結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

詰めるだけなら苦労はしない、実は奥深い旅行のパッキング道

2014-01-26 Sun 19:30
このブログの読者の皆様なら、
私が年間どれだけ「荷物詰め」をしているか
もう説明するまでもないだろう。

ツイッターでも
「荷物詰め詰め」とかよくつぶやいてるし
パッキングネタはいままでも散々書いてきた。

で、こんな動画をみちゃったのが運の尽き。



これ突っ込みどころ満載過ぎで
この私が黙ってられるはずもなく
ついツイッターで連続投稿しちゃったわけ。

実際に旅慣れてる人はこの動画をみたら何が駄目なのか
すぐに気がつくんで
SUZUめ何を今更と思われそうだけど、
この方法の実証実験をしてない人々には
凄い技!としか思われないらしく

たった140文字のブツ切れツイートで
この動画の中で披露される術式の何が間違ってて
どんなエラーが起きやすくて
どこが弱点で死角なのか
じゃあどうやったらその弱点を解決できるんか?
などなど
いろいろ一度に説明するのは困難なので
自分の陣地(ブログ)で
分析して細かく説明することにした次第。


で、まずここで
この先を読むかどうかの
選択権を皆様に与えたいと思います。


旅行にも行かないし、パッキングもしないんで
自分には関係ない
と思ってる人
ここでさようなら〜



この動画のやり方でいいと思ってて、
このパッキング方法には死角なし完璧な方法
これに文句を言うなんて信じられない
気に入らないなら文句なんか言わないで
自分がやらなきゃいいだけと思ってる人、
ここでさようなら。



実際に自分の大事な時間と労力を使って
旅行先で実証実験する暇はないけど
人柱として散々いろんな失敗を経験してきた
SUZUの話を聞きたい好奇心旺盛な方は

どうぞ続きを読んでください。












さて、自分の意思で選択してここを読んでる方
改めまして、こんにちは

毎日のように荷物詰め詰めしてるSUZUです。



っていうかまず言いたい!

「このやり方が気に入らないんだったらやらなきゃいい」

みたいな明後日のこと言うやつ何なんだ?
そういう問題じゃないんだよ。

あのですね
気に入らないんじゃないんだよ。
そんな生易しい話じゃない。

だって間違ってるんだもーん

この動画に出てくる方法って
はっきり言って全然いい方法じゃないんだよ
こんなの信じて旅の素人さんたちが真似して荷物詰めて
行った先でどんな苦労するのか目に見えてる。

実際やってみるとちょっと冗談では済まないレベルで、
これはやっちゃ駄目な最低の例なんだよ。

毎日のようにパッキングしてる私から言わせれば
プロのパッキング術ではなく単なる

素人の浅知恵

不合格!顔洗って出直してきな、
馬鹿な考え休みに似たりぐらいのダメダメレベルなの。


多分こんだけ多くの回数トライ&エラーを繰り返し
世の中に流れる「パッキング術」みたいなのを
ありとあらゆるシチュエーションで実証実験出来てる人は
私のほかにそんなにいないと思うんだよね。

自分でやらなくて済んで、その上
何が問題なのかも解るし
その上克服法までサービスすんだから、
皆さんにとってノーリスクハイリターンな話なんだけど

私の失敗談を「人柱になってくれたのね」
というあざ笑うくらいの高みの見物気分で読めばいいんだよ。

というわけで
本題に入ります。

ああ長かった前置き


で、この動画のパッキング方法

100点満点!
荷物詰めコンテストは優勝です。
すばらしい!

