結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

年末特集:「カツマーをぶった斬る」大人になっても担任の先生の許可や指導をうけないと動けない人たち

2009-12-22 Tue 15:30
昨晩実にタイムリーなんだが、
ついったー上で繰り広げられた経済評論家の勝間和代氏と
勝間氏信者間のやりとりがはからずも
あたしが分析した「カツマー」像を証明するという
状態になったモンで、
会員むけのPW記事より公開記事にして
広くアンチカツマーの方々に読んで頂きたく
本日公開記事としてこれをUPいたします。


まず、これを読む前に認識のすり合わせをしておかないと
話があさっての方向へいくと困るので
親切な私は先に「カツマー」とやらを説明することにする。

だって 読解力の無い 斜め読みするのが得意な読者に
あとからくどくど説明する事ほど非効率なことはないとおもってんので。

まあ、さきにこれを出しておくか。

格言すず01


「カツマー」とは

経済評論家の勝間和代氏
(この場合の「氏」はサッカーの中田氏の『氏』と一緒のニュアンス受け取ってね!っぷぷぷ)
が著書のなかで提唱する
時間の使い方や勉強法や手帳の書き方そして生き方までをも崇拝し
著書をバイブルと崇め、勝間氏のようになりたいと
生き方まで影響される熱狂的信者のことを指す。

尚、カツマーとは勝間氏本人を指してはいない。(SUZU調べ)


でちょっと脱線するけど
なんで「かつ【まー】」なんでしょうか?
安室を好きな人を「アムラー
しまむらすきなひとを「しまらー
なのになんで、「かつらー」ではなく「かつまー」?

素朴な疑問です。



じゃ、次すすみます。


===
最初に書いた
「昨晩ついったー上に見られた顕著なカツマー傾向」


詳細を書くと、22日(火)に行われるイベントに
勝間氏の著書「つながる力」を手に持ったり
つながる力 ツイッターは「つながり」の何を変えるのか?つながる力 ツイッターは「つながり」の何を変えるのか?
(2009/12/20)
勝間 和代広瀬 香美

商品詳細を見る



水色(ついったーカラー)を身につけたりして
イベントの行われる場所に集まろうという企画。

これを、ついったー上で勝間氏本人が号令をかけたわけです。

「水色の物を身につけて集まってね」って

で、この号令ともにおこった面白い現象をあたしは見逃しませんでした。
そう、勝間氏本人に許可を得る質問のRT(Reツイート)が
ついったー上に散見されるようになりました。


「参加できないので、この日だけついったーの壁紙を
水色にするとかいいですか?」

みたいな感じのReツイートに

勝間氏はいちいち丁寧に

「OKです!」
「素敵!」


とやさしーく返すわけです。

有名人なのに気取らずに優しい勝間氏



あたしだったら。


んなこたあ、自分で考えろこのボケが!

格言じぶんできめろ



と言いたくなるような質問ですが
勝間氏はあくまでも丁寧に

「OKです!」
「すてき」
「~も可」

とカツマーたちを煽り誉めまくります。


この キモチワルイ 応酬によりはからずも
私はここ数日してきた
カツマーとは一体どんな人たちなのか?
の分析結果の答え合わせをすることになるのです。

勝間氏はいわば学校の担任の先生のポジションの役割を担っており、
カツマー達は生徒役なのだと確信がもてました。


要するに「カツマー(勝間氏信者)」の大概は
指示待ち族の一種なのだ。と私は感じたのです。


「指示待ち族」というのは日本の学校教育において
故意に量産されたかわいそうな人々で
自分で判断したり責任を持って行動したりすることの出来ない人たちです。

教師が生徒を管理する上で、考えたり判断されたりするとこまるので
わざと、そういう事をさせないようにさせないように
管理する上で便利なように教育を施された人々です。

この手の被害者は長期にわたる「判断しない考えない」訓練を
受けて来ているので、
自分で思いついても担任の先生に許可をしてもらわないと
それが教師にとって都合がいいのか悪いのかを判断できません。

したがって学校を出て社会に放り出されても
身近に居る目上の人に常に許可を求め指示を仰いでからしか
行動ができなくなります。

大人として当然持っていないといけない
「自分で考え、判断し、責任を持って行動する。」
という基本的な能力が0に等しいのです。

自由になって首輪を外されてるのに
逃げることの無い犬のように
自由な思考で自分で物事が判断できる環境にもかかわらず
指示されたり許可が無いと動けないのです。

世の中には学校に居た時は担任の先生の指示を仰いでいれば楽だったのに
社会に出たら誰の指示で動けばいいのかわからなくなってしまった
この「管理教育の被害者」たちが宙ぶらりんになって
不安の中に大勢取り残されていたわけです。
で、そこに颯爽と登場したのが

大人になってからの「担任の先生」勝間和代氏だったわけ。


そりゃもう、皆、担任の先生に聞きたいこと
確認したいこと、許可貰いたいことがいっぱいあったわけです。
で、勝間大先生の著書にその答えを求めて群がると

これがあたしの分析したカツマーの傾向の一つです。


んで

勝間大先生は心が広くって
今流行の否定しないで褒めて育てる型の担任ですから
そりゃもう大人気です。

SUZUのように寄ってくる読者にむかって
「んなこたあ、自分で考えろボケが」とか罵倒したりしませんし

おとなでしょ


といって突き放すこともありません。


あくまでも勝間先生はやさしくやさしく
ホントに大事なことは教えずに
「考える」ことを放棄させるようにしむけます。

だって、自分で考えたり、判断したり、行動したりされちゃ
担任の先生は生徒の管理がめんどくさくなるからです。

考えることが苦手な生徒たちは
もう、勝間氏を救世主のように思うでしょう。

だって、自分で考えなくても
担任の先生が考えてくれた勉強法で資格を取る勉強をし
担任の先生が教えてくれる手帳のつけ方で自分の生活を管理し
担任の先生の指導の下、日々努力をすれば
きっと未来は開けると希望が持てるからです。


でも一番肝心なこと
「なぜ社会に放りだされて担任の先生が居なくなった途端
一時的に迷える子羊になってしまったのか?」

という答えをこの担任の先生がくれることは
たぶん一生ないでしょう。

なぜなら、「真実を知る」ことは
努力する意味を無くすことになるやもしれないからです。



「やれば出来る」

「努力することはすばらしい」

「失敗するのは努力不足」

「もっとがんばれ」


っていう担任の先生の持つ前提条件ってのは
ものすごく乱暴な論理です。

『生徒というものはみんな平等。
もちろん能力だって素質だって平等なんだから
結果というものは運や才能の結果ではなく
努力の結果なのであって
失敗するのは努力が足りない』


でも大人になって社会に出て見ると
実は現実は全て不平等の上に成り立ってる理不尽

例えばA君は有名大学を出てやっと就職できたので
育ててもらった恩がえしに母親に
なけなしの給料からお小遣いをあげようとしますが

うまれたときからおかねもち

の鳩山総理はママから未だにお小遣いを9億円貰ってたりします。

そして、大学のサークルで知り合ってつきあってた
B子ちゃんに結婚しようよとプロポーズしようと思いますが
B子ちゃんは偏差値の恐ろしく低い大学を出た
だけども家がお金持ちで親の仕事が議員だったりする
小泉進次郎君似のイケメンと結婚するわと去って行きました。

こんな風に

努力だけではどうにもならないことが
世の中にはあるのだと、大人になってから知る不幸。

一般人の通うような普通の学校では
人は生まれながらにして不平等なのだ
という一番大事な前提条件を
タブーにして蓋をして見せないようにしてきました。

実際学校でも自分の周りを見回せば、
「不平等である」というのは一目瞭然なのにです。
そんな情報統制された学校にいたって、ちょっと考えれば
『人は生まれつき持ってる能力てーのは不平等なんだ』って
気が付けるサンプルがクラスメートのなかに沢山あるのに
担任教師はそれがばれると生徒をがんばらせるとか努力をさせるということが
難しくなってしまうので、極力ほんとのことを教えないという
方向に走ります。


学校では先生たちが隠し通してきた。
「人というものは生まれ付いて不平等なんだ」
という重要な真実は社会に出てはじめて
白日の元に晒されてるわけです。

困ったことに「平等」ルールは学校の中だけの特殊ルールです。
社会ではそのルールは無かったことにされています。
努力だけではどうしようもないこともあるという
新ルールにさっさと適応できない真面目な一部は
不幸なことに自分で考える訓練もしていないので
奈落の底に突き落とされるように一気に迷える子羊になってしまうわけです。

カツマー(勝間氏の信者)たちの多くは
結局、社会に出ても新ルールにうまく適応できず
「努力すれば必ず報われるはず、成績が上がらないのは
あなたの努力がたりないからだ」という
昔、担任の先生が言っていた学校ルールを提唱してくれる人を
欲していたんだろうなと

生まれついての運不運や。能力や遺伝子レベルの特徴なとを
すべてすっとばして
平等の上に成り立つ努力の重要性を説くという手法


でもね。
一番気が付かなきゃいけないのは
勝間和代氏は大学からKOなわけではなく
下からKOなんですよ。


社会に出てから気付いてもロンダリング出来ない部分
実はこれを持ってるか持ってないかで人生だいぶ違ったりします。

これを持ってる人がする努力の意味と、
何も持ってないものがゼロからする努力は
質も量も全く違うという不公平さに
まず気づくことから始めたほうが良さそうです。


大事なのは己の立ち居地に早く気が付いて
自分はどうするべきか一刻も早く戦略を練り直すことなんですが
どうも、沢山の人たちがホントノコトに気が付くと
商売あがったりになっちゃう人が数多く居るようで
誰もホントの事を教えてはくれません。


だからあたしは言うのです。

まず自分で考えろと。


世の中は結局

こんじょうより

とっとと気づいて

ひとにたよるな
ってことです。


あたしがむかしから提唱してることのほうが
余程、役に立つと思うんだけど。
考える訓練を受けてこなかった人には
難しすぎるみたいですね。


関連記事

分類作業中 | トラックバック:0 | コメント:12 | top▲
<<「人と同じ事をしていても楽しい人生は送れない。」クリスマスイブにチキンとケーキを買うのに並び、年末に慌てて年賀状を書きながら大掃除をして銀行に行き、スーパーに買いだしに行くかわいそうな人たち。 | TOP | 明日アンチカツマーは水色のものを身につけて東京駅周辺をうろうろしない事>>
コメント
Re: タイトルなし
sadametaboさま
> 私は指示待ち族です
中略
> どうしたらよいのでしょうか。

どうしたよいのでしょうか?って私に聞かれても困りますけど。

1:信者(SUZUらー)になる。
2:入信して解脱を目指す。
3:経典(ブログ)をとにかく100回くらい読む
4:セミナーに参加
5:壷を買う


などがよろしいんじゃないでしょうか?

自分でどうすればいいのか考える能力が身に付けば
きっとどうすればいいかなんて悩みは無くなりますね。


SUZU #- 2010-04-22 (Thu) 14:14
私は指示待ち族です

43歳 メーカーの技術職です

毎日仕事がなく、PC画面をボーッと見ている日が続いています。
上司から仕事が来るのを待っています。
現場に行ってラインを見学するも、仕事のネタが見つかりません。
私には問題点を見つける目がないのです。
降格 減俸も経験しました。
これといった技能もないので、次はいよいよ解雇でしょう。
どうしたらよいのでしょうか。
sadametabo #R67eH1GM 2010-04-22 (Thu) 11:39
SUZUサマの素朴な疑問について
「~する人。もの」また、最近の日本語文化においては、「~に夢中になる人」
のような広い意味での接尾語としての「-erもしくは-or」
この形が、アムラーやシャネラー、シマラーの場合には偶然にも名詞の語末
が「ラ行」だったため、「ラー」になっていただけであり、法則的には

アタック → アタッカー
ウォッチ → ウォッチャー
ゲーム → ゲーマー

のように、あくまで語末の変化形なので、勝間の場合は、やはり「カツマー」
で正解なのかと。。。

本来は日本語にない筈の名詞の活用形が巷に溢れている今日この頃。
昨日は「丸ビルで真っ青カツマーに遭遇なう」とツイートはしませんでしたが
道行く人が妙に気になって(水色のマフラー着用者など…)
かなり挙動不審だったに違いない私です。。。
Candyheart #- 2009-12-23 (Wed) 17:23
本人が君臨したんですか?
いきなり、通信簿で5もらっちゃいましたね。SUZU様。
実は、留学生枠かなんかで勝手に生徒にされてるのでは?

プロフィールみると18くらいで会計士になってるようなので、子供のときから先生とよばれる職業についちゃってるんですね。

今度日本へ帰った時に勝間本チェックしてみますわ。
手帳本とモテ本がかなりミッシングリンクなんで、本屋のぞいてみますわ。ブーム終わってそうですけど。
みーにゃ #- 2009-12-23 (Wed) 16:19
おもしろかったです!
超面白くて、長文でしたが読めてしまいました。

個人的に、勝間氏のいうことは好きなのですが、勝間氏のいうことを真に受けて徹底的にまねしている「カツマー」や、「人生戦略手帳」なるものが出ていることには、非常に違和感を感じていました。

そう、勝間氏は「自立」を提唱しているにも関わらず、自分の生徒たちを管理しなければいけないのですよね。

「人生戦略手帳」を買うと、毎日サポートメールが届くらしいのですが、当初その内容が軽いものだったようで、mixiか何かで「もっと一日頑張ろうと思えるような内容にしてほしい」といった書き込みがされていました。

これをみて、勝間氏が提唱している「自立」と「カツマー」が求めていることがあまりにも矛盾しているのではないかと思いました。

勝間氏は、もっと「他人に依存するな」「自分で考えろ」といったことを、答えを求める「カツマー」に分からせるべきだと思いますね。
とおりすがり #- 2009-12-23 (Wed) 12:31
Re: 力作ありがとうございます。
みーにゃさま
> 今回のSUZU様の大作により勝間さん像がつかめました。

勝間氏のことは何も分析してませんがね


> こういう先生てさりげに生徒選ぶからなー。

小学生相手にムキになるタイプで生徒選ぶって
ダメな先生の典型例ですね、

さっそく夜にご本人があたしのついったーにやってきて
「センスいいですね、感動しました」と言って去っていきましたので
やはり小学校の先生気取りなんですね。
いっそ、小学校の先生になって日本の将来を担う子供たちの教育に従事されたほうが
あってるんじゃないかと思います。
SUZU #- 2009-12-23 (Wed) 12:00
力作ありがとうございます。
今回のSUZU様の大作により勝間さん像がつかめました。

勝間センシェーのクラスに柔道のやわらちゃんみたいな生徒いたら楽しそう。
たぶんクラスにいれてもらえないと思うけど。

こういう先生てさりげに生徒選ぶからなー。
みーにゃ #- 2009-12-23 (Wed) 11:29
Re: 要望
つぼさま
> SUZUさま格言集はいつ発売(?)でしょう?欲しいなぁ。。。

他に購入希望者が居れば考えないことも無いが。。。(MDHなので消極的)

やはり勝間氏を見習ってなんでもかんでも売らないといかんかね?

SUZU #- 2009-12-23 (Wed) 01:17
要望
再び失礼します。
(前コメントで書けばよかったのですが)

SUZUさま格言集はいつ発売(?)でしょう?欲しいなぁ。。。
つぼ #4A6q7cVk 2009-12-22 (Tue) 20:07
お待ちしてました!
年末特集、嬉しいです!

勝間氏自身、下からKOですが、もっと下からの生れながらのKOとの不平等さを昔から感じなかったわけないと思うんです。
SUZUさまがズバリと世の中のホントのことを明らかな前提としているのと対極に、そんなことは「なかったこと」として「やればできる」「努力第一」「自己研鑽」を叫ぶから嫌悪感を感じるんだなーとわかりました。
欺瞞のにほひがする。

でも大事なことは、それを感じる能力や直感。ただ言われるがままじゃなくて、自分で考えて騙されないこと。勝間氏がうんぬんよりも賢い大人であるべき、と思いを強くしました。

つぼ #4A6q7cVk 2009-12-22 (Tue) 20:05
待ってました!
渾身作、ありがとうございますー。

なんか新興宗教にも似た、勝間&カツマーズ(と勝手に名付ける)。
迷える子羊~の下りでますますその思い強くいたしました。

個人的には
1)的外れな向上心
2)実力に見合わないプライドの高さ
3)わかりやすい評価を好む

人たちの一群に見えて違和感を覚えていましたが
社会的に管理されやすい人たちやったんやなあ。
そう思うと結局搾取されるかわいそうな層な気がします。
これからはもっと温かく見守れそう??>なわけないか。

miyo #fdGsTRjY 2009-12-22 (Tue) 18:42
わかった
自分が漠然と勝間女史が嫌いなのは自覚してたのですが、
それよりも「カツマー」が嫌いだ、いっしょにされたくないということだったのかとよ~くわかりました。
勝間女史の本を手に取ったりするのがはばかられるのは
「勝間女史の本なんて絶対に読むものか!」というよりは
「世間からカツマーだと認識されたくない」という無意識な抵抗だったのでしょうか(笑)。
(自意識過剰とかいうツッコミはない方向性で)
CUBICS #K3pH7h.I 2009-12-22 (Tue) 18:17
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| TOP |
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]