結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

東横インより悪質なのは。。。

2006-02-03 Fri 00:00
障害者団体から抗議を受けたビジネスホテル
東横イン。

だけど、
正直な話、東横インのような経費削減で締め付けの厳しい中
出張するサラリーマン達の利用がほとんどの
「ビジネスホテル」に障害者専用施設が
本当に必要なのかかなり疑問だ。


別に「東横イン」の肩を持っているわけではない


ビジネスホテルのことを批判する前に
公共交通機関のバリアフリーがなってない事を
糾弾するほうが先なのではないか?

公共交通機関の施設の完全バリアフリー化のほうが
障害者にとって切実なる願いだと思う。


障害者がビジホに泊まるシチュエーションが
公共交通機関を使用する頻度とあわせて考えたら
頻度が高いかって話だ、
建前とかそんなくだらないものに私は興味が無い。
プライオリティの問題だ。


公共交通機関の施設のお粗末さを見たら、
ビジネスホテルの障害者対応が粗末でも
当たり前のような気がする。


私はよく転んで足をくじいたりし
ひどい時は松葉杖にお世話になるほど
の経験もあるが

足捻挫しただけで
電車やバスを使うことを諦めざるを得ないほど
都心の公共交通機関のバリアフリー度の低さといったらないもんな

エスカレーターは上りにしかないし、
(足が悪い時は昇りより、くだりのほうが
辛いんだよ、階段)

エレベーターの位置は駅のホームの端っこで
そこまで歩くことの困難な場合は
どうするんだといいたい。

ひどい駅だと
かなり大きなJRの駅なのに
エスカレーターもエレベータも
つい最近まで設置して無い駅もあった。


障害者団体も利用するパーセンテージの低い
東横インに抗議するより、
JRや東京メトロを抗議したほうが
ずっと賛同が得られるとおもうんだけど。


ビジネスホテル
どっちが障害者設備を充実させておかねばならんかと言うと
どう考えてもだろう。


公共交通機関のお粗末さを棚に挙げて
単なるビジネスホテルの「東横イン」を
ここぞとばかりマスゴミが
叩くのもなんか違うだろうと思う。

ビジネスホテルに障害者施設を強制的に
作らせることのほうが

「超偽善的行為」だと思うんだけど。

偽善的行為より
がほしいよ、

ビジネスホテルが障害者に優しくなるよりも前に
駅やホームのバリアフリー化を切に望む。
自由に公共交通機関で障害者がストレスなく出ることが出来て
はじめてホテルの利用っていう