結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

ジャージ(スウェット)で飛行機に乗るようなだらしない人間にはなりたくないなあ。

2009-08-10 Mon 04:00

飛行機のドレスコードに関するお話し。













最新版はこちらです。





















009


最近なんだかすごく嫌なことの一つは
年に一回ハワイに行くか行かないかくらいな
渡航歴しかないくせに、
「旅慣れてる」気取りの人たちが
やたらめったら

「機内では楽な服装がいいので」と
ジャージ(もしくはスウェット上下)で飛行機に乗る事を
さも旅慣れてる風にアピールすることだ。

こういう種別の人たちは
新橋の駅や品川駅からは
ジャージ(もしくはスウェット)で山手線になんか死んでも乗らないくせに

飛行機にはジャージ(スウェット)で乗ると
ブログなどでやたら自慢げに
その写真を載せたりしてる。

機内でハーゲンダッツが出ることを喜ぶ人がいることも
普段ハーゲンダッツを食べないのかな?とても不思議なんだけど、

ジャージ(スウェット)で飛行機に乗ることを自慢げにブログに書く人も
非常に不思議である。

飛行機搭乗時の不思議な二大自慢

ハーゲンダッツとラフな服装

あれはなんなのだ?
自慢になってないし


公共の乗り物に乗る際に
ジャージ(スウェット)姿で乗り込むって
それで乗りなれたセレブ気取りって
すっごく痛いというか
はずかしいとかおもわないのかなと

そのままのカッコで入国審査とか受けるわけでしょ。

どんなマナーで生きてきたのかと
ふとおもってしまった。
だらしない服装で外を歩いてはいけないと
教育の機会がなかったのかしら?
そして周りも注意してくれない層なのかしら?と。

スポーツクラブでもない空港やで体操着もどきで歩き回ったり
飛行機に乗り込む際の格好がジャージやスウェットって
あまりにもカジュアルすぎるとおもうんだけど。

そういう公共での身だしなみみたいなものを
誰からも指摘されずに来たのかな。


ハリウッドセレブが自家用ジェットで来る時に
ジャージやパジャマもどきな姿ってのは「有り」なような気がしないでもないが
ジャージやスウェット姿で降り立ったリアルセレブは見たこと無いわなー。


せめて電車に乗るときくらいの身だしなみレベルは
整えて飛行機に乗って欲しいとおもうあたし。

ジャージ(スウェット)姿でうろうろって
さすがにカッコ悪いと思うんだけど。
それがどんなにおしゃれなジューシーのであったとしても
パジャマにしか見えないし
公共の交通機関である飛行機に乗るのには
ふさわしいとは思えない。
(機内で寝るときだけパジャマとして着替えるかならわかる)


空港を歩き回るとか入国審査を受ける格好じゃないと
おもうんだよね、

どうしても、飛行機の中でパジャマみたいな格好に
着替えたいんならラバトリーの中で
着替えれば良いんじゃないか。
で、到着1時間くらい前にまた普通の洋服に
着替えればよいのだ。
そもそもハワイ程度のごく短いフライトタイムで着替える必要も
ないとおもうが。

旅の恥はかき捨てと昔から言われてるが
ジャージやスウェットのほぼパジャマ?みたいな
格好じゃさすがに恥もかきすてられないとおもうけど。

エコノミーでジャケット羽織れとは言わないが
せめて山手線に乗るくらいの格好はしましょうよ。
(ビジネス/ファーストは悪いこと言わないから
ジャケットくらい着ましょうね)


旅慣れてるというのはいかにパジャマっぽい格好で
くつろぐげるかではなく。その都度
TPOにあわせた格好が出来ることだとおもう。


どうでもいい格好をしてると
どうでもよく扱われるからね。
これは覚えといて損はないです。



飛行機のドレスコードに関するお話し。


最新版はこちらです。












関連記事

飛行機ファーストクラス、ビジネスクラスの使い方 | top▲
| TOP |
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]