結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

後編:憧れは色あせる:20年ぶりに森瑤子の『情事』を読んでみた。

2012-02-28 Tue 21:30
前編 中編からお読みください

ロビー


作者ともう一度きちんと向き合う環境を整えて
まさに挑んだ森瑤子のデビュー作『情事』

実は最初に読んだ時、途中で挫折したのを思い出した。
あまりに突飛なストーリーに、まだ若かった私は
理解も共感も出来ず不快感だけが先行してしまい
途中で読み進めるのを諦めたのだった。

そして、何年か後に読み返して
やっぱり相性が悪いというか読み進まなくて挫折

よく思い返すと、結局一度も
『情事』を最後まできちんとは読んでないような気がする。

というかストーリーの記憶が最初の三ページくらいで
ぷつっと途切れているのだ。

今回やっと最後まで我慢して読んだのだった。
内容は高校生に読めないような難しい話でも
なかったのだが、
私はなんで挫折したんだろうという理由を
ずっと考えていた。


ざっくりあらすじを書くと

 夫に興味を持ってもらえなくなって
 焦燥感を抱くアラフォー子持ち人妻が
 自分の女としての魅力を確かめる為に
 男を引っ掛けて不倫する

というお話だ(ざっくりしすぎ?)


何のことは無い、こうやってそぎ落とした
あらすじ説明だけ聞くと
21世紀では使い古された設定に思える。

しかしこれが書かれたのは1978年(昭和53年)
いまから34年も前の話で、なんと為替相場は
1GBP(英国ポンド)470円の時代なのである。

要するに一般庶民にとってまだまだ諸外国は遠く
外国人(特に西洋人)と交流があるなんてのは
ごく一部の特殊なカテゴリーに属する人たちの
マイナーなコミュニティであったろう。

そんな時代に森瑤子が書いた内容は
それはそれはセンセーショナルだったはずだ。


さっきのあらすじに森瑤子がかけた魔法は

英国人の 夫に興味を持ってもらえなくなって
焦燥感を抱くアラフォー子持ち人妻が
自分の女としての魅力を確かめる為に
六本木の外人が溜まってるバーで
夫と同じ英国人の男を引っ掛けて不倫する


そう、夫も英国人、不倫相手も英国人
出てくる舞台は六本木、軽井沢の別荘や、
三浦半島の秋谷の別宅

そしてトドメは1978年当時
どれだけの人が食べたことがあったのか
と思うような本格的な英国料理の数々。


ラム1

ラムのローストにミントソース、


そしてお茶の時間には紅茶に
スコーンにジャムである。

スコーン


この設定がもし

夫が九州男児
不倫相手は関西人
出てくる舞台は主人公が住む場所が通天閣で
別荘なんか無く夏休みは海水浴日帰り
料理は冷汁とチキン南蛮
三時のおやつは緑茶に文明堂のカステラだったら
一体どーなっていたんだろうか?

(それはそれで面白そうではあるが・・・)

森瑤子が当時人々の嫉妬を通り越して
手放しの羨望をもって迎えられたのは
実態がどうだったとしてもやはり
ごく普通の生活をしている人々が
一生触れることが出来ないような特殊な世界を
小説の舞台に持ってきたことに尽きると思う。

21世紀、世界の枠組みが変わり
ネットがこれだけ発達し
距離という概念が根底から覆されてる時代の
国際結婚が下敷きになった不倫物語ではないのだ

いまの時代で言うと極端だけど
宇宙人と結婚してる地球人の妻くらいの
驚きと憧れを引っさげて、世の中に森瑤子は
デビューしたと表現しても過言では無いかもしれない。


物語の核の部分は古典にでも出てきそうな
かなり使い古された
「夫に不満を持つ人妻が不倫する話」
であるが
そこにかけられた魔法は
今読んでも決して色褪せる事の無いもので

この単純なストーリーにこの舞台設定か
と唸らされる結果になった。

物語のプロットに目新しさは皆無だが
その設定の目新しさのみで読者を魅了したとも言える。

私としては酸いも甘いもかみ分けちゃって
挙句主人公が女として私まだ価値があるの?って
悩んでた年齢もかるく飛び越えてから
ようやく再読かつ完読したわけであるが、

いつもの斜に構えたポジショントークを捨てて
素直な目線で書いてみると

主人公の生き方にも物語のプロットにも
なんの共感も感動も、理解も出来ない事は
20数年前に読んだ時と全く変わらないが

執筆されたのが1978年で時代背景などを
加味して見ると
それはそれは彼女のデビュー作は
センセーショナルだったんだろうなと
納得できるし

文体の美しさ、洗練され具合は
処女作が彼女の最高傑作だったと確認するには
充分なものであった。

でも、
私が憧れた森瑤子という人は
初期の作品を書いていた
満たされない雅代さんではなく。

客観的に世の中から認められ、評価され
好かれ、代替のきかない自分を見つけることが
出来た後の森瑤子さんなのだ。

勿論「己」というものに自信をなくして
自分の存在価値を確かめる事も出来ず
暗闇の中にいた時代があったからこそ
森瑤子として世に出て、
私達をあのバブル期にぴったりのセンスと
ゴージャスさで楽しませてくれたわけなのだが、

私は世に認知された後の毒々しいまでに
インパクトをもった森瑤子というキャラクターが
好きだったのだと
再認識できたような気がする。


森瑤子の作品というのは
きっと二つに分けられるのだ

雅代ブラッキンと言う普通の女性が書いた作品と
そして女流作家森瑤子を演じる彼女が書いた作品と。

私は森瑤子を演じるようになってから書いた作品のほうが
多作で雑になったと揶揄されても
やっぱり好きなのである。


さて、憧れが色あせたかどうかは
番外編でじっくりと

つづく
関連記事

「本」 | コメント:0 | top▲
<<番外編:憧れは色あせる:森瑤子『ホテルストーリー』を読んでみた。 | TOP | 中編:憧れは色あせる:20年ぶりに森瑤子の『情事』を読んでみた。>>
コメント
コメントの投稿









| TOP |
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]