どのエアラインのトイレにも必ずセットしてあります)


201610051745100d0.jpg

お湯を紙コップに入れます

2016100517462699d.jpg

なるべく淵からコップのお湯を流し込みます。
(手タレはSUZU本人です。)

これを数回繰り返す。


2016100517462581a.jpg

トイレの流すボタンを押す。
これで淵に張り付かず
綺麗に流れます。

要は足りない水を補ってやると
御考え下さい。

これをやる効果は
自分の後に並んでる人に
汚い状況を見せることな無くなります。


さて次のケース。

大変です!
「機内であなたは便意を催しました。」

早速ラバに向かいます。
ここで大事なのは
大をする前に
便器の中にトイレットペーパーを
敷くこと。


なぜならば、
飛行機のトイレって排泄物を
地上のトイレのように水で悠長に流すわけでは
ないのです。
何百人もの乗客のトイレの度に水使ってたら
キリがありません。

トイレのフラッシュを押すと、
少し経ってから
「バシュっ」と音がして
バキュームで吸い込むようになってまして
水は最低限というか
ほぼ流れないんですね。

飛行機に乗ったら
トイレよくみてください。
便器の中に今時の地上のトイレのように
水が溜まってないんです。

普通はこの水たまりみたいなのに
うnちがおちるじゃないですか?

しかし飛行機のトイレって水が溜まってないので
便器の壁に直にうnちがついちゃうんですよ

で、何が起こるか
流れないんですね。
便器の壁にうnちだけとどまっちゃう。

そうなるともう何回トイレの流すボタンを押そうが
流れません。
だって水で流すわけじゃないから。
流れるわけないんですわ。
だって吸い込んでるんだもん。

20161006022032709.jpeg


なので飛行機のラバトリー
そうじゃなくても数が少ないのに
そしてトイレ大混雑のラッシュ時間まであるのに
(食事後、着陸前)
散々並んでやっと順番が回ってきたら
この前の人が
(いやずっと吸い込まれず前の前の人のかも)
便器の壁に張り付いてる場合が
あるのです。

笑い事ではないぞ

このまま自分が歯磨きだけで出ようが
次の人は
「この「うnち」流さなかったのこいつか〜」って
思うかもしれず。

人の「うnち」なのに、自分のと思われるのも癪ですね。

なので便意を催してるなら
必ずトイレットペーパーをまず便器に投入します。
これで「うnち」が便器にくっついて
離れなくなることもありません。
「シュポッ」という音と共に
うnちは無事に流れてくれます。

ちなみに、まだ物体の固形度が高い場合は
飛行機のラバトリーの構造というか
バキューム機能上
吸い込まれる確率が上がるのでいいのですが
粘度が高い、水分が多い(要するに下痢)のケースが
一番悲惨です。

おなかゆるい状態で飛行機のトイレに行く場合には
必ずトイレットペーパーを便器に投入することを
忘れずに。
横の壁に引っ付いた、水溶性の形状のものなどは
流すボタン押しても絶対に流れません。
理由はもう一度言いますが
飛行機のラバトリーは水で流してるわけじゃないから。


それでは次

「必ず便器の蓋を閉める習慣をつけましょう」

いろんなものが吸い込まれると困るので。

いえね
座ったまま吸い込みボタン押して
お尻が吸い込まれて便器にハマってしまった
事例があってですね。

悪いこと言わないので
蓋を閉めてトイレのフラッシュボタン押してくださいね。



先の記述で
「便器の蓋は閉めましょう」って書きました。

201610051745081c1.jpg


これにはもう一つ理由があります。

洗面台で歯磨きだけする時、
化粧だけ直すとかも
必ず便器の蓋は閉めてください。

なぜなら
便器の中にいろんなものを
落っことす人が後を絶ちません。
スマホとかなら大きいので拾えますが
歯磨きしてて歯磨き粉落とした。
とかだと歯磨き粉小さすぎて
穴に入っちゃうんです。

ラバトリーで化粧しようとして
化粧品の蓋落っことしたとか
口紅の蓋落っことしたとか
そういう迷惑なことやらかすのが
本当多い

で、こういう溶けない細かいものを落とすと
どうなるか

最悪トイレ壊れます。
で、飛行機飛んでますんで
すぐに治りません。

トイレが壊れて
緊急着陸になった飛行機も過去にあります。
汚物が溢れて機内は阿鼻叫喚だったそう。
逃げ場がないので大変なことになります。

そういうことがないように
トイレの蓋は常に閉めて作業してください。


詰まるといえば
手洗いシンクの方もすぐ詰まります。


たまにここにゲロ吐いちゃう人がいるんですが
日系は掃除するかもだけど
外資はあっさり
「INOP」にしちゃうんで
洗面ボウルにはゲロ吐かないでね。

他の客がトイレが使用できなくなって困ります。

手洗いシンクの詰まりっぷりは
歯磨き粉使って歯を磨いて
うがいしただけで詰まるレベルなので

痰とか吐く場合
お願いだから
便器でぺっ!ってしてくれと思うのでした。
シンクの方で
痰を吐かないでください
お願いします。

口から吐くものは全部便器へと
覚えておいてください。


「不便なことに顔が洗えない洗面台問題」


20161010232011712.png


飛行機のラバトリーで
いつも不便に思うのは
顔が洗えない仕様であること。

なんか寝て起きてしゃっきりしたい時に
顔洗いたいな〜って思うことあるんだけど
無理です。


これはファーストクラスでもそうだし、
最新の787などのラバトリーでも
同じこと、

いろんな機種で実験しましたが
無理でした。
床までビッチョビチョになります。

2016100602203731f.jpeg





これ何故かを考えたんだけど
物理的に顔を洗う時は
洗面台の奥に頭を持っていけないと
顔洗えないんだけど
要は幅がないのよね。

20161006022107a9b.png



飛行機のラバトリーの洗面台の前は
全て収納スペースだから
頭が前に行かない
洗面ボウルの手前でしか顔が洗えない
ってことは
何もない場所で洗ってることになるから
びしょびしょになるわけです。


そう考えると
飛行機のラバトリーの洗面台は
洗面台ではなく手洗い場なんですね。
ほら最近トイレの個室に手だけ洗える
ちっこい洗面台みたいな
付いてるけど、あれってことですわ。
あそこで顔洗えないでしょ。

これはあきらめてください。
飛行機のラバトリーでは
顔を洗うことは無理です。



どうしても洗いたい人は
エミレーツのA380のファーストクラスに乗れば
シャワーが付いてるので
顔だけではなく、全身洗えますのでね。


顔を洗えないけどスッキリしたい場合は
ファーストクラスだったら
ホットタオルをレンジで作らせましょう。
こういったスペシャルリクエストが叶えられるのは
ファーストクラスのいいところです。
(その分高いお金払ってるからね)

201610060221031eb.jpeg


但し、
日系ならおしぼり標準装備なのでいつでも
もらえますが
外資系だとタオルにお湯かけて
おしぼりもどきを機内で作るので
この辺は頼み方に工夫が要ります。

これを読んでるみなさんは
スペシャルリクエストを日本語以外で伝えるのは
難なくできる語学力はお持ちでしょうから
この辺は割愛します。

そして日系さすがのANAのファーストは
お化粧直ししたいので
ホットタオル作ってと言ったら
「ではアロマをかけないバージョンで
お作りしてきます。」と
ちゃんと配慮してくれました。
(アロマふったおしぼりを顔にあてると刺激で
かゆくなったりするんで)

あ、機内でものを頼むときには
目的をちゃんと言うこと、
この場合は化粧直しのためのホットタオルなのか
手を拭きたいのか
ちゃんと伝えれば自分に都合のいいものが
きます。

水一つ頼むのだって
「喉が渇いて冷たい水が欲しい」のか
「薬を飲むから常温で欲しい」のか
最初に言いましょう。

頼まれる方はエスパーじゃないんで
ちゃんと伝えるという
コミュニケーションコストを
ケチらないことが大事です。

人を使うときの基本。



さて、次。

「ファーストクラスのお手拭きタオルは使い捨て」

20161005174512b37.jpg



いえね、ネット見てたら
乗り慣れない人が
「ファーストクラスのトイレに置いてあるお手拭きタオル、
使用済みを入れる場所がなくて困った」

みたいなこと文句言ってたんだけど。

ファーストのお手拭きタオルは
ゴミ箱に捨ててください。
使い捨てです。
どう見ても立派なタオルじゃないんで
惜しげもなく使っては捨てるのですよ。

201610060221018c2.jpeg


ファーストクラスにはトイレの手拭きを
いちいち回収して洗ってまた使うとかいう
発想はありません。

これ見て
思わず。
「そこか」

一般の乗客がわからないことって
そういうことなのか〜と
ちょっと衝撃的でした。

ちなみに、お金持ちエアラインで有名なエミレーツ
トイレのお手拭きタオルはなんと
デパートの一階のハンカチ売り場に売ってるような
えらい分厚いリッチなものだったんで、
確かに「これ捨てていいんかしら?」と
ラバトリーでしばし逡巡してしまうレベルだが
オイルマネーでざっくざく金がある大富豪の家では
バスタオルも使い捨てているのであろうから
あれも使い捨てなのだと思うことにしました。


そしてもう一つ
「トイレの床が濡れてるのは水じゃないんだよ」
とい言う友人の言葉をここに置いておきたいと思います。

スリッパでトイレ行くのはいいとして
外資系エアラインでよく見かける光景は
靴下のままトイレに行く人たちが
コンスタントに観測できるので
彼らの衛生観念を非常に受け入れ難く
思ってるわけですが。

外資系エアラインは
想像を絶するトイレの汚さであったりします。
なので、私の場合は
自分がトイレを使えるレベルに
まず消毒(掃除)してから
使い始めないといかんのですが
(我慢するとか、他に行くという選択肢が
機内では取れないので自分でなんとかするのが
一番確実)

日系エアラインは
トイレが綺麗とよく言われますが
ANAはなぜかトイレがいつも汚いです。
ANAを良く使う友人たちの間でも
「ANAってトイレ汚い」と
評判です。

ANAのファーストに乗ったら
成田で地上にある際に最初に使った時に
床に落ちてた爪楊枝、
何時になったら拾うかしらと思ってたら
アメリカついてもまだ落ちてました。

トイレに落ちてる爪楊枝も変だけど

ANAはラバ掃除しないのかしら?