あんな部屋中の荷物を小さなリュックに詰めるなんて
芸術的ですらあります。

審査員特別賞もついでにあげましょう。


え?
さっき駄目って言ってたじゃないか
とおもったひと。

ええ駄目なんです。

だけど優勝です。


「沢山の荷物を小さなリュックに詰める」コンテストなら
優勝


でもこれを旅に持っていって使うんだったら
不合格どころか
予選落ちですよ。

そもそも、みんなが知りたいのは
旅行のパッキング術であって
荷物をどんだけ小さなリュックに詰められるかコンテスト
じゃないでしょ。

目的を見誤っちゃダメだってば。


あのねえ
荷物、詰めるだけだったら五分で出来るのよね。

何故私がこんなに毎回荷物を詰める事に苦労してるか

それは旅行に行った先で使う

という一番大事な目的に叶うように詰めようと
思うからじゃないか。

旅行の荷物は運べばいいって物じゃないのよ。
行った先で最短の手間で必要な物がすぐ出てこないと困る訳。


あ、一つ言い忘れたけど
この動画のパッキング方法が有効な場合もあるよ

1:目的地は一つ、別の都市などへ移動が無い場合
2:その滞在先で三泊以上過ごす場合
3:ホテルについたら全ての荷物をアンパックする場合
4:アンパックした荷物をすべて収納できるような
  すばらしいクローゼットとか引き出しとかが備わってる
  立派な部屋に宿泊する場合

この4条件を満たした場合は
動画の通り詰めても、さほど不便を感じずに
過ごせるでしょう。

細かい説明は
何がダメだったのか
これから書くこのやり方の弱点を読めば
見えてくると思う。


【ミルフィーユたたみの弱点】

これ、服にシワがつかないので
本当にいいたたみ方なんです。
おもいついた人はすばらしい。

でもねでもね。

一枚だけ服を取りたい場合でも
全ての服を広げないと取れないのよ。


一枚取っただけですべての服が崩壊してしまうんで
あとの服がぐっちゃぐちゃ。


きいいいいいいい。


これに対して
「服を全部最初に出せばいい」って
言い放ってたのがいたけどさ。


それは三泊以上同じホテルに連泊する場合は出来るけど
夜着いて朝出かけるなんて滞在時間での
優先順位って

服が見つけやすい、取り出しやすい
って事のほうなんじゃないの?

少なくとも私はそうだ。


この動画の方法の決定的な弱点は
何かを取り出す場合
無駄なアクションが多く必要で
面倒だってことなのよ。

靴の中がデッドスペースなので
そこには靴下を入れましょう
靴は二足まとめず一足ごとに別の場所に
入れましょうって方法だって
一見すばらしい
いい事思いついた!って勘違いを生みそうだけど

素人はもうこれだからダメなんだよ的な
抜けてる感ありありなのよ。

浅知恵とはまさにこれ。

普通に入れてたらワンアクションで取れるであろう靴下ごとき
それが
まず、靴の右足に入れたのか左足に入れたのかを把握しておき
神経衰弱のように靴の該当する片足を取り出し
その中から靴下を見つけ出す。

うわ、くっそ面倒。

旅行の荷物をデッドスペースに入れるってのは
一見すげえいい方法って思いがちなんだよね。

でも実際は旅先でそれ覚えてない事の方が多いのよ。
残念だけど
普通の人間の記憶力なんて
そんなもんなんだわ。

あんまりしまい込むとどこに入れたんだか
わかんなくなってだね
(特に旅行前なんかでばたばたしてると
何をどこに入れたんだかすっかりわからなくなる)

で、結局旅の間中ずーっと何かしら物を探すという
無駄なアクションを取り続ける事になりかねない訳。

だからスペースありきで
ものをどんどん隙間に詰めるなんて方法は
愚か以外の何者でもないのだ。

それは猿でも出来るの
何度も言うけどな
しつこいようだけど

ただ詰めりゃいいならそんな簡単なことはないのよ
五分あったら充分よ。
でも現実はそうはいかないじゃないか


特に短い期間で移動する場合
旅行鞄の中身を一切合切全部出して
ホテルの部屋のクローゼットに仕舞うなんて事が
いかに無駄かなんてことは
よくホテル泊してる人なら実感してるはず。

出来ればスーツケースの中で
出し入れ完結してしまった方が
次のところへ行く為のパッキングが
とても楽なのだ。

それには種類別に物が入ってないと
うまく行かないし
隙間を利用する為に片っぽあっち
本体こっち、なんて詰め方をしてたら

旅先でそれを使うときに不便で仕方ないんだよ。

そのうえ
申し訳ないけど皆さんそんなクローゼットが
充実してるスイートやらなにやらをお使いで?

普通のホテルの普通の部屋の収納なんて
poorどころの騒ぎじゃなくない?

