結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

ホリエモン全盛期のTシャツ会見を思い出す。腰パンのスノーボーダー国母選手バッシング

2010-02-14 Sun 10:30
ski2



バンクーバーで冬季オリンピックが始まったそうだ。

私はスポーツが大嫌いなのでオリンピックを見る趣味は無いが
ネットのニュースでスノーボードの代表選手の国母クンの服装に
やたら物言いちゅーかケチがついたので
こりゃ参加せずには居られない。

ええ、
参加するのはオリンピックの応援ではなくって
この
「だらしない服装はアリかナシか論争」
にである。

なんでも、スノーボードの選手に選ばれた
21歳の東海大の学生でもある国母クンが
日本を出発する際に
ダンヒルかなんかに税金で作らせた高級スーツを
だらしなく着崩していたとかで大目玉をくらったとか。

その後の記者会見でも
「チッ、うっせーな」と言ったとか
「反省してま~~~~す。」と言ったとかで
もう大バッシングである。



オリンピックの開会式にも出してもらえなかったらしい。


このニュースを聞いて最初に思ったのは

『ああ、かわいそうに、知恵が無いってのは
無駄なことで足を引っ張れる事なんだな~』

と再確認できたなってことだ。

想像してなかったこのバッシングで
本人精神的に参ってるとかいう話も洩れ聞こえてくるが
そこまで自分を貫きたいなら
「オリンピックなんてばかばかしいや、オレ帰る」と
1人で帰国すれば良いんじゃね?
プロのスノーボーダーで実力があるなら
別に五輪のメダルごときいらねーくらい
腹くくって腰パンにしたらよかろう。


そう、この状態どっかでみたことあるーとおもったら
ホリエモンのTシャツ会見を思い出したのだ。

時代の寵児と持て囃されたホリエモンが
一気に転落したきっかけってあのTシャツ会見と言っても過言ではない。
とあたしは思ってる。

ホリエモンが周りのオトナどもより自分が賢いんだと見せ付けるならば
きちっと背広を着て会見すればよかったのだよ。
めちゃくちゃ簡単なことだったのに彼はそれに気が付かず
意気がって見せたのだ。
まるでそれが自分のアイデンティティかのようにTシャツで会見した。

彼は思考が幼すぎたゆえに結果は生意気な奴だということで
必要以上の社会的制裁を受け、なんと犯罪者にまでなってしまった。

世間を敵に回すということは、
自分のやりたい事を邪魔される事なのだと
ホリエモンが拘置所で気が付いたかどうかは知らないが。

非常に残念だが彼は頭は良かったのかもしれないけど
そういう知恵が無かったんですね。

ホリエモンは保釈されてからはことあるごとに
志半ばで夢をたたれたみたいなことを言うが
それは「アホ大衆のイメージコントロールをうまくやらなかった事」も
夢を断たれる原因の一つだよと突っ込みたい。


だからこれから何かを成し遂げたいと思ってる若者に言いたい。
せっかく日本を良い方向に導くような
凄いことを考えていたって、
世間様のイメージコントロールがうまく出来ないと
日本では潰されちゃうって現実に早く気が付けと。


オトナが気にする外見の評価なんて
うぜえーいみねーばかばかしいと思っているんだったら
その愚かなオトナ(もしくは大衆)のイメージは
コントロールしてやれば良いじゃないかということだ。

実力があるなら尚更オトナより一枚上手のコドモでいるべきなのだ。

世の中を渡っていくということは
ずるさも絶対に必要だということを早めに知る事が重要。

それには先人の失敗に学ぶのが一番近道だ。

裏を返せば、格好さえまともな「ふり」だけしておけば
オトナや愚かな大衆や世間なんてもんは
いとも簡単に騙せるということなのだ。

身だしなみってのは自分のために整えるものではなく
相手のために整えてやるもんなんです。
だって、自分の事は鏡がないと見えないじゃないか。
だから相手の心理をコントロールするために
身だしなみというものが存在するのだよ
その効果を最大限に使わなくてどうする。


せっかく凄い才能を持っていて
おおきなことを成し遂げようとおもってるんだったら
自分のくだらない意地やプライドに自分自身が振り回されるな
と言いたい。

世間を変えるより自分を変えるほうが近道なのだから。


オトナはね
「人は見た目じゃない」とか
「人をミテクレで判断しちゃダメだ」とか
もっともらしいことを言うけど
そんなこと信じちゃダメだ

人はミテクレだし
第一印象だし
なによりもイメージが重要なのだ。

見た目優等生のレッテルをうまいこと貼ってもらえれば
思った以上のメリットを得られることを
ホントにずるがしこい人間は知っているんだよ。


関連記事

分類作業中 | トラックバック:0 | コメント:7 | top▲
<<PW:01 冬のヨーロッパでバカンス『フレンチアルプスのスキーリゾート』出発編 | TOP | シリーズ化決定!【不実なANAに花束を】:国内線の飲物有料化でもサービス拡充と言い張る全日空のセコイ体質>>
コメント
見た目は大事ですよね・・・。

SUZU様の

「見た目優等生のレッテルをうまいこと貼ってもらえれば
思った以上のメリットを得られることを
ホントにずるがしこい人間は知っているんだよ」

恐れ入ります。
この言葉をもーーーっと早くに知り、理解してれば、もーーーっと楽に生きる事できた・・・。
bianco #- 2010-02-20 (Sat) 15:13
対極にいるのが・・・
> 対極にいるのが石川遼くんですか

一番良い例は
海老蔵と婚約した小林某タレントとかじゃないっすか?

ほら、見た目だけでも優等生だと過大評価してくれるオトナが
一杯ですからねー、

現代の日本の一体何処で売ってるんだ?みたいな
絵に描いたような清楚なワンピース着て
海老蔵の両親と歩く姿はあっぱれといいたいですわ。
SUZU #- 2010-02-16 (Tue) 00:01
もったいない
自分のことで恐縮ですが、ふらふらしていた中3の時、このSUZUさまの記事とほぼ同意の内容を担任から指導され、人生の方向性がガラリと変わるような目の覚め方をしたので、だからこそ、彼の対応は甘かったのかなあと同情も含め思いますです。

世間の風評なんて根拠のない波のようなもの、でも使い方によっては恐ろしい高波にもなるので、彼が目指す大事な目標があるのならば風評を吹き飛ばすくらい自分の主義を突きとおす芯の強さか、世間をコントロールするテクニックがあればなぁと残念です。
世間がガタガタいうのも、中途半端な対応(謝罪)にあるのかなぁと思うのです。あの会見じゃこうなることは予想できたはず。もちろんサポートする陣営もバカ過ぎ。

彼は21歳。まだ若い。これをきっかけに何を思いどう変わるのか、それも彼が決めること。
せっかくの才能をもっともっと活かしてもらいたいなと思います。

つぼ #4A6q7cVk 2010-02-15 (Mon) 22:27
そんなことぐらいで
国母くんのバッシング、なんだかなぁと見ております。

私も「人は見た目がものをいう」派ではありますが、
最近流行りの子育てやら教育方法は
「個性を伸ばす」「自由に育てる」ではありませんでしたっけ?
世間は個性を伸ばすことを推奨しているのに、国母はバッシング?
まさか個性とか自由とかで子育てしてる人はバッシングなんて
できませんよね?、と思ってしまったのでした。


dstarさまの言葉
「君を注目しているのは出る杭は打たれ嫉妬をエナジーにしている 」

が染みました。世間のバッシングの後乗り感は薄気味悪いほどです。
JOCという存在がありながら、彼にオリンピックの出場自粛させるとか
意味がわかりません。

miyoさまの言葉
「『どんなカッコしててん』と
思いましたが、びっくりするほどじゃありませんでした。」

同感です。ニュースって悪意で作られるんですね。
CUBICS #K3pH7h.I 2010-02-15 (Mon) 19:13
対極にいるのが石川遼くんですか
通りすがり #kAdC4t8s 2010-02-15 (Mon) 16:15
当初の報道を聞いたときは『どんなカッコしててん』と
思いましたが、びっくりするほどじゃありませんでした。
インタビューに答える姿も最近の若者にありがちな態度で。
質問するほうも感じ悪くてしつこかったしなあ。

いずれにせよ、脇が甘いな、と
ちとかわいそうになりましたね・・・。
miyo #fdGsTRjY 2010-02-15 (Mon) 09:34
よい成績を得るために
国母選手がしなければいけなかったのは
競技前の準備を最大限することだったはずで
余計な記者会見やらバッシングを受ける苦痛は
大きなハンデになってしまいます。
ズボンをちょっと上げてネクタイをビッと締める
数秒の手間を惜しんだおかげでこの騒ぎとは
彼が気の毒であります。
というのもイキがりたい彼に
このSUZU様の記事のような智恵をさずけられるオトナがいなかったことを
悔やむからであります。
「君を注目しているのは出る杭は打たれ嫉妬をエナジーにしている
 我が日本民族なのである。世間は君よりずっと大きい。
 競技に集中したいなら雑音は最小限にとどめる努力をしろ。
 ほれズボン上げて」と言ってあげられるオトナがいないのは彼の不幸であります。
dstar #q54tDrQI 2010-02-14 (Sun) 10:56
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| TOP |
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]