同じくANA便ヨーロッパから日本へ帰る便で
ずーっと便器に「うnち」が放置されたまま
最終着陸態勢までほっぽらかされてたことが。

さすがに
うnちついてるから掃除しろ」と
乗務員に言うの嫌で
他のトイレに行ってましたが
最後に着陸前だったのでさすがに
もう掃除しただろって思ったら
なんとまだそのままだったんで
すげーなANAってちょっと感心したんで。

これを読んでるANAの中の人へ
トイレの綺麗さは完全にJALに負けてますよ。

そんなこんなで狭いし使い方よくわからんし
快適度がやたらと低い
飛行機のトイレ、少しの知恵を
みんなが使うことで、
ちょっとでも気分良く使えたらと思って
これ書きました。


そして最後に
安全に関するお話。

「ラバトリー使用中にタービュランスに遭遇したら?」

運が悪いというかまさにキュインな事例ですが
無いとはかぎりません。
特に外資系エアラインに乗る場合
シートベルトサイン点灯タイミングが各社によってバラバラ
なのでトイレのタイミングを図りにくいというのがあるのだ

日系エアライン(JALとANA)ばっかり使ってると
乗客としてもスポイルされちゃってて
安全に関する主導権ってエアライン側が保持してて
くれるもんだからこの辺鈍くなってるんで
気をつけないといかん。

トイレ利用中にタービュランスに巻き込まれることなど
ほぼ無いと言えるんだが
こればっかりは絶対は無いとは言い切れず。

実際私がそのラバ使用してる最中に
タービュランスに巻き込まれたんだけど、
たまたま排泄ではなく歯磨きだった。
歯磨きを開始してもいなかった。
というラッキーが重なり無事でした。

ここまで酷いのを経験したのは
これだけ乗ってて
二度目と言えるレベルのごっついタービュランスで
壁にお尻を打ち付けて打撲するという
軽い怪我はあったんだよね。

  この時のタービュランスは今まで経験した中で
  かなりタフなもの
  A380の先端の部分でこの揺れだから
  後ろは相当だったでしょう。
  ラバトリーを出てキャビンに戻ったら
  配られたペットボトルが床に散乱してたわ。
  シートに置いておいたBOSEのヘッドフォンは
  コードが付いてるのでどこかに行方不明になってなかったけど。
  テーブルの上に置いてあったものは
  全てどっかに飛んでってた。
  


では
具体的にラバトリーでシートベルトできない状態で
タービュランスに巻き込まれたらどうするか

とにかくどこかにつかまる。

2016100602210754c.png

ラバトリーにはこう言った
バーみたいなのが付いてますんで
これにつかまる。

そしてとにかくしゃがむ。

蓋を閉めた便器の上に座るのが一番いいですし
もし用達してる最中なら諦めてそのまま座っててください
立ってるのが一番危ないのです。

座席に座れてない状態で遭遇したタービュランスは
とにかく何かにつかまってしゃがむです。

歯磨きしてる最中なら
歯ブラシはすぐ口から出して放棄してください
転んで喉に歯ブラシが刺さったりしたら大変です。
私は揺れ始めた段階で歯ブラシはゴミ箱に投入します。
手に持ってるのも危ないので


タービュランスって上に持ち上げられて
天井に打ち付けられてて怪我するより
持ち上げられた後の落下時下にあるものにぶつかって
大怪我するんです。
なので持ち上げられないようにとにかくしゃがんで
何かにつかまる。
これしか身を守る方法はありません。

こう考えるとさっき書いた
エミレーツのシャワーは怖いな〜って思うので
私は地上のファーストクラスラウンジの
シャワーでいいかなーと思います。

やっぱり、飛行機って安全とはいうけど
危険と隣り合わせの
一歩間違ったら死ぬかもの中で
綱渡りしてる状態なので。

全裸でシャワー中にタービュランスに
遭遇したらなかなか悲惨だと思うんで。

そんなこんなで
飛行機のラバトリー、正しい使い方
お分かりになりましたでしょうか?

おさらいをします。

:飛行機のトイレはラバトリー
:大をするときはあらかじめ便器の中にトイレットペーパーを敷く。
:紙コップを活用して流れないトイレを流す。
:ラバで歯磨きやお化粧する際は必ず便器の蓋を閉める。
:ラバの洗面台で顔は洗えない。
:ファーストクラスのトイレのお手拭きタオルは使い捨て
:タービュランスに遭ったらしゃがむ


これらは超簡単ですので
今日の搭乗から実践できることばかり。

それでは
頻繁に飛行機に乗る皆様
早速今週の搭乗でお試しいただき
快適なラバトリー使用をしてくださいね。







関連記事

飛行機ファーストクラス、ビジネスクラスの使い方 | top▲
なぜ海外でクレジットカード決済時に通貨選択のトラップに引っかかりそうになるのか、分析してみた。

2016-10-01 Sat 02:00
なぜカード決済時の通貨選択トラップに
つい引っかかりそうになるのか考えてみた。

結論から先に言えっていう
厚かましい人を追っ払うために
書いておきます。


結論

「旅慣れるとは
旅先で起こるリスク想定が
的確にできるようになること」

そんなの結論じゃないとか
前のエントリーの時も
文句言ってたバカがいたけど
私のブログがそんな
カウント数増加狙いのために書く
中身空っぽブログと同じわけないじゃないか。

こちとら伊達に15年もブログやってないんだよ。
書きたいことがあるから
ブログ書いてんの。

細々とでも続けてるのは
書きたいことを書くためだけのブログだからだ。
目的意識が違うんだよ。

前のエントリーをクレジットカードの
ことだと思って読んだ人

試験でよくある
「作者の意図を100字でまとめなさい」
って問題に読解力がなくて
正解できないタイプだわね。

クレジットカードのことなんて書くつもり
こちとら毛頭ないんだよ。
テーマは
「考えないバカに課される罰金」をどうクリアするか
だってば。
わかった?

んで今回も
相変わらず私のブログの
学びのあること。
本当自分でも読んでて
ためになるな〜って感心しちゃうので

書いてあることをよく読むことを心がけてて
考えることが好きな人は続きをどうぞ

それ以外の人は読まなくていいです。
いや、読んでくれるな。
わかる人だけわかって読んで
自分の糧にしてくれればいいので

なので難しいこと面倒臭い
楽しいことだけ読みたい
って人はこっち、
食べ物の話でも読んどけばいいよ。

ファーストクラス/ビジネスクラスの機内食をどう攻略するか。=食べたいものを逃さず食べる方法=


分析をもっと読みたい人は
この下の
続きを読むを
クリックしてください。















なぜ海外でクレジットカード決済時に通貨選択のトラップに引っかかりそうになるのか、分析してみた。の続きを読む
関連記事

飛行機ファーストクラス、ビジネスクラスの使い方 | top▲
海外でのクレジットカード支払いで注意すべきこと。(日本円か現地通貨か聞かれたらどちらを選ぶべきなのか)

2016-09-25 Sun 15:30
今日は
海外でのクレジットカード支払いで注意すべきこと。

具体的には日本円か現地通貨かどっちにする?と聞かれたら
どちらを選ぶべきなのかを検証したいと思う。

====
  9/29追記
   「結論から先に書け」という厚かましい人が多いので
    とても親切な私は結論を書いておきますね。

   書いてあることをよく読まずに
   知った気になりたい人が
   よく言う3行で説明してって方式にしとくわね。

   「考えることの大切さ」
   「書いてあることを読むことの重要性」
   「簡単な計算を面倒がらずにやる暗算能力は大事」

   ざっくり言うとこういうことです。


それでは
書いてあることを良く読んで
よく考えて、
バカに課される罰金を取られないようにね!

===ここから本文===

最近海外でクレジットカード支払い時にVISAカードを出すと
「現地通貨にするか日本円にするか?」
「通貨選べるよ」とやたらとご親切なオファーを
言われることが多くなった。

このオファー受けていいか拒否るか
これ咄嗟に判断するの凄く難しくない?

私には難しかった。

何故ならどっちが損か得か明確な答えを
持ち合わせてなかったから。

なのでじっくり検証したり調べてみたりで
私なりの答えが出たので書いてみる。

まずは私のちょっとしたエピソードから。

ラスベガスの某ブランド店で買い物をした時のことである。
そこそこの値段が張る買い物だったので
ソファに座ってゆったり会計するという方式であった。

AMEXとVISAカードどっちを出すか迷ったのだが
AMEXって為替手数料(換算レート)があまり消費者に有利ではないので
VISAを出したらお店の人が

「日本円建てとドル建てどっちで支払いますか?」

と聞いてきた。
ブルータスお前もかの心境である。

アジアの主要都市、シンガポール、バンコク、香港等では五年前くらいから
この「通貨を選んで決済できる」という方式が時々トラップのごとく
出現していた。

シンガポールや香港のホテルでの決済時、不意打ちのように
通貨選択を迫られてびっくりしたんだけど、

会計の時はどんなに相手を待たせても念入りにチェックするという
ルールを自分に課してるため、

(海外で間違った会計をやらかすと、
後始末で膨大な無駄時間を取られるどころか
結局お金は返ってこない確率が高いという
キュイン経験値に基づく自分ルールです)


得意の暗算でちゃんと算出したところ、
ざっくり計算の割に円の換算レートがありえない手数料で
ドン引きした覚えがありまして、
一見親切を装ったこの「通貨が選択できるよ方式」
良い印象を持っていなかったんだが

たまたまラスベガスでのショッピング
店員さんがとてもいい人で
買うまで散々コミュニケーションとってたので仲良くなってたこともあり

「これ日本円建てで払うとお得ってことあるの?」

って単刀直入に
聞いてみたところ

「そういえばそうですよね〜。考えたこともなかったけど
計算してみますか?」


って言ってくれて

その場でiPhoneの為替計算アプリを立ち上げてみたところ
衝撃の事実が明らかになったのである。

あまりにも常識を超えた率の罠が仕掛けられてたのだ。

その場で確定する円とドルの為替レートは
空港の両替所で現金を変えるよりもひどい
為替手数料が載っていたのである。

わかりやすくするために
その時のドルが1ドル約100円だったとしよう。
計算は108.50円くらいでされていた。
手数料率は8.50%である。

おいおい

普通に現地通貨のまま決済すれば
VISAとマスターの手数料は
1.63%であるからして6.87%余分に支払う必要があった。

この率は店側が自由に設定できるため
これを8.50%ではなく18%とすることも可能
と考えると結構なトラップだと思う

わかりやすく言うとこの為替換算レート
今回の店側が設定したものを受け入れると
3000ドルの買い物の6.87%は約200ドルに相当する

何が辛くて200ドルも本来払う必要のない手数料を
ふとした気の迷いから日本円建てを選んだだけで
余分に取られなきゃなんないの?
というのが正直な気持ちであった。

(考えない読まない計算しないバカに課される
罰金みたいなもんか?)