引き出しとか使い物にならんカッコだけって
ホテル多いし
持ってきた服を全部かけられる程ハンガー無いよね

自分のスーツケースがタンス代わりなんて状況
ホテル泊まってたら日常茶飯事なわけだよ。

この動画はいっちゃなんだけど
荷物が全部出せるような広いクローゼットのある
豪勢なホテルに泊まる人むけなんだよ。

でもさ、そんなところに泊まる人って
荷物を小さくしないといけない状況に無いよね。
叶姉妹張りに二百キロくらい、十個のスーツケースで
挑むひとがチマチマパッキングで靴に靴下詰めたりしないし。

いや
なんかいろんな意味でこの
動画はつっこみどころ満載な訳です。
気に入らないならそうしなきゃいいなんて
レベルの話じゃないことはお解りで?

という訳で
ここで披露されたパッキング術は
「いかに多くの荷物を小さなバッグに詰めるか」という
方法であって
実際にこんな詰め方していったら
取り出しにくいわ、
一個出すのに全部アンパックしなきゃならないわ
とにかく何を出すのも手数が必要だわで
最後は

ぐわあああああああと

叫びだしたくなることを
私が保証しよう。

イライラしまっせ。

ミルフィーユたたみに分割収納法

旅が阿鼻叫喚になること請け合いです。

私の異常記憶力を持ってしても
こんな入れ方したら
一発で該当物に到達できないんだから
三歩歩いたら忘れちゃうレベルの記憶力だったりしたら
もう、旅の間中必要な物を探すだけで終わるという
悲惨な結果が待ってると思いますわ。

旅行の荷物のパッキング道(道なのか?)って
思ってる以上に奥深いよね。

実は無茶苦茶頭使うんだよ
重要なのは実はアンパックのときだから
使うときを考えて詰める
これがキモなのだ

目的地に到着後、どの物をどういう順序で
どう出すかっていう予測をたてて、
いちいち想定して詰めないと
全部出さないといけない地獄に陥る

パッキング術って詰めるだけの能無しには出来ないの
パズル以上に高度な頭の体操になるのだよ。

それにしてもパッキングのプロなんてどあつかましいわな。
この動画
短い時間ででたらめに荷物をいっぱい詰める技であって
旅行のパッキング法なんかじゃありませんぜ。

くれぐれもこんな素人の浅知恵に騙されないように。

その他にも荷物詰めに重要なポイントは
いろいろあるんだけど
(ウェイト&バランスとかね)
それはまた別の話


飛行機ファーストクラス、ビジネスクラスの使い方 | top▲
ジャージ(スウェット)で飛行機に乗るようなだらしない人間にはなりたくないなあ。

2009-08-10 Mon 04:00






009


最近なんだかすごく嫌なことの一つは
年に一回ハワイに行くか行かないかくらいな
渡航歴しかないくせに、
「旅慣れてる」気取りの人たちが
やたらめったら

「機内では楽な服装がいいので」と
ジャージ(もしくはスウェット上下)で飛行機に乗る事を
さも旅慣れてる風にアピールすることだ。

こういう種別の人たちは
新橋の駅や品川駅からは
ジャージ(もしくはスウェット)で山手線になんか死んでも乗らないくせに

飛行機にはジャージ(スウェット)で乗ると
ブログなどでやたら自慢げに
その写真を載せたりしてる。

機内でハーゲンダッツが出ることを喜ぶ人がいることも
普段ハーゲンダッツを食べないのかな?とても不思議なんだけど、

ジャージ(スウェット)で飛行機に乗ることを自慢げにブログに書く人も
非常に不思議である。

飛行機搭乗時の不思議な二大自慢

ハーゲンダッツとラフな服装

あれはなんなのだ?
自慢になってないし


公共の乗り物に乗る際に
ジャージ(スウェット)姿で乗り込むって
それで乗りなれたセレブ気取りって
すっごく痛いというか
はずかしいとかおもわないのかなと

そのままのカッコで入国審査とか受けるわけでしょ。

どんなマナーで生きてきたのかと
ふとおもってしまった。
だらしない服装で外を歩いてはいけないと
教育の機会がなかったのかしら?
そして周りも注意してくれない層なのかしら?と。

