結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

ロストバゲージ「マイケルムーア監督の荷物をなくしたのはホントにJALなのか?」

2009-12-07 Mon 16:00
映画「キャピタリズム~マネーは踊る~ 」のプロモーションで来日した
マイケルムーア監督の荷物がロスバゲ(荷物紛失)したらしい。

記者会見に機内でパジャマにしていたシャツで
出てくる羽目になったマイケルムーア監督は
リップサービスか何かのつもりで「J○Lのせいだ」といったとか。

それにとびついたのはマスコミ。
YAHOO!のネットのニュースの見出しに
わざとなのかなんなのかJALがマイケルムーア監督に荷物を
無くした!と掲載し続けた。

同じときにもっと重大な安全上のミスをANAが犯しており
厳重注意を受けたにも関わらず。
JALが荷物をなくした話題のほうを目に付くようにしてあったのは
かなり作為的だとおもうんだけどね。

さて、今日とりあげるのは

マスコミがわざと
ANAの777の酸素マスクが1年半もの間
降りてこない状態で飛行を続けてたニュースを
JALのロスバゲ問題で煙に巻こうとしたことではなく


『ロスバゲは何故おこるのか?ホントに航空会社のせいなのか?』


である。


答えは否

ロスバゲは航空会社のせいではない。

空港で荷物のハンドリングをしてる会社のせいなのだ
それが証拠に、ロスバゲの多い航空会社という言い方はしないのだ
沢山旅行してる人間には常識だが、
ロスバゲの多いワースト空港というのが存在する。

そう、ロスバゲは空港のハンドリング会社によって引き起こされるものであって
航空会社が引き起こすものではない。
ロスバゲの多い空港を使ってる全ての航空会社にリスクがあるといってよい

わかりやすい例を挙げれば
この間発表されたスカイトラックス社の
良い空港悪い空港ランキングで

ヘルシンキのヴァンター空港が
BEST BAGGAGE DELIVERYの1位に輝いている。

空港の機能として「荷物をきちんと積み替えることが出来る」
というのはこのスカイトラックス社の快適な空港ランキングの査定にも
審査対象として入っているように重要なことなのだ。

航空会社はこの荷物のハンドリングに関してはほとんど無力と言っていい。
それは空港と契約した会社がハンドリング業務を行っており
その会社を使ってるに過ぎないからだ。

よく、ロスバゲする確率ナンバーワンといわれる
LHR(ロンドンヒースロー空港)であるが
いくらみんなの大好きなANAを使おうともLHRを経由してしまえば
ロスバゲの確率は急上昇するのである。

まあ、情報を作為的に操作して流すことが得意なマスコミの手にかかれば
ANA機で車輪が出ずに胴体着陸しても
「ボンバルディア機が胴体着陸」と書くくらいですから、
ANA便で荷物がなくなってもその場合はきっと
「ヒースロー空港で荷物無くなる」と書くんだろうが。


さて。今回のマイケルムーア監督の事例を検証してみる事にする。
マイケルムーア監督は確かに
シカゴからJALのファーストクラスで成田に来ている。


これがもしダイレクト便であれば
シカゴで乗せ忘れたということになるから
シカゴの空港の荷物ハンドリング会社が
JALが持ってる独自の会社がやってるとは考え難いので
JALのせいではないことは簡単にわかる。

で、調べてみるとマイケルムーア監督は今回の来日では
『乗り継ぎ』をしているらしいことがわかった。

  地元の空港(アメリカのどこかローカル空港であろう)
    ↓
  シカゴ国際空港
    ↓
  成田空港



とやってきたらしい。

で、成田に荷物が届かなかったということは

地元の空港で積み忘れたか
シカゴ空港までは荷物は来たが、シカゴ空港のハンドリング会社が無能で
JAL便に載せ替える作業が出来なかった。

ということになる。

実際2日後に荷物は成田に来たらしいので
JALが荷物を無くした訳ではなく、
地元のローカル空港のハンドリングが悪かったか
シカゴのローカル空港のハンドリンが悪かったかのどちらかである。

マイケルムーア監督は、今日本ではやってるJAL批判にのっかって
わざとおもしろくするために「私の荷物を無くしたのは
最初がJで最後がLでおわる航空会社だ」と言っただけなんだろうけど

「シッコ Sicko 」で自国の医療問題に切り込んだ映画をとったり、
アメリカ経済の問題に言及した『キャピタリズム~マネーは踊る~』
を撮ったりしてるんだから
是非、今回の「ロスバゲ」経験をきっかけにこの問題に切り込んで
いかにアメリカの空港のハンドリングが無能であるかを暴く
質の良いドキュメンタリー映画でも撮って欲しい。

ついでにTSA(Transportation Security Administration)の
セキュリティチェックがテロ抑制の大義名分のもと
乗客の荷物をガンガン盗んで転売して儲けてるとかいう問題も
入れ込んでくれるといいな。

テロに絡んだセキュリティチェック方法の変更で
乗客は本当に不便な思いをしてるのである。

というわけで
マイケルムーア監督の次回作は是非ロスバゲをテーマに!

題名は「華氏911(Fahrenheit 9/11)」 にちなんで
「華氏マイナス58」でおねがいしますね。
(飛行機が飛行する高度1万メートルの温度)
関連記事

分類作業中 | トラックバック:0 | コメント:5 | top▲
<<視聴者をしらけさせるTV局の過剰な法令遵守アピール | TOP | 今週気になった芸能ニュースなどなど>>
コメント
TSAロック
アメリカのTSAロック、一般人からの盗難は防ぐ事が出来てもTSAのスタッフがカギを持っていてあける権限も持っているとなると、もう防ぎようが無いですよね、TSAロックを開けるカギなんか既にスペアがガンガン出回ってるでしょうし。アメリカ方面への渡航の際は貴重品は全て持って乗るしかないですね、盗まれる人気商品はipod、デジカメ、DVD、貴金属ブランド物の小さいバッグなどなどだそうです。盗まれやすい品ランキングみたいにデータとなってるってどうよとおもいますが、それだけ盗まれるんでしょう。足が付かずに転売できそうなものが人気らしいです。有名セレブの宝石入り時計が盗まれたりして明るみに出てましたが、TSAのセキュリティスタッフが取りたい放題旅客の荷物をくすねてるそうです。DVDやCDは盗みやすく転売しやすいアイテムだそうなんで、DVDを買って来る際にはケースだけチェックイン、中身はDVD専用ファイルみたいなのにまとめて手持ちで入ります。盗んでも中身は無いというトラップを仕掛けて楽しんでます。他のものも短時間で何かわかると盗られるのでいろいろ対策をしてます。盗まれる前提でパッキングしないといかんのですよ。
SUZU #- 2009-12-08 (Tue) 19:19
そうか~。
でもよく考えたらそうですよねえ。

折りしも
ヘルシンキのヴァンター空港が
最近(今もなのかしらん)
ストでラゲージがことごとく届かなかったと友人談。
BEST BAGGAGE DELIVERYでも
ストは伏兵でどうしようもないですねえ。

しかし、前から怪しい怪しいと思ってましたが、
TSAロックになってからこっち
さらに荷物を盗まれやすくなってるんでしょうか
(若かりし頃、バカな私はカメラを預けてしまい
しっかり盗まれた経験あり)。
まあ、たいしたもんは預けないんですが
勝手に開けられてると思うだけで気持ち悪いです。

miyo #fdGsTRjY 2009-12-08 (Tue) 18:53
一昔前なら
JAL神話現役だった10年くらい前までは、アメリカ旅行(ハワイ含む)に行くとき、そのころ安かった(今も?)米系を利用し、ロスバゲなど不快な目にあった人は
「だからUAが安いんだ」「ノースワーストとはよく言ったものだ」
そして最後に「もう乗らない」と締めくくる人が多数でした(遠い目)。
が、あの頃よりもはるかに航空券が手頃になった今も、
そして有名な(?)映画監督でさえ、責任がどこにあるかを把握していないということは、航空業界というのは一般の人によほど理解不能でわかりにくい秘密主義な業界なんでしょうか?
(ってそんなわけないと思うんだけど?)

叶姉は……
http://www.cyzowoman.com/2009/04/post_482.html
によると、作家が書いているという話もありますが、それなら事実がよくわかっていない理由も、なんだか納得できるような気もします。

それにしてもTSAロックってほんとのところどれだけ安全なんでしょう?
わが家のスーツケースは開けられると評判のTSA2なので、防犯としての機能は役に立たないと思っています。
CUBICS #K3pH7h.I 2009-12-08 (Tue) 17:28
Re: 叶姉妹も
つぼさま

> 私はマイケルムーア監督の発言を知ったのは、叶姉妹のこのblogの記事が最初だったのですが。
> http://ameblo.jp/kanosisters/entry-10401671158.html
>
> 今、読み返すと叶姉妹も思い切り間違えてます!航空会社のミスと書いてます。

叶姉妹のブログをざっと見ましたが
読めば答えは書いてありますね~

すべてイタリアがらみで起きた事例ですね。
イタリアの空港で盗難やロスバゲが起きたってことでよね。
カギを壊されて中身の盗難にあってるなんて、
見るからにファーストクラスタグの付いた高級そうな荷物だから
狙い撃ちされた感じですけど。
自分で書いててわからないなんて、面白い姉妹ですね。

成田空港では麻薬犬の訓練のために
勝手に麻薬を入れられてしまうかもしれませんが
カギを壊すような盗難は起きないと思いますよ。

で、JAL便名がついているコードシェア便でアリタリアが実際の運行をしてるのに
「JALが」というのも、マークが読めないのか字が読めないのか、
イタリア人と日本人の区別も付かないのか不思議な人たちですね。
(JALを庇う気は更々無いんですが、)

イタリアから帰国する際にアリタリアを使ったら荷物無くなったって言うのに
わざわざJALって書くのも変な話です。何が悪いか、誰が悪いかそりゃ、イタリアの空港の治安が悪いんです。

「JALってサービス悪いよね、荷物も無くすし、」って
なんか一億総JALって悪いよねと言いたい病なんでしょうか?
いじめの構造そのものですね、自分もJALがダメだといわないと
いけない雰囲気だからいっとくかーみたいな。

大事なのはそういうことじゃなくて、例えばロスバゲや盗難にあったら
良く考えてどう行動するべきなのかシステムを研究するとかしたほうが
建設的で前向きな生き方だと思います。
SUZU #- 2009-12-07 (Mon) 22:06
叶姉妹も
私はマイケルムーア監督の発言を知ったのは、叶姉妹のこのblogの記事が最初だったのですが。
http://ameblo.jp/kanosisters/entry-10401671158.html

今、読み返すと叶姉妹も思い切り間違えてます!航空会社のミスと書いてます。
叶姉妹も知らなかったのか・・・有名人の発言だけにますます勘違いする人が増えますね。
私は今回も教えていただいて幸運でした。ありがとうございます。
つぼ #4A6q7cVk 2009-12-07 (Mon) 21:10
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| TOP |
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]