そしてこれって為替レートの良し悪しに
一喜一憂するのがバカバカしい率なのよね。
どんな為替の乱高下があっても8.50%はさすがに1日で
動くことはない(英国のEU離脱とかは毎日起こらないのでね)
そもそも休みで旅行してる時って
ホリデーシーズン市場が動いてなかたりするからね。

それに私、200ドルをドウデモイイ金額と思うほど
大金持ちではないんで、

(20ドルだって余計な出費は嫌よ)

これは到底納得できない金額であるので
現地通貨払いを選択することになるのであるが、

もちろんこの結果を店員さんに見せたら驚愕しておった。
雇われ店員さんにこの為替手数料の率を決める権限なんかあるわけなく
ブランドとしてその率を設定してるのであろうことは
よくわかったので、恐縮する店員さんをなぐさめつつ
「ドル(現地通貨)で支払うね」
と言ったら
「もちろんです!」とのやりとりがあったのだ。

で、ひょんなことから
金融関係の専門家の友人にこの話を振ったところ
びっくりするようなカラクリが仕掛けられてることがわかった。
持つべきものは専門家の友である。

専門家ってのは知識の量ではなく
どこの何を調べれば正確な答えにたどり着けるか
その場所を知ってることであると
常々思ってるわけですが


彼女曰くどうもカード会社は加盟店に向けて
決済通貨を客に支払い時点で選ばせるサービスを提供すると
加盟店が自由に決めた率で換算レートを決めていいと
勧誘をかけているらしいのである。

要は客をカモにして為替手数料を儲けようぜ!と
持ちかけていたのである。

ありえないパーセンテージの設定も納得である。

自分が加盟店ならどこまでいけるか為替手数料の設定の
限界に挑戦したくなるトラップだと思ったのはナイショ。


そしてこの
「カードの支払い時、決済通貨をその場で選択させ、
現地通貨を選ばなかった場合は、加盟店が決めた為替レートで
チャージしますよ」
方式

まるで罠のごとく
はっきり言っていつ出現するのか
このイベントがいつ発生するのか
ほぼフェイント的だったのだ。

びっくりしたのはスリランカのコロンボのお土産屋で
カードで払った時にこのトラップがあって
そもそもこういうところでは店員がサインする前に
どっちにする?て聞かないのよね。

通貨の選択肢があることを言わないのだよ。
(店員がシステムを理解してない場合も多い)

店員はこういう場合黙ってペンと紙を差し出すんで
なんとなくサインしちゃうとまんまと罠にかかるんですよ。
店を出て、何の気なしにレシート再確認したら日本円にされてて
ギャーーーーっと半ば発狂しながら店に戻って
現地通貨にかえさせたのはいい思い出です。
(良くない思い出か)

そしてまたバンコクのレストランでは
日本円にされてたので直せと言ったらすっとぼけられて
「大丈夫大丈夫なおしとくから」みたいな
こいつら確信犯ですわ。

もちろんきっちり日本円で請求されてました。

これがその証拠画像
20160926225234792.jpeg

JPY1となってるのが
現地通貨を選ばなかった時の
カード明細書の表記方法です。
これがバンコクで店員に騙された時の
明細書でございますの。
(むかつく〜。)

額が大きくなかったので勉強代だと思って泣き寝入りですが
やはり現地では気をつけねばと思った次第。


そんな数年間を跨いで体感でいうと
ここのところ8割くらいの確率で出現するようになってきた。
この通貨選択トラップ。
カード会社の勧誘が功を奏して?
通貨を選択可能な端末が浸透し始めたのであろう。

そして一つ新しいことに気がついた。

AMEXで決算すると、このトラップが発動しないのである。

ほほう。

どうもVISAカードを出すとトラップが発動するようなのだ。

で、ロンドンで実験してみました。
同じ店に2日連続で通い
1日目はVISAを出し
2日目はAMEXを出しました。

最初に立てた仮説は正しく
同じ端末に通してもAMEXでは現地通貨建ての
レシートしか出てこなかったのである。


なるほど
AMEXを使えばこのトラップないんだな。
ということがわかり
そのあとはなるべくAMEXを出して
決済したのでした。


そんなあなたにアメリカンエクスプレスゴールドカード
私の紹介で今なら入会ポイントがキュイン倍になります。




って


入会を勧誘したら
この記事今流行りっぽくて
面白かったんだったんだけどな。
そうじゃないんだな。

(AMEX入りたい人は自分で加入ページでも
なんでも検索して入ってください
って思ったけど、私とても親切なので
今なら年会費無料のうえ40000ポイント
くれる申し込みページ
貼っとくわ。)

実は私、AMEXはプロパーに入会して30年にもなるんですが
はっきり言ってなんかメリット感じたことなかったの。
ただダラダラと会費を払い続けてきてるだけという。
ほぼ腐れ縁のカードでしたが

でも今回トラップがないだけマシかもとちょっと見直したわ。


今回のオチは別にアメックス最高ウェーイとかいう話ではない。



海外で支払うときにVISAカードを出すと
現地通貨か日本円建てか選べって罠が仕掛けられてるって話です。

書いてあることをよく読まないで
雑にサインだけとかすると
搾取されちゃうよって
自分への戒めの話でもあります。

旅の最中って疲れてくると
集中力かけるから
確認がおろそかになって
尻拭いというか後始末にえらい時間かかる
キュインに遭遇することが多々あるんで。


ここまで書いても
そんなシステムない。
遭ったことないって信じない人もいるようなので


カード会社が公式に認めると白状してる
このページ貼っておくよ。

201609251500588a6.jpeg

これカード会社が自ら

「日本円を選択した場合、
加盟店が決定した為替レートで日本円に換算されるから
割高になることがあるんで注意しろ」


って警告を書いてるのがなかなか味わい深いですな。


そんなこんなで
海外での支払い時は本当にいろんなトラップが
仕掛けられてるので、油断も隙もないっていうか
改めて褌を締め直して臨まねばと思った次第。

これだけ書いてても
自分で毎回このトラップに引っかかりそうになるんで
もうね、VISAとマスターカードには

「現地通貨の決済のみ許可する」

って
ポストイットで貼って
エラーチェーンを最初から切っておくという
荒技に出ることにしますわ。

ほんと、旅の後半疲れてると注意力散漫になるんだよ。
普段気をつけようと思ってできてることもできなくなるし
後ろで人が待ってるとか思うと無駄に焦るとかもよくないし
店員さんが何言ってるか聞き取れないで余計焦ったりと

普段の実力が発揮できないシチュエーションも多いので
カードにポストイット貼って自分の注意を喚起するのは
大事なことだと思った。

そしてしみじみ今回の
この記事を書いてて思ったのは
「書いてあることをよく読む」大切さと
「ちょっとした計算ができること」の重要性。

どっちもつい面倒がってやらない方向に
やらないで済ませてなんとかなっちゃうみたいな
方向に行きがちだけど
それってバカから搾取するシステムに
しれっとのっけられることだから
気をつけねばって思ったよ。

やっぱり旅って人生の縮図だな。
自分の弱点とか克服せずに進むとどうなるか
短期ですぐに答えが出る。

言ってみれば
人生の模試みたいだなって思った。

楽しく旅をしたいからこそ
色々考えるのは大事だなって思ったり。




追記書きました。
この下の続きを読むからどうぞ







海外でのクレジットカード支払いで注意すべきこと。(日本円か現地通貨か聞かれたらどちらを選ぶべきなのか)の続きを読む
関連記事

飛行機ファーストクラス、ビジネスクラスの使い方 | top▲
JALの新しいビジネスクラス座椅子「スカイスイートIII(スリー)SS2」に駄目出しをするブログ

2016-04-07 Thu 19:00
「人は信じたいように信じる」と
ネットでもよく言われています。
さて
今日はJALの発表を信じたいように信じてる人に
頭から氷水をぶっかける記事です。
アイスバケツチャレンジではないので
ぶっかけられたからといって
JALに寄付(航空券購入)とか
しないでね。

2016040717113154c.jpeg


まさに
「JALのスカイスイートに新ソロシートキター!」
という一部の方々のお祝いムードに水を差す
という感じですので
JALファンの方は覚悟して聞いてください。

(Mっ気がないとJALファンなんか
やってらんないと思うので、
これを聞いて悶える悪趣味な人も
たくさん居そうですが)



2016年7月よりJALが新しく入れる
ビジネスクラスの座席 SS2
スカイスイートIII(スリー)のシートの
ダメさ具合をあまりに衝撃的な体験
だったので書き留めておきたい。


JALの羽田〜バンコク線って
いまは羽田からの深夜便と昼便が
2便とも777-200で
この機材のビジネスクラスって
くっそ古い旧型シェルフラットで運行してるのだ。

それが2016夏から順次
新しいスカイスイートSS2機材になると
発表になりました。

JALスカイスイートIII(スリー)
http://press.jal.co.jp/ja/release/201603/003708.html
JALのプレスリリースURL


いちをこれから話をする前提で
JALのシップの布陣を説明しておきます。
頭の隅に以下の説明を記憶しておいてください。

スカイスイート SS7
長距離路線用(NYC,LHR,などの長大路線)
機材 777-300ER

スカイスイート SS9
長距離路線用(ファーストなしの欧米路線)
機材 787-9

上記の2機種はフラッグシップでもあるので
スカイスイートという自慢のソロシートが入ってる

そして767はひどいビジ席
(お仕置きシートと一部界隈では
呼ばれていましたね)から心を入れ替え
小さいながらも767用のソロシートを
かなり頑張っていれました。
それが
スカイスイート SS6
中距離用(マレーシア、ベトナム、ホノルル)
機材 767
(とはいえまだ残ってるスカイワイダー)

で、787-8には旧型のシェルを改良した
シェルフラットネオ
中距離、長距離(サンディエゴ 関空からのロサンゼルス
名古屋からバンコク、成田からバンコク)
機材 787-8

そして残されたのは
ボロボロの旧型シェルが載ってる777-200

旧型シェルフラット
中距離(シンガポール、ホノルル、バンコク)
機材 777-200



で、この中距離用の777-200、いまJALは11機持ってて
これをさすがにもう10年以上ボロシェルはまずいとおもったのか
順次改修すると発表したのが3月下旬。
(さっきのプレスリリース参照)
これに連動して六本木で
JALスカイスイートIII(中距離用ソロシート)SS2の
お披露目会やってたので
たまたま乗る予定があるので
航空券ポチる前に念のため確認しに行きってきた。

