結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

荒川静香の金メダルより気になったもの

2006-02-24 Fri 19:00
女子フィギュアで荒川静香が金メダル獲ったね。
いや目出度い。

オリンピックで金メダルを取ることが目出度いのではなく
実力の上に運が味方してくれて
ちゃんとした結果の上でメダルが取れたからこそ目出度いのだ。


ソルトレイクで金メダルとったサラヒューズなんか
努力したというより、なんか棚ボタのようだったし。

伊藤みどりの金をひょいっとかっさらった
クリスティヤマグチもなんか
実際はどうだか知らんが努力根性って
雰囲気しなかったもんな。

「あら、とれちゃったわ」 みたいな


どっかの五輪でいきなり金取っちゃった
岩崎恭子みたいな感じだったわさ。


荒川の演技の技術力だの、村主の構成や技術力が
今一歩だの。ミキティの四回転挑戦だの
そんなことは誰でも書けるので
私が書く必要もないだろう、
だいたいアタシ、素人だしね。


だから違う視点でひとつだけ。
とっても気になったことを。


メダルが確定するまで待ってる荒川静香が
写っていたのだが、そのベンチの隣に
二個置かれていたエルメスの安物リュック(爆)
エールバックサックアド
オレンジバージョンである。
(ネットで検索してみると解りやすいと思う。)

最初は荒川のバッグか?
と思ったんだけど、
なんとなく違うような感じ。


その隣に、ずんぐりむっくりの
あの日本スケート連盟の強化部長の
姿&スタッフの姿を見てははーんと謎が解けた。


ずんぐりむっくり強化部長は
ユニフォームなんだか、ブレザーに
タートルネックのセーターを着てるのだが
まだ折り目のついたエルメスのスカーフを
していたのだ。

で、驚いたことにその後ろに控える
同じようなブレザー(ユニフォームなのか?)を着た
女性二名がまたもや
ブレザー×タートル×エルメススカーフという
とてつもなく時代遅れな格好で画面に映っている。

どうもこの人たちの持ち物らしい。
お揃いの二個のエルメスの安物リュック。

で、結局最後に金が確定し荒川と抱き合う
ブレザー×タートル×エルメススカーフ
女性陣の背中にはオレンジの安物リュックが
輝いておった。


イタリアで舞い上がって日本スケート連盟メンバーで
エルメスに買い物に行き。
ブレザーにエルメススカーフがいいんじゃない?とか言って
皆できゃーきゃー言いながら買ったんだよきっと
とか想像してしまった
いとはずかし。

んでもってエルメス店頭にあるのは
布製の安物リュックぐらいだからさ
それをオソロイで買ったのだろう。

で、意気揚々と試合会場にしょってきたんだろう。


なんか荒川の金メダルが
一気に俗っぽくなった瞬間だった。
金にまみれたIOCとか
日本スケート連盟のダークな話とか
いろいろ言われてるけど
なんかすごく象徴的なシーンだったな

荒川静香の見事な演技を
汚されたような後味の悪さが残った。


ブランド物を持ってテレビに写ってはいけない
とかそんな話ではないのだ。

オリンピックを仕事として行って
自由時間にショッピングを楽しんではいけないという
そういうことでもない。


ただただ、日本スケート連盟の
脇の甘さを図らずも見てしまうことになった
後味の悪さを感じた
タダそれだけなんだけど。

荒川静香選手に文句は無い。


コーウェンと、スルツカヤが調子が悪くて
転んだりしたから
取れた金だなんていいませんから。

あ、言ってるか。



まあ、結果が全てだ。
金を取ったのは事実だし、
胸を張って帰ってきてくれ
って私に言われなくても胸はって
帰ってくると思うが。


ちなみに私が一番楽しみにしてるのは
メダリストたちのエキシビションだよん。
関連記事

「芸能」 | top▲
| TOP |
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]