スポーツクラブでもない空港やで体操着もどきで歩き回ったり
飛行機に乗り込む際の格好がジャージやスウェットって
あまりにもカジュアルすぎるとおもうんだけど。

そういう公共での身だしなみみたいなものを
誰からも指摘されずに来たのかな。


ハリウッドセレブが自家用ジェットで来る時に
ジャージやパジャマもどきな姿ってのは「有り」なような気がしないでもないが
ジャージやスウェット姿で降り立ったリアルセレブは見たこと無いわなー。


せめて電車に乗るときくらいの身だしなみレベルは
整えて飛行機に乗って欲しいとおもうあたし。

ジャージ(スウェット)姿でうろうろって
さすがにカッコ悪いと思うんだけど。
それがどんなにおしゃれなジューシーのであったとしても
パジャマにしか見えないし
公共の交通機関である飛行機に乗るのには
ふさわしいとは思えない。
(機内で寝るときだけパジャマとして着替えるかならわかる)


空港を歩き回るとか入国審査を受ける格好じゃないと
おもうんだよね、

どうしても、飛行機の中でパジャマみたいな格好に
着替えたいんならラバトリーの中で
着替えれば良いんじゃないか。
で、到着1時間くらい前にまた普通の洋服に
着替えればよいのだ。
そもそもハワイ程度のごく短いフライトタイムで着替える必要も
ないとおもうが。

旅の恥はかき捨てと昔から言われてるが
ジャージやスウェットのほぼパジャマ?みたいな
格好じゃさすがに恥もかきすてられないとおもうけど。

エコノミーでジャケット羽織れとは言わないが
せめて山手線に乗るくらいの格好はしましょうよ。
(ビジネス/ファーストは悪いこと言わないから
ジャケットくらい着ましょうね)


旅慣れてるというのはいかにパジャマっぽい格好で
くつろぐげるかではなく。その都度
TPOにあわせた格好が出来ることだとおもう。


どうでもいい格好をしてると
どうでもよく扱われるからね。
これは覚えといて損はないです。




飛行機ファーストクラス、ビジネスクラスの使い方 | top▲
JA8150が退役

2007-11-01 Thu 21:36
JA8150


JA8150、
B747-200クラシックジャンボが
10月31日をもって退役したんだそうな。

この画像JA8150が
JO941/942として運行中に
NRTの第一ターミナルの某ラウンジから撮ったもの。

この機材、間違われやすいんだけど
螺旋階段ではなく
ストレートと呼ばれる階段がついた機材で
コンフィギュレーションはB35

NO MOVIE SEAT
と呼ばれるモニターが見えない席が有るので
忘れずに必ずライブデモをしないといかんっていう
機材だったんだな。

このJA8150退役を持って
リゾッチャ塗装&クラシックジャンボが
日本の空から消滅したことになるんですね。

ここ数年国内線のCTS-HNDなんかで
この機材が入ってクラスJでシーズンズシートだと
ラッキーみたいな感じだったけど。

国際線でいきなりSHIPチェンジで
L機材からコレに突き落とされた時は
涙が出ました。
すぐに便を変更してシェルフラットに
乗りましたが。


今考えたら乗っとけば良かったかな。
人って勝手だわ
無くなると思うと惜しくなる。


うーん
なんとなく一時代終わったような
すっごく寂しい気分。

DC10が退役した時より
悲しいのはなんでだ?


A380の就航の陰で
こうやってジャンボが少しずつ
少なくなってるのは
寂しい。


私は飛行機といえばジャンボ機という
イメージがもう、刷り込みというか
なんというか小さい頃からあるんだよね。


一番好きな機材といえばB747
飛行機らしい飛行機だとおもう。


あとねえB747のいいところは
L1から乗り込むと
左に曲がるとファースト
右に曲がるとビジネスって事。

ファーストだと他のPAXに
見られる事は無い。
完全にファーストクラスの世界が
確立されること。

B777やA340だとさ
L1から乗ってくる客が
かならずチラ見して行くんだよね。
あれがなんかイヤ。

B777やA340のファーストよりも
やっぱりB747のファーストクラスが
ザ・ファーストクラス(笑)って感じがするんだけど
どない??


飛行機ファーストクラス、ビジネスクラスの使い方 | トラックバック:0 | コメント:0 | top▲
BACK | TOP |
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]