(いやー。念のため確認が未来の自分を救う事になるので
みなさん、悪い事は言わない
とにかく面倒がらずに念のため確認の習慣をつけましょう。)


これ展示されてるシートに実際に座れるイベントで
実物を設置してあったのは
この中距離用777-200に装着されるスカイスイートIII( SS2 )だけでなく
長距離用ソロシートと、767に載ってるソロの3種類。


それでですね。
実際に見て触って座って見てきた感想をいまから書きます。
わざわざ書くのは、すっごく面白かったから。
面白いって言い方はおかしい
突っ込みどころが満載すぎたからだ。


いきなり結論から書くと。

「これはひどい!」
「この機材になったら外れだと思う」


おまけ
「上から土をかけられるのかとおもって怖かった」(by連れ)

理由
中距離用とはいえ6〜7時間もの間、洞窟というか、
MRIというか、棺桶?に入りっぱなしは
さすがに嫌だから。


何言ってんのかわかんないと思うので、
これから丁寧にポイントを解説する。

JALのHPの画像 
2016040717113154c.jpeg

だけ見ると
キャセイのロングホールフライトで使ってる
ソロシートのシーラスかと思ったが
似てるのは形だけ。残念でした。

おなじみキャセイの長距離用シーラス
20160407171949ada.jpeg

JALの方は体感的にキャセイシーラスを
3割くらい小型化した感じで
超狭い!

なんでも前に詰め詰めにした努力が実り?
従来より多くの席を設置出来たのが
自慢らしいのだが、
それ客は嬉しくないです。
正直迷惑です。


「前に限界まで詰めた」は
何を意味しているのかというと
参考までにこの図を見ていただきたい。
お絵描きしましたよ。

20160407172406c48.jpeg


本来他社のソロシートでは
足先しか前のシートの下に入らないのね。
これが通常のスタンダードなソロシートの主流。

なのに図を見ていただければ
一目瞭然ですが
JALの場合ベッドポジションにすると
下半身が腰(身長によっては足の付け根)のあたりまで
前の座席の下にぽっかり空いた
狭い洞窟の中に入れられちゃうという
完全にMRIか棺桶状態。

それでは狭い棺桶の画像をどうぞ。
参照画像4


怖いよ。
身動きとれないよ。
棺桶だから上から土掛けられちゃいそうだよ。

そしてこの洞窟の幅が超狭い事。
これ横向きにもなれないし
膝を立てて寝る癖のある人は
悲しいことになるわね。

飛行機乗ってる時って
どうもうまく寝転んでられないので
無意識にけっこう片側の膝を立てたりして
バランスとってるのよ
この高さだと膝は立てられません。
まっすぐ伸ばして死体のように寝ないといかん。
まさに棺桶です。


さらに意味不明なのが
足元クロスのフルフラットって説明。
このからくりは
中央の二席は進行方向向かって左側(Lサイド)が下段、
右側(Rサイド)が上段という、
下半身クロス(足だけ)二段ベッド方式
ってことなのだ。

ちょっと何を言ってるのかよく分からないと思うので
(わたくしも見るまで意味不明だった)
参考になる絵を貼っておく。
絵心ないんだけど、
みんなにこの感動を伝えたくて
一生懸命書きました。

参照画像2

わかりやすくするため
透明化した状態でイメージ図を書きました。

図を見てもわかるように

下半身を洞窟型棺桶に入れてクロスさせるためには
中央の2席が同じ高さでベッドにしては干渉しちゃうので
中央の2席L(左)側はフルフラットにすると
限りなく地面ちかくまで下がって
R(右)側だと限界まで上にあがって、
足元クロスのために2段ベッド状態に。

リラックスポジションでも座面がどんどん下がるので
L側は座椅子か?状態に。
座椅子ってのは嘘じゃないんだよ。
20160404141310170.jpeg

本当に中央ツインのL側は座椅子なのだ。

そして恐ろしい事言いますね。
中央2席のL側(ローポジションになる方)を
ベッドにして寝たら
人々が床を歩く振動がモロに響くよ。

床までの高さは図参照
20160407175553335.jpeg


JALに乗るといつも気になるのが
乗務員がドシドシと床を響かせて
歩き回る事。
今だってフルフラットで寝てると
かなり響くのに、
この座椅子を伸ばして床に寝せてくれる
クールジャパンな座椅子シート(下段)は
頭に音が響きそうよね。

って友人に言ったら
「CAのおねいさんのスカートの中見えちゃうんじゃない」
と返されたので

その発想はなかったよ。
おっさんか!とおもいました。
(密かな人気シートになるかもね)


例えて言うなら
いままで貼った絵や画像でわかる通り
中央ツインシートのフルフラットは
限りなく地面に布団敷いて寝る感じ。
そして、
もう片方はロフト式のベッドに寝る感じ。

気をつけるべきポイントは
足元だけが前の座席の下に入るんではなく、
下半身は足の付け根〜腰くらいまで
深く前の座席の下の空洞に挿入されてしまう。
まさにすごく狭いMRIか棺桶だよこれ。

この棺桶座椅子シート
ウェブサイトの発表段階では
実は書いてある事を読んでも
ピンとこなかったのである。

777-200に「1ー2ー1のソロフルフラットが入る〜〜」
って色めき立って予約入れようと
運行開始日をリロードしまくって調べたのである。
(ざっくり7月からと書いてるが
いつの何便とは書いてないので手作業で突き止めた)が、
ぬか喜びでした。
というか、これポチらなくてよかった。
これじゃあこの便避ける為に
一生懸命調べたんだな〜としか
今になっては思えない。

シップチェンジでスカイスイートIII(SS2)が来たら
本気で
「降りまーす」
っていうレベルの閉塞感と圧迫感である。

日本人が作ると何でもコンパクトになっちゃう
といういい例なのか知らんが。
ここであの有名な番組 匠の技の名台詞
「なんという事でしょう」(嘆きの方)
と言いながら脳内に
《劇的ビフォーアフター》のテーマソングが流れる
のでした。


さて次の画像をご覧ください
座椅子シートがどうなってるか
具体的に解説します。

20160407175553335.jpeg

さっき出した図ですが今度は
床までの高さの方ではなく
お尻の位置(座面)がどこなのかに注目

お尻の位置=座面がここって
なんか色々すごいと思うのよ。
ボタン押してベッドポジションにすると、
座面がググーッと前に出て行って
洞窟の入り口に着岸みたいになるのだ。

参照画像4



そしてもう一つ参考画像
JALの777-200に入るスカイスイートⅢ
(SS2)にフットレストが存在しない
座椅子である証拠画像を貼る。

20160407180520e1b.jpeg

これ席を倒す際のコントローラーパネル。
左がスカイスイートIII(SS2)
右がスカイスイート777(SS7)

両方をみてわかる通り
ベッドまでにはしない
リラックスポジションにした場合
通常ひざ下からあがってくるはずの
フットレストがないもんだから
座席を倒すと全体が倒れるんじゃなくて
まず座面(お尻)がまえに
ぐぐーっと出るのです。

で、フットレストないよねどうする?
ってなると、
穴倉の入り口に足を引っ掛けると
ほらフットレストだよ
ってすごいアイデア!って

「なんという事でしょう!」

(脳内で「大改造ビフォーアフター」の
あの音楽を流しながらどうぞ)

201604071820155c5.jpeg

それアイデアなのか?

そして困るのは
フットレストが存在しない分
座面が限りなく前に出てしまうので
座席をちょいと倒した状態で席を立つ場合
(トイレなど)
体を随分ひねらないと出られないので、
無精して出ようとすると腰を痛める感じ。

面倒でも離着陸ポジションまで椅子を戻さないと、
席の出入りは厳しいというかなり
難易度の高いシート。
なのである。


さて最後に。
どこかで
「批判や突っ込みをするのって簡単」
みたいなことを抜かしておった奴がいたが

簡単じゃありませんでしたよ。
まず経験値がないと
このシートに適切な駄目出しできません。
リアルで乗ってなきゃどこが悪いか
何が問題になりそうか
指摘できんでしょ。

色んなシートを実際に使って乗って
日々こうなったらいいなとか
実感として持ってないと

簡単じゃありませんわ。
このツッコミはすっごいお金のかかった
駄目出しなのである。

その上お絵描きまでしたし。
(絵苦手なのに)


でも
他社知らなかったら
「すごくいいシート」
JALもやっと心を入れ替えたのかと
錯覚すると思う。

まさかシーラスを小さくしたとは
思いもしないからな。

会場では
みんな嬉しそうにしてましたよ。
こんなイベントに真剣に
「乗る価値あるのかこのシート」
な視点でやってくるのは
シートヲタなのは私くらいでしょうし。

それにしても
知らない事は幸せです。
実際この発表があって数日間
実物を触るまでは
私も幸せでした。
あの日に帰りたい(違)

夏はこれに乗ってどっかいこうっと
って本気で思って検索してたからね。

ってこれを説明したら
「怖いもの見たさで乗ってみたくなった」
という人がちらほら出てきまして

やっぱりJALファンってすごい。
と思ったのでした。

私はそうじゃなくても
ファーストクラスしか乗れない体

実際なんと今年になってファーストクラスにしか
乗ってないヘタレなので
この劇狭、狭小シートは
遠慮したいとおもいます。

閉所苦手な人はお気をつけあそばせ。

多分今年のキュインを予測するとしたら
シップチェンジでこの機材が来てしまい…
(誰ですか笑ってるの)




関連記事

飛行機ファーストクラス、ビジネスクラスの使い方 | top▲
JAL 新ビジネスクラスのスカイスイートIII(SS2)はなんと座椅子だった!

2016-04-04 Mon 14:30



更新が滞ると無料ブログってお仕置きのように
広告が入ってうざいのでなんか面白い画像でもあげて
お茶を濁したいな〜って思ってたら
すごく面白い画像が撮れたんだけど、
タイミング的にエイプリルフールにアップしたら
ただの冗談だと思われるので
気を使って今日になりました。

これは嘘ではなくリアルです
信じられないけど現実です。

もう一度よくみてくださいませ。

20160404141310170.jpeg

これがJALが 自信を持って 世に出した座椅子シート。

フットレストは何処へ。

いくら経費削減で皆様の税金で助けていただいたからって
ビジネスクラスのフットレストを削減してしまうなんて
発想が超あたらしいわ。


さすが、過去のお客様アンケートで

「サービス遅いのでもっと早くしてくれなきゃ
映画とか見たいのに見られない」

ってクレームを
何故か都合よく脳内変換しちゃって

「お客様の声に応えて
最初のドリンクサービスを
廃止しました!」


って大声でアナウンスする鈍感さを
未だ潰れた後にも存分に発揮するとは。
なかなかすごいわね。

そして10年以上大事に使ってる
旧型シェルフラット(斜めずり落ち)が
斜めすぎてもっとフットレスト上がればいいのに
ってお客様の声に応えた結果

「フットレストをなくして
座椅子型にしてみました」


ってことなのでしょう。

地べたに座ればそりゃフットレストいらないわね
座椅子サイコ〜かどうか知らんが、
すごいよJAL。
なかなかできないよその発想。

シェルフラットゲロだの
地獄ジェットだの
お仕置きシートだの

みんなにdisられまくった経験が生かされてるね!

というわけで
この最低最悪の座椅子シートは
今年、2016年の7月より777-200ER型機に
装着されるそうです。

まあね、JALファンは昔からMっ気がないと
やってらんないって
有名だったので

座椅子に座ったままMRI棺桶に入れられて
身動き取れないところに
うえから土をかけられるという
生き埋めバーチャル体験とかを
きっと提供してくれるであろうこと
大いに期待したいです。

何言ってんのかわかんないと思うので
後日気が向いたらこの座椅子シートの解説を
このブログに載せるかも。
多分超辛口よ。



早速スカイスイート3(SS2)について
解説を書きました。⇩⇩
====
JALの新しいビジネスクラス座椅子「スカイスイートIII(スリー)SS2」に駄目出しをするブログ
====

関連記事

飛行機ファーストクラス、ビジネスクラスの使い方 | top▲
飛行機のファーストクラスやビジネスクラス搭乗にドレスコードはあるのか?

2016-02-08 Mon 15:00
今日は旧暦のお正月ですね。
あけましておめでとうございます。


ブランド店や星付き高級レストランに出入りする際に
何かと話題になるドレスコード。

飛行機のファーストクラスやビジネスクラスに
ドレスコードがあるのか否か
という話が先週ツイッターで話題になっていた。

20160208141748d87.jpeg
飛行機に乗るときに
それもファーストクラスやビジネスクラスに
ふさわしい服装があるかどうか
これ今更聞けないよね〜、
かといって知ったかぶりをするのも格好悪い。


ファーストクラスやビジネスクラスに乗るのに
ドレスコードはあるのか?




結論から言うと、
ビジネスクラスやファーストクラスに
適した服装はあります。

ドレスコードが発生するのは
厳密に言えば
機内(航行中)の服装ではなく
搭乗時や降機の際の服装です。

最低限スマートカジュアルくらいで乗っていただきたい。

難しいことはない。
タキシードやドレス着てこいとかじゃないよ。
着たいならご自由にですがスーツで乗れとは言いません。
でも小綺麗な服装で乗ったほうがいいです。

小綺麗とは漠然としすぎているので
底辺ボーダーラインとして、
具体的には男性なら最低限
襟付きのシャツとチノパン、
ジャケットがあれば尚良し。

女性も同じくシャツにパンツ
ジャケットがあれば素敵。
(ワンピースなどは諸般の事情
お勧めしません)

靴も裸足にサンダル等のあまりにカジュアルすぎる靴はやめておく
その程度です。

別にビビることのほどでもないでしょ。

どうせ乗ってしまえば
ファーストクラスにはパジャマあるし、
ビジネスクラスでもカーディガンとか貸してくれるし。
ソロシートでフルフラット化した2016年
航行中にはどんな格好してたって裸でない限り
特になんの問題も無い。
機内では楽な服装で過ごした方が快適です。

肝心なのは
「乗り込む時、降りる時に
まともな服装をしておきましょう」

という事なのだ。


好ましくない服装は飛行機に乗る前から
ズルズルとした寝巻き?かとおもうようなだらしない
マキシワンピやパジャマとどこが違うの?っていう
ジャージやスウェット上下。あとは
毛むくじゃらの足を丸出しの
短パンに裸足サンダル等。

周りの人が見て「え?」っておもうような
だらしないとか、
みすぼらしい格好をしてることです。

ここまで汚らしいとかだらしない、
またはみすぼらしい服装でいっちゃうと
飛行機には乗れてもいろいろな関門
(チェックインカウンターの関所とか)
で引っかかるし、
プライオリティーレーン止められるとか
不愉快な事が待ち受けてるし、

実害としてはドレスコードを設けているラウンジからは
つまみ出されるかもね
(エアラインの中にはラウンジにはキッチリ
ドレスコードを決めてるとこもあるので)

 空港ラウンジで半ズボンはダメ、豪カンタスが新規定
 http://www.cnn.co.jp/business/35060505.html
 @cnn_co_jp



実は
ラウンジ以外はドレスコードって明文化されてないし、
ちゃんとチケットを持っていれば
飛行機から引き摺り降ろされることも無いが
暗黙のドレスコードはちゃんとあるのだよ。

あなたが誰もが顔を知ってる有名人
もしくはVIPで無いのなら
なるべくきちんとした服装で乗りましょうね。

だってさ、
いくらあなたが社会的地位の高い職業についても
年収が7000万円あろうとも
資産が5億円あったとしても
アストンマーチン持ってても
まさかその自分のスペック書いた紙を
おでこに貼っておくわけではないんで

服装でしかあなたがその場にふさわしい客かどうかを
見極める材料がないんだから、
そこは素直にパリッとした格好をしてりゃいいのである。


ひとつ興味深い傾向として、
乗り慣れてる人ほどある程度見栄えのする服装で飛行機に乗り、
たまーにしか乗らない人ほど、
舞い上がるのかなんなのか
「飛行機ではリラックスした楽な格好で乗らねばならぬ」
という強迫観念に駆られてるのか
何をどの方向に間違ったのか
それほぼパジャマじゃね?みたいなスウェット上下
で乗っちゃったりするんだよね。

せめて山手線に乗れる程度の服装で乗りましょう。

「飛行機に乗り慣れた、旅の達人の私」演出に
欠かせないアイテムであると何故か勘違いされてる
スウェット上下に関しては、
いくらジューシークチュールでお値段十万円って言われても、
値段じゃないからね。
値段がたとえ千円であってもジャケットはジャケット
十万円でもパジャマはパジャマなのだよ。
スウェット上下に十万円の値札貼っとくのか?
って話でしょ、これ
恥ずかしいですね。



いま一度きちんとした服装をするメリットを
よく考えてみてほしい。

服装で周りの印象をコントロールできるなんて
こんな簡単なチャンスを逃すなんて勿体なさすぎるでしょ。

服装をほんのちょっとだけキチっとしてるだけで
丁寧に扱ってもらえ、親切にしてもらえる確率があがるのなら
一般庶民はそれを使わない手は無いのだ。

特に海外に出たら誰もあなたの地位や業績や
肩書きや、年収やいままでの輝かしい経歴なんか知りやしません。

あなたがどんなに素晴らしい人かを判断する材料は
外見(服装や持ち物)しかないことになる。

そうすると何が起こるか。

どうでもいい格好で臨めば
どうでもよく扱われる。

シビアな結果が待ってます。

外見(服や持ち物)以外に判断材料がない場合
自分を大事に扱えと言うサインは
結局身なりや清潔感でしか出せないのだよ。


ここで、無知で愚かなひとは必ずこう言いますね。

「そんなの接客のプロじゃない」
「人を服装で判断するなんてけしからん」


そんな建前なんか糞食らえだ。

そもそもそれ接客するスタッフに期待かけすぎでしょ。

自分が服すらちゃんとできないことを棚に上げて
スタッフにだけ期待がでかいってどういうこと?
生意気なこと言うでない。

だいたい自分がだらしなくてきちっとしてないのに
きちっとしたサービスを受けられるハズと考えるのか
そっちのほうが不思議ですね。
厚かましいにもほどがある。

サービスするほうだって普通の人間。
「小汚ない」とか「だらしない」客よりも
小綺麗で清潔感のある人がいたら
ちゃんとしてる人のほうに心配りの比率は傾きます。

サービスする側の人間は使われてる立場とはいえ
自分に敬意をはらってくれてる人のほうを
大事にしてしまうのもの。

いい悪いではなくもう無意識下の何かだから
そこには結果しか無いのだよ。

どうでもいい格好でやってくるということは
どうでもいい場所だとおもってるってことを
全身でサインとして発してるってこと。

そんな風におもってるようなどうでもいい人に、
力一杯良いサービスできるような優秀なスタッフの比率って
残念だけどそんなに多くないんだよね。
(誰でも分け隔てなく全力でサービスするなんて
優秀な人材はひとところに止まってませんし、
もっと別の場所にステップアップして
現場にいなかったりします。)

万遍なく分け隔てなく素晴らしいサービスできるほど
従業員は余裕も無いし、そこまで優秀な人材ばかりが
揃ってるわけがありません。


つべこべ言わずに、あなたが有名でもなんでも無い一般人なら
小綺麗で清潔感のある、ちゃんとした服装でファーストクラスや
ビジネスクラスには乗りましょう。

ナメくさった格好でも丁寧なサービスしてもらえるのは
自分の地位や年収を表記した紙を
首からぶら下げておかなくてもいいくらい世界的な富豪か
万人に顔を知られてる有名人とかセレブとかです。
(残念ながら彼らは自家用ジェットを持ってるんで
一般的なエアラインなんかには乗ってきませんがね)

服装以外でどんな人なのか判断のしようがない一般人は
なるべくパリッと清潔な格好で乗るのが得だと思うのよね。

ドレスコードなんてもんは
周りの人のためにあるものなのだから。
どんな服を着てたっていいんだっていうレベルに
到達するには
周りの人があなたを見ただけで幸せ〜やった〜
会えて嬉しい、一緒に写真撮って
サインください、握手して〜
みたいなレベルで人気者でないと難しいでしょうね。


それにしてもいつも思うのは
皆さんなんだか知らんがやたらと
「汚らしい格好をしていても、
高級店とかでちゃんと扱われちゃう俺様」

っていうエピソードのこと、
「一杯のかけそば」レベルに好きだよね。

田舎もんが特にこういう話が好きなのよねえって
ちょっと感心してる。
それって何かに許された感じがするのかしら?

都会に許された的な?
都会に受け入れてもらえた的な?


田舎もんって面倒臭いわね。

外見で判断されなかった俺様すげえええ自慢かなんか知らんけど
ずいぶん野暮だよね。って思ってしまう。

小学生のガキじゃあるまいし、
TPOくらいはわかるようになりましょうね。

あとなんか
「雑にするほど慣れてる風」教を信仰してる人たち。

服装がグダグダであればあるほど、
それでも無下にされない俺様って
「まるで常連臭」を醸し出せる
とか思ってるのかもしれんが
そこに漂うのは常連臭ではなく残念臭ですんで
勘違いしないように。

接客する方も人間なんで
バックヤードとかで
「汚い格好の常連気取りな勘違い野郎がきてさー
むちゃくちゃうざいんだよね、
わざと丁寧に扱ってやったら舞い上がっちゃってさ〜
いろいろ買わせちゃったよ、チョロいチョロい」

ぐらいはツイッターに書き込まれないまでも
悪口くらいはきっと言われてるかもね。
(あくまで想像です)




あと

「最初はわざと汚い格好で行って従業員を騙して試し、
そこで邪険に扱われたら
翌日きちんとした格好でいって仇を取る」

こういう話も皆さん「すっとしたーっ」
って感じで大好きよね。
自分何もされてないのに、
仇討ったくらいな爽快感?
あれは何ですかね?

まんが日本むかし話の見すぎ?
鶴の恩返しの「仇返し」バージョンか何かなのかい?

このような性格悪い事は誰も幸せになれんのでやめましょうね。

中身が外見に現れるっていうけど
こうやって意地悪く試す奴って
中身も相当ダメそうなんだが。

そもそもこういう奴は客ですらないと思うので
ほっといていいと思うけど、
自分が礼節にかけてることは棚に上げて
武勇伝みたいに言うからなー。
勘違い甚だしいよね。


あともう一つおまけに言っておきたいとても大事なこと。

いい悪いではなく現実だから知っておく必要があるんで
書いておく。

残念ながら海外ではアジア人バイアスも無いとは言えないんで
白人が許されてる服装や格好だからといって
同じ格好でいたら扱いが悪くなるとかは
平気で起こりうるのが世界の厳しさでもあるんです。

そこは日本人は名誉白人ではなくアジア人であることを自覚して
ドレスコードで言われてる2ランクアップくらいで
きちっとしといて損することは無いという
その辺のまだまだ厳しい現実も知っといたほうが
世界の中では生きやすいのである。



さてなんでこんな飛行機に乗る際のドレスコードを書こうかと
思ったかというと。
ことの発端は「たのっちさん」のブログである。

人生初のビジネスクラス搭乗記なので、
フィンエアーの人にマナーと楽しみ方を聞いてきた
【ドレスコードあり】
http://tano.blog.jp/20160204/finnair_Business


なんでも招待された旅行でフィンエアに乗る際に
エアライン広報の方から
「ある程度スマートな格好でお乗りくだされ」と
言われたとかなんとか。

自分のブログでも今から7年も前(2009年)に書いた
ジャージで飛行機に乗るようなだらしない人間にはなりたくないなあ。

って記事が未だに検索上位に食い込んでくることからも
わかる通り、

飛行機に何を着て乗るべきなのかってのは
普段飛行機に乗らない人々の永遠の疑問なのかもしれない。


最後に。
サービスする側はどう思ってるのか

例えば乗務員はフライトの度に沢山のジャケットを預かります。

これを日々ビジネスやファーストの搭乗者の数だけ
何度もなんどもしてると
触っただけでどんな服なのかわかるようになりますの。
手触りだけで価値が想像できるというか。
シンプルに言うと
やっぱりいいものは軽いなー。
やわらかいなーみたいなね。

で、そういう素敵な服を着てるひとには
がっかりされないようにちゃんとサービスしなきゃって
身が引き締まる思いを抱いてました。

これが多分どんな服を着て乗るべきなのかの
一つの答えだと思います。

サービスをするのは人である。
って事は忘れてはいけないとおもうのよね。
接客してくれるスタッフからいいサービスを引き出すのも
あなた次第ということです。

わかるひとだけわかって
気がついたひとだけ気がついて
是非いいサービスを受けてほしいなとおもうのであった。



さてここまで書いたらみなさんきっと
興味を持つに違いない
私がどんな服で乗ってるか?ってこと。
これだけ偉そうに言ってるんだから
ロングドレスかなんか着て乗ってんの?とか
思われてるかもしれず。

なので念のため言っておきます。

それは決まってるじゃないか、

緊急時に脱出スライドを安全に滑り降りれて
走って逃げられる格好だよ!













ファーストクラスや
ビジネスクラスでの
服装の難問が片付いたら
こっちをどうぞ。

ファーストクラスの機内食で
食べたいものを逃さず食べる方法も
ブログ記事にしました。





食べたら出るので
ファーストクラスのお手洗いの話





ファーストクラスのサービスに関しては
こちらをどうぞ




ビジネスクラスのサービスに関することは




これらを参考にして楽しい
ファーストクラス搭乗(ビジネスクラス搭乗も)を
満喫してね。
飛行機のファーストクラスやビジネスクラス搭乗にドレスコードはあるのか?の続きを読む
関連記事

飛行機ファーストクラス、ビジネスクラスの使い方 | top▲
ANAのファーストクラス機内食のキャビアはおかわりできるのか。

2016-01-17 Sun 11:00
ANAのファーストクラスの機内食ではここんとこキャビアが瓶で出てきません。



キャビアのかわりにフォアグラをおかわりしました。

2016011714433047e.jpeg


これだけじゃなんなので
ちょっとした技を披露



ちなみに機内食でキャビアをおかわりできるかどうかは
運次第です。
満席でキャビアを食べない人が出ればおかわりができるかもしれません。

あと和食を頼んでも懐石始まる前に
キャビアだけちょーだいは出来る確率高いです。
何故ならキャビアは乗客数分ロードしてるというのが
業界の常識なので。

せっかくファーストクラスに乗ったら
うまくチョイスして機内食を楽しむのがいいと思います。
おかわりもどんどんきいてみるべし。
余ってればおかわり可能ですんで。

とはいえANAはほんとーにファーストクラスの
機内食のコストカット激しいですな。
今年もどんどんショボくなる
メニューを観察したいと思います。


ファーストクラスの機内食で
食べたいものを逃さず食べる方法も
ブログ記事にしました。





食べたら出るので
ファーストクラスのお手洗いの話




これらを参考にして楽しいファーストクラスを
満喫してね。
関連記事

飛行機ファーストクラス、ビジネスクラスの使い方 | top▲
6:あなたも出来る飛行機からの脱出。「なるべく安全に飛行機から脱出する方法を教えます」ブログ記事

2015-12-07 Mon 13:00
さて、今日のテーマを書く前に
昨日のおさらいを

5日目では日本の空にも多く飛んでいるA320型機
B737型機によく見られる
窓型脱出口を開ける場合どうするかを学びました。

スターフライヤーA320


因みに、ANAやJAL、スターフライヤー等のウェブサイトに
非常口座席に座る場合、援助者として何をするのか?は
具体的に書いてありますので、
各社のウェブをよく読んでください。

非常口座席援助の方法

ANA
緊急脱出時の援助内容について|ANA

一部抜粋すると

・乗務員の指示に従い、
機外が安全であることを確認して
非常口を操作し開放すること


とちゃんと書いてあります。
要するに万が一の場合は乗客も非常口を開放する
可能性があるから開けてねって事です。
で、機外が安全であるか確認しろって
ちゃんとウェブには注意書きに書いてますんで
具体的に確認すべきことは

VOL5で書いたこの4つ

1:着水してないか、水位は?
2:スライドが開くスペースはあるか?
3:外で火災は発生してないか?
4:燃料は漏れてないか?


を確認して開けるのですぞ。


さて、もうひとつ
脱出スライド
が膨らんだ後、他のお客様を速やかに脱出させること
って書いてあるんですが、

あの脱出用滑り台のことを
航空会社ではスライドって呼んでます。
シューターは日本人のみが使う言葉なので
きちんと脱出用スライドという言い方を覚えてください

シューターとは言いません。

正確には脱出用スライドなのです。
救命ボートと兼用になってるものは
「スライド/ラフト」と呼びます。

実際外資系の英語しかないセーフティビデオでは
「Slide」と表現しておりますので
言葉は正しく覚えること。

今日のテーマは
なるべく怪我をしないでスライドを滑る方法について
なので、今日をきっかけに
シューターではなくスライド
いますぐ知識を上書きしてくださいね。

それでは安全に脱出用スライドを滑るには
何が大事かを書いていきます。



滑る時の姿勢
寝て滑ればスピードが出るので
とにかく前傾になるくらいの姿勢を意識してすべる。


プールのウォータースライダーや
冬季オリンピックで寝っ転がった姿勢で
もうスピードを出すソリの競技があるけど
あの原理を思い出してください。

要は抵抗が少なければ滑るスピードは上がり
抵抗が多ければ滑るスピードは落ちます。
ですので、上体を起こして滑るのです。

具体的にはこの姿勢で滑ってください。
ana スライド

今貼った画像はとてもわかりやすい動画があったので
該当部分を切り出したものですが。
私が言葉で説明するよりANAのセーフティビデオを見た方が早いわ
スライドの滑り方、立ち上がり方、走り抜け方が
全部映像で説明してある素晴らしい出来のビデオになっております。

ANAの安全ビデオは2015年2月から制服改定をきっかけに
新バージョンになって、スライドでの脱出姿勢が
非常にわかりやすく映像化されております。

201512071240467f2.jpeg


2分58秒からご覧ください。

ANA 非常用設備案内ビデオ / ANA Safety Demonstration Video



これでもよくわからない人は公園の滑り台で
自分で滑って実験してみるべし
仰向けに寝た状態で滑り台をすべるのと
上体をおこして「 コ 」の形に近い状態で滑るのとでは
滑るスピードが変わります。

スライドを滑る時の怪我は大体加速がつきすぎて
スライドの最後の部分で勢い余って
転んだりするのが原因です。

なのでスピードが出過ぎないように上体を起こす。
もっと言えば足を揃えてぴったりとくっつけると
速さは増しますが、足を少し開けば抵抗が大きくなるので
足を肩幅に開くのもスピードを緩める事が出来る
テクニックです。

ブリティッシュエアなんかの安全ビデオでは
スライドを滑る時の腕の位置は
胸の前でばってんにしてますが
ANAは腕を前に伸ばしてと
「コ」の字型になって滑るように指導してます。

私はANA方式を推します。

理由は胸の前で手をばってんにすると
スライドを滑って降りた際に
手が使えず、バランスを崩して転ぶだろうから。

着地の際スライドが終わる部分で
走り抜けるのが正しいので、
冗談抜きで公園の滑り台でイメトレするのが
一番いいとおもいます。



スライドの降り方
どっこいしょと立ち上がらず、
滑るスピードを使って、勢いで走り抜けること。

ANAの安全ビデオ内でも3分10秒あたりで
説明されているように。
滑ったら止まらないでそのまま走り抜けるのです。

公園の滑り台も最後に滑るに任せて何もしなければ
ドテっと尻餅をついて着地しちゃうでしょ。

普通はそうなると痛いから滑り台の終わり部分で
足をついて立ち上がるよね?

そして後ろから人が来てたらぶつけられるので
滑り台からすぐ離れるでしょ。
あれです。

ほんと、スライドを滑る練習したい人は
今すぐ公園に行って滑り台してくるべし。
(不審者に思われると困るので、子供に一緒に
行ってもらうとか工夫は必要でしょうが)



脱出口からスライドを見たら?

トルコ航空のセーフティビデオが
他のエアラインに無い視点でカメラを設置し
滑る感覚がわかりやすく説明されてますので
これは、どんな感じに見えるのかを知る上では
参考になります。

201512071247015e2.jpeg

2015120712470290b.jpeg


3分33秒あたりをご覧ください。
Turkish Airlines Safety Demo





余談だがJALにひとこと言いたい。

JALの安全ビデオのやっつけ仕事っぷり。
ひどいわありゃ。
多分この十年くらい使い回し、
ビデオは実写ではなく一昔前ぽい変なアニメーションなので
制服が変わった部分のみやっつけで差し替えてるし
なんとANAのように機種ごとの安全ビデオではなく
全部に共通して使える共通版
手抜きすぎ。

JALはすぐにでも安全ビデオをANAを見習って
ちゃんとしたものに変えるべきだわ。

各社これだけ乗客にわかりやすく説明しようと
工夫に工夫を重ねてるのに、
JALの安全ビデオは見る気なくなる程
超つまんないし。
(見たい人は自分でyoutube探して
ここに貼る労力が惜しいくらいダメビデオ)

JALはいますぐ安全ビデオをもっと
面白くてわかりやすく、見て楽しいくらいのものに
改定すべきだと思う。



[飛行機に乗るのに適した服装と靴]

さて、ここまで読んだ方々は
もう離陸前にスリッパに履き替える気もとっくに
失せているでしょうし
ハイヒールやサンダルで飛行機乗るのはやめよう
くらいは思い始めたかなと?

服装だって、いままで着てたものでは
スライド滑れないし、翼上を歩けないかもと
考えてるんじゃないでしょうか?

旅慣れた人は体を締め付けないマキシワンピに
かわいいサンダルで搭乗しますとか
口が裂けても言えない気持ちになってない?

短パンとビーサンでサングラスして
乗り馴れた俺様を演出する気になる?

今まで書いてきたことを読んだら
これらが搭乗に適していない服装と靴だということが
きっとわかると思います。

ドレスコード云々ではなく
安全のためにね。

ここまで「あなたも出来る飛行機からの脱出」1-6を読めば
さすがに怪我しないように脱出スライドを滑るには
どんなものが適切なのか、
実感としてわかってき来たとおもいます。

スライドを滑る際に、走り抜けるには
どんな靴が適切なのか。

どんな服装で乗るべきなのか。

考えればおのずと答えは出ますね。

わたし?どんな格好して乗ってるか?

国内線に乗るときは着替えるというのは無いんで
なるべく脱出しやすい服装と靴を選んでおります。
真夏でも長袖長ズボンだし、(ラウンジや機内冷えるしね)

国際線のロングホールの時は
搭乗時はジャケット着てちゃんとした格好してます。
そこは最低限のドレスコードは守りたいので。
ジャケットは必須。

靴は普段からヒールは履かないので
ヒールが低い靴をそのまま。

ヒール靴は脱出用スライドを滑る際には
裸足になれと命令されるので
(低くても尖ったヒールやハイヒールは危ないので
スライドを滑る時にはぬがされる)

スリッパに履き替えるのは離陸後安定してから。
無事離陸するまでは靴のままいます。

そして着替えはファーストクラス搭乗の場合は乗ったら
パジャマをくれるけどそれは着ないで
ここで持参した脱出も出来る服に着替えるのです。

ジャケットを脱いだら、機内の寒さ対策にも使える
カシミヤ等ニットの薄手のパーカーへ着替えます。
(火災が発生した際にすぐに引火しにくい素材であることも
結構重視してます。化学繊維は燃えると溶けて
肌にくっついて大やけどをするので)

怪我しないために、長袖であることは必須。
パーカーのフードはかぶれば帽子代わり。
頭を怪我するのを防げるので防災頭巾のかわりね。

そして靴下を履きます。
足の冷え防止と、脱出の際
ストッキングだとスライドとこすれて摩擦で
やけどのような状態の怪我をするから。

足首まである長ズボンが必須です。
足が出ていて怪我をしやすいハーフパンツや、
今流行りのガウチョ等は足がもつれるので着ません
スカートもスライドを滑る際にめくれ上がるので
搭乗時の選択肢にはないのです。


夏だからといって飛行機にハーフパンツで
毛むくじゃらの足を露出して乗ってくる男性諸氏を見てると
ドレスコードの点も褒められたもんじゃないけど
安全面でもなーんも考えてないんだなと
ちょっと思ったりするのでした。
こういう人たちって確実に靴もサンダルや
ビーサンなのよねー。



最後にドレスコードよりも何もよりも
やはり重要なのは
パスポートはズボンのポケットに入れる。
脱出の際に荷物からパスポートを取り出す暇はないので
とにかく搭乗中は常時身につけてます。
なんかあった時にパスポートがあれば
海外では自分が誰だか証明できるので。



あとパスポートの中に米ドルを20ドル挟んでおります。
現金があった方がいいし、米ドル、世界中で両替できるので

そして、iPhoneもパーカーのポケットに。
脱出先が空港なら、電波は通じるので
すぐに誰かに連絡が取れるから。

なのでiPhoneはこれ以上大きくなっちゃ嫌
ポケットに入る大きさでお願いしたい。
なので6に変える気にならんのであった。
(といいつつ6Plusに変えて後悔しまくりの私)

具体的な事故を例に出すと
今年、ラスベガスの空港で出発しようとしていた
ブリティッシュエアウェイズの777がエンジンから出火し
滑走路上で搭乗者全員が緊急脱出した事故があったけど
あの時多くの馬鹿者が上の棚から巨大なピギーバッグを
引っ張り出し、それを持って脱出したことが
とても危険だと専門家から指摘されてます。

あれ、ニュースでは
「命と洗面道具どっちが大事なんだ?」と
突っ込まれてましたが。

ほんと荷物持ってスライド滑ろうなどという
馬鹿な考えはやめてほしい。
航空会社はこういう事故があって
荷物燃えちゃったとかなら、
あなたの持ってるバッグより
もっといいバッグが買えるお見舞金を
出してくれるはずだから。
その辺はキッチリ無事に怪我なく脱出して
お金をちゃんと貰えばいい話ですね。

こういう緊急脱出の場合荷物の中に
貴重品やらパスポートやらを入れちゃってると
取り出す時間もないし
荷物持って脱出しようって短絡的に思うんだろうけど、
パスポートと現金とスマホを身につけてれば
そんなロスタイムなしに脱出できるので
ちょっとその辺は工夫しなさいって
おもうのでした。



ここ迄で「あなたも出来る飛行機からの脱出」を
すべて終了いたします。

万が一の際に頭の隅に残ってて
何も知らないよりはマシだったくらいの
役に立てるといいのですが。

その前に、脱出なんてしないほうがいいに
決まってるよね、
そしてもう一つ、
乗客も乗務員も実際に脱出したことはありません。
万が一の場合は恐らく全員が脱出は初めてってことになるでしょう。
従って、乗務員が使い物にならなかったら
これを読んだあなたが自分の命を助けないと
いかんことになるかも。

「人に頼るな、自分に頼れ」
ですね、

それではこの知識が皆様の役に立たないことを祈ってます。
(事故で飛行機から脱出する場面なんて
実際に経験する必要ないですからね)
関連記事

飛行機搭乗安全ガイド | top▲
5:あなたも出来る飛行機からの脱出。「なるべく安全に飛行機から脱出する方法を教えます」ブログ記事

2015-12-06 Sun 13:00
さて、「あなたも出来る飛行機からの脱出」
連続UP五日目の記事でございます。

その前にこれがすごく面白かったので
貼っておく。
今日書く内容と関連してて役立つし、楽しいので
ぜひ見てから記事読んでほしいわ。

デルタの737国際線機材のデモビデオ
80's In Flight Safety Video - Delta Airlines Online Advert


Delta's New In-Flight Safety Video -- Version 5




デルタは面白いの作るね。



今回のテーマは前回申し上げました通り
運悪く自分でドアを開けないとならなくなった場合の
手順です。

今日は一般的な旅客が非常口ドアを自分の判断で
開けなければならない可能性の一番高い機材の
シチュエーションで考えました。

今回着陸失敗したアシアナ航空A320は非常に多くの
エアラインが所有して世界中飛んでいるベストセラー機材。

この機体中央に「窓型タイプの脱出口」がある機材
(B737なども含む)に乗ってることを想定して書きますね。

#大型機材 B777等のメインドアの話は別途書きます。

なぜA320タイプの非常口の開け方を最初に取り上げるかは
ちゃんとした理由がありますので
読み進めていってみてください。


さて、窓型タイプの脱出口を開ける前に
前回四日目で触れた覚えておくべき英単語2つ
頭に入ってますでしょうか?

「でぃっちんぐ」と「えばきゅえーしょん」です。

ここでドアの開け方を説明する前に
飛行機のドア(脱出口)には緊急脱出用の滑り台兼救命ボート
が仕込まれているという事を知っておかねばなりません。

セーフティビデオでも言ってますが
緊急脱出用のスライド(滑り台)というのは
ディッチング(着水)の際は救命ボートにもなる
2way形状のものが多いです。
多いですって書いたのはわざとよ。
全部じゃないの。

前にも述べたが飛行機ってドアの位置する条件で
救命ボートにもなるスライド(滑り台)が設置できるか
それとも簡易(第二義的脱出口と呼ぶ)EXITとなるか
いろいろあるのです。

ちなみに、翼上の脱出口を第二義的脱出口と呼ぶのは
ハドソン川の奇跡で落ちたA320型機なんかがわかりやすい。

あの機材は機体中央の窓型脱出口にはスライドはあっても
それはボートにはならんのだ。
すごーく面倒なことに国際線機材であれば
上の棚(オーバーヘッドビン)に折りたたまれて
水中に投入すると開くボートが設置してあるんで
これをよっこらしょと下ろして、海中に投げ入れる仕様なのだ。
考えただけでも面倒だし、緊急事態にそんな悠長な事をしてる暇
あるんかい!と私も心の中でいつも突っ込んでましたわ。

だから小さい飛行機は嫌なのよ。
とはいえ767ですら機体中央の脱出口はこのタイプで
OVS(国際線)機材の場合ボートは上の棚の中だったんで。
脱出手順が超面倒だな、とおもっておりました。

20151206125000252.jpeg

上に貼った画像は
B767型機材の上の棚の中のボートと
それをR1ドアより海上へ投げ込む仕様を
アメリカン航空のデモビデオから抜粋


丁度ユナイテッド航空の767のセーフティビデオが
youtubeにあったので貼っておきます。
1分7秒あたりをご覧になってくださいませ。

United Airlines NEW safety video (767-300)

https://youtu.be/7r6ayKu0xJI


ディッチングの時は機体中央の窓型非常口は使うなと
はっきりいっておりますね。で、これドメ機材なんで、
上の棚にしまってある予備ボートの説明は無し
(という事は搭載がないタイプの機材です。)


この機体中央の予備の窓型脱出口タイプの機材では
ディッチングの場合、まず後ろと前に乗客をふりわけ
最終的に前も後ろも使えなかったら、この真ん中の窓を外して
翼の上から海/川(水中)に飛び込ませることになっとる。

ハドソン川への緊急着水事故は
ニュース画像がネット上にいっぱい落ちてて、
今でも検索すればたくさん見られるけど、
翼の上の脱出口には救命ボートが設置されておらず。
そしてドメ(国内線)機材だったため予備のボートも
上の棚になかった。

機体後部は浸水が始まっていたため闇雲に開けないことを
乗務員が適切に選択した結果
全員乗せるボートがなかった。
従って、翼の上に脱出した乗客が救助を待って立ってたのだ。

知識が増えると、ただのニュース映像も
意味がわかるようになるので、
過去の事故機の画像を見ると
どういう状況だったか絵解きできるようになりますし、

私が見ると、このサレンバーガー機長とUSエアウェイズの
フライトアテンダント達の優秀さがわかります。
これぞエマージェンシーの授業のお手本教材!と
感心しまくる出来なのです。

本来、全員無事が奇跡ではいけないので、
サレンバーガー機長の有名なお言葉
「訓練してきたことをやっただけ、自慢も感動もない」
ってのは本当によくわかるんです。
これが奇跡だではダメなのよ。普通にできて当然の事。
これを奇跡だと言わない人が機長だったから
この事故は全員無事だったわけです。

と話が脱線気味になりましたが、
ひとつひとつ具体例を見ていかないと
ちょっと難しいことを説明しようとしてるので
その辺はご了承ください。


なかなか脱出口の開け方を教えてもらえないと思ってる方
そうなのですよ。
非常用の脱出口ってそうそう簡単に開けちゃダメなので
だからこそ基礎知識を一生懸命解説してるのであります。

だって、ハドソン川の奇跡だって、
後ろの脱出口を判断を誤り誰かが勝手に開けてたら?
死人が出たでしょうね。って事。
余談のようだけど、非常に大事な話なんです。

さてドアの場所によって救命ボートにはならん
滑り台というのもあるという基礎知識が持てた人は
なぜ「でぃっちんぐ」という状況がわかることが
大事なのか?はもうわかったと思います。

滑走路を滑ってそのまま海中にドボンしちゃった場合
条件が整わないと開けられないEXITがあることを知らないと
大変なことになるからです。

日本の空でも沢山飛んでるA320
スターフライヤーでの使用機材でもありますので
ウェブからシートマップを引っ張ってきました。
この図をご覧いただければ窓型脱出口が
どの辺りにあるのかわかりやすいと思います。

スターフライヤーA320


とくに二義的脱出口であるA320なんかの機体中央の
非常口座席等には乗務員が近くに座ってないので
勘違いした正義感あふれる意識高い人が
援助を了承して座ったがために、
勢いで開けてしまう場合があるかもしれず。
そしてそんなパニックの際には
乗務員は機体真ん中までやってくることはあり得ないでしょう。
てか、混乱状態でそこまで到達できない。

その時、外の状況を見て、適切ではない(着水してる等)
誰かが勝手に開けようとする場合は
そいつを羽交い締めにしてでも止めないといけません。

さあここで、窓型脱出口を外す際のジャッジメントっていう
重要な儀式が出てきます。

自分は機体中央の非常口座席に座ってるけど、
乗務員は前と後ろにしかいない。
判断は自分でしないといけない。
脱出OKのEVAC警報は鳴り響いている。
さあどうする。

まずは前か後ろに逃げましょう。
え?開けないの?と思った方
そりゃそうです、
素人が触らないほうがいいに決まってます。

で、前も後ろもパニックでもう出られん万事休すってなったら
まずは窓の外を確認して頂戴、
すぐに窓型 EXITをはあけてはいけません。

まず窓から外を確認します。
確認することはこの4つ

水位
ディッチングだったら、浸水度合いを見ます。
ドアをオープンできる水位か

スペースがあるか
EXITを解放できるだけのスペースがあるか見ます。
何故ならスライドが膨らむだけのスペースがなかったら
ここからは脱出できません。
例えば翼が折れて機体のほうに干渉してる場合などは
脱出口のドアは開けられないし
フェンスや壁に衝突してドアを開けても
脱出する隙間がなかったりしたら
その脱出口は使えないからスペースがあるかを確認して
開けることは大事なのです。

火災はないか
次は火災が起きてないか?
むやみに開けたら火が機内へ入ってくるかもしれません。
火の中を華麗にスルーして脱出するのは
プリンセステンコーに任せて、他のEXITへ逃げましょう。

燃料は漏れてないか
そして次に燃料が漏洩してないか見ます。
燃料が漏れてたらそこに引火爆発する危険があるので
脱出経路としては不適切です。
これもEXITを開けてはいけない状況です。


この4項目の確認が出来てはじめてEXITを開けてもいいのです。
窓型タイプの脱出口の開け方は座席の前にある
セフティーインストラクションという
安全のしおりみたいなのに書いてあるんで
非常口座席に座った場合は熟読しましょう。

なので、このA320等の飛行機だと
いくらちょっとだけ他の席より足元が広いといっても
非常口座席って、あんまり座りたくないなとおもうのでした。
機体の真ん中の非常口座席はどの非常口にも実は遠いので。

そしてこのエリアには乗務員もいないので
万が一の際に自分が脱出口を開けなきゃいけないんだ
っておもうと気が滅入ります。
壁からこの特殊な窓型ドアを外すのは
今の私の力では無理だし。
ちなみに私がオールエコの時に座るのは最後尾列です。
ファーストがあるときは2列目。
なぜ2列目か。
航空ヲタはアホ1と言って1列目に座りたがりますが、
1列目って危険なのよね。
ギャレイ(飛行機のキッチンみたいなところ)に
機内食を配る重たい鉄のカートが設置されていて
事故の時や、乱気流の際に、乗客がこのカートが吹っ飛んできて
怪我をする例が後を絶たず。
今回のアシアナ航空広島空港着陸失敗事故の際も
一番前の乗客にギャレイから飛び出てきた何かがぶつかって
血を流していたとの乗客の証言もあります。

一番前の席は足元も広いし、前の席も倒れてこない
みたいないい席感覚がありますが、
ギャレイが近ければとても危険な席でもあるので
その辺も覚えておいて損はないでしょう。

参考にしてね。


ここで興味深いことに気がついた私。
このテーマを書き始めて、
youtubeでたくさんの航空会社のセーフティビデオを
検証のため見まくっているんだが、
JALとANAでは端折られて説明がないんだけど、
他の外資系では必ず説明されていることがいくつかある。

それは酸素マスクの装着の順番を必ず自分から、
他の人を手伝うのは後という説明と
機材や非常口の設置場所よる脱出口の開け方の
詳細解説である。

(酸素マスクを使うのはディコンプ(急減圧)の時なので
脱出には関係ない為、別の機会にこの件は触れます。)


ドアの開け方を説明してるかしてないか。
私が見たところユナイテッド航空と
ブリティッシュエアウェイズが非常にわかりやすく
セーフティビデオ内でドアの開閉方法や
ドアを開けたら自動開放する筈のスライド/ラフトが膨らまない時
マニュアルインフレーションハンドルがどこにあって、
それを引っ張ると膨らむという事まで説明していた。
残念なことにBAのは一般旅客が機内で撮影したものしか
youtubeで見つけることができなかったのだが

2分15秒あたりに窓型脱出口の開け方が
アニメーションで流れるので参考に見てみてください。

British Airways A319 safety video



そしてもう1つ
これはパッと見たところ EXITが8つで、翼に干渉する
スライド/ラフトが無く、ドア形状がボーイングなので
777-200であると思われるが

20151206123303a12.jpeg

上記にも抜粋して貼りましたが、
2分27秒あたりにドアの開け方、脱出用スライドラフトが
開かなかった場合のマニアルインフレーションハンドルは
どこにあるかが説明されております。

British Airways safety video

外資某メガキャリアの乗務員の緊急避難訓練では
非常口座席に座る事前に援助を了承した旅客に
緊急事態で自分が使い物にならなかったら
脱出口を操作して開けるように言っておくと言う。
万が一の事態、乗務員が生き残ってる保証はないからね。
セフティービデオでどうやってドア(または窓型EXIT)を
あけるかを解説してるエアラインと
そうでないエアライン
非常に興味深い差だと思ってる。

さて、第五日目の講義はここで終了。
最終回六日目はスライドの滑り方
脱出に適した服装、靴、荷物はどうするか
を解説します。

それまでみなさんはyoutubeで各社の面白い
安全ビデオでも検索して予習復習して待っててください。

それではまた。
関連記事

飛行機搭乗安全ガイド | top▲
BACK | TOP | NEXT
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]