結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

わかってない大前研一「サービスって何だ?」

2006-08-30 Wed 20:18
サービスの花道―特集好きなサービス嫌いなサービス サービスの花道―特集好きなサービス嫌いなサービス
(2006/07)
講談社

この商品の詳細を見る


本屋で、こんな本を見つけた。
大前研一っつー人が
偉そうにとんでもなく的外れな
話をしてるんで(書いてる?)

お約束どおり突っ込ませてもらう。


JALとオークラがダメな理由

って表題なんだけどさ(画像でも見えるよね)

なんでもSS(スーパーシート)が無くなったJALで
たった1000円足せば乗れるような
たいしたことない『クラスJ』にて
ずーずしくも上着を預かってもらおうとした大前君を
JALのCAがきちんと対応しなかったと

だからJALはダメだとさ。


はあ?
(まちゃまちゃ口調で読んでね)


大前君既にボケはじめたか?

普通席からたった1000円足しただけの
「クラスJ」っていうものは
どないなサービスなのか?って
想像力に乏しく、そしてまた
経済観念の無い大前君の頭のほうが
ダメだとおもうんだけど。

普通さあ、
1000円しか追加しなくていい飛行機の座席の
サービスなんてスペースが少し広いくらいかなって
考えないか?

それを、
スーパーシートのサービスから変わった事を知らなかった
大前君の上着を説明もなしに預かろうとしなかった
云々かんぬん・・・・

気が利かないのはどっちだよ。


あのねえ、スーパーシートって
5000円ぐらい高かったのね、かつて

それがさあ、
1000円でクラスJみたいになった時点で
サービス減るんだねって
普通の知能指数だったら想像できるんだけど
中学校知能指数が216だった大前君には
わからなかったのか~

もしかして私って大前君より頭いいのか???(爆)
んなわけない。

まず、普通さあ、1000円しか足さなくて良くなった
席のサービスなんて全部なくなっちゃったんだろうな
って想像しないか?

5000円だった時より1000円のときのほうが
サービスがよくなるなんてありえないんだから
1000円足せば良くなった時点で

サービスは減ったんだなと認識して欲しい。



で、彼の勘違い持論はどんどんこの記事で展開される。


JALはノースウエスト航空化してるとさ

で、
『ノースワースト』だって


何時の時代の話だよ!
ノースワースト。

とんと聞かないぜ。

ノースワースト(ぷっ)



ぎゃははは。
大爆笑。



んでもってさ


ノースウエストのファーストクラスに乗ったら
水がたれてきて、服が濡れたと
しかし乗務員は私はメンテの人間ではないのでとの答え
イヤだったら席移ればという態度でけしからん


っていうか、

大前君、何がして欲しいの??

かしずいて「どうも申し訳ございません」って
服の水を謝りながら拭いて欲しいわけ?

わけわからん、

アメリカにいたことある人の
発言とは思えないわ。


ほんで諦めてねることにした大前君
枕が無くて、乗務員に枕は?って聞いたら
「あなたが探しても無いんだから無いんじゃない?」って
言われたとか・・・


いかにもアメリカ人が言いそうな台詞だと
私は感じたんだけど。
大前君は怒っちゃうんですね。

怒ってどうするねん。


枕を持ってきてもらいたかったら
それなりのテクニックがいるだろう
というのが
私の持論ですが。

アメリカで人を動かそうと思ったら
ある程度こっちもいろいろ頭を使わないといけない
要するに要求を通すにはテクがいるんだけどさ

大前君ってばMITで博士号取得してるのに
そういうテクニックは身につけられなかったのか。

アメリカで博士号手に入れるよりもファーストクラスで
枕を持ってきてもらえるテクを
身につけたほうが良いんじゃ??(爆)

っていうか。

大前君話古いよ。

ノースウエスト航空って国際線で
ファーストクラスが無くなって既に6年以上
経ってる筈なんだけどな

そんな昔の話引っ張り出して。
JALがNW化っていっても
6年以上前のNW化って言わないと
整合性取れんでしょう・・・


んでもって、
どんどん、勘違いエスカレートする大前君の記事

なんでもホテルのドアマンにプロが居なくなったのは嘆かわしい
と大前君は怒ります。

今までは(有名人な)大前君を覚えててくれて
トクベツ扱いしてくれてたドアマンが
なんだか居なくなったか辞めちゃったかで、

大前君が友人を迎えにそのホテルに行って
車を玄関前に停めようとしたら
若いドアマンが「車を停めるなら駐車場へ」
と至極真っ当な説明をした事に腹を立て

大前君が
「友人をピックアップするだけだから
玄関前で車預かって」
と言ったら

そのドアマンが
「バレーパーキングは1500円です」って言われたと

それが、気が利かなくて大層けしからん!のですって


はあ

(まちゃまちゃ口調で読んでね!)



ちょっと大前君さあ、
マジで恥ずかしくないですか?こういう発言して。
サービスとトクベツ扱いすることは違うんですってこと
解ってる???

あのねえ、友人が居るから玄関前に車を止めさせろ
なーんて要求はサービスではなくて
『トクベツ扱い』なわけ。

そんな人全員
いちいち玄関前に車をテキトーに止めさせてたらさ
オペレーション出来ないでしょう。

淡島ホテルの玄関や
ウィンザー洞爺の玄関前に
車をちょっと停めさせてもらうのと
東京のど真ん中の超有名ホテルの玄関に
車を停めさせてもらうのとは
訳違うでしょう。


携帯電話もあるんだから、
ちょっとだけ停止して
友人を呼び出してピックアップしたら
いいだけの話ではないの?

それが
昔は気の効くドアマンが居たのに
今は「バレーは1500円だ」なんていう
けしからん!って

話の筋通ってないよ。

爆笑って言うか
恥ずかしい人だな。


そのホテルの常連になって初めて
ホテルスタッフに周知されて
玄関前に乗り捨てることが出来るんじゃねーの

たったひとりドアマンを知ってるだけで
融通してもらってたことが
その人が辞めて出来なくなったからって
文句言うのは筋違いでは?

それはサービスとは言わないんですよ、
大前君。

単にエコヒイキされてたんです。




私は有名人ではないが
某ホテルでは今まで会ったこと無い
ドアマンに(毎回違うけど)
車で乗り付ければ
名前呼ばれて挨拶されますけど。

初対面のレストランマネージャーに
どうやってわかったんだか?
名前呼ばれて挨拶されますが。
(スタッフに写真まわってる?)

これは特別なサービスではなく
常連へ粗相の無い様に
ホテル側が情報の共有をしてるってことでしょう。

で、
その情報を共有してもらえるだけ
そのホテルにお金落としてるってこと

経済のルールから考えたら
お金使ってくれる客にサービスするのは
至極真っ当な話であり。

ただ知り合いだから融通してもらってたとか
有名人だから特別に扱ってもらえるってのとは
サービスとは全く違うんだよ。

っていうか

こんな本に偉そうにわかった風なことを
恥ずかしげも無く堂々と言える大前君って
やっぱ大物だねえ。

中学の時にIQ216だった人はやっぱ違うね。

Wikiの大前君に関する情報


っていうか

サービスに関する的外れな
意見は聞いててほんと不愉快になる


サービスに云々文句つける前に
客として5つ星な客になることのほうが
先決ではないか。

サービスする側も人間だし
いいサービスを受けるべき人になることが
先決だとおもうんだよね。

どうも
サービスに対する文句の多い人って
自分がサービスされるマナーをわきまえてない人が
圧倒的なんだもん。


人としてちゃんとしてれば
サービスする側もちゃんとしてくれまっせ。



私が酷いサービスを受けてしまうのは
単に吸引癖があるからであって
サービスを受ける側の人間としては
真っ当に対応してますが 何か?
まあ、踏んではいけない地雷を踏んだ
ホテルやエアラインは数知れずですがねえ。



関連記事

分類作業中 | top▲
| TOP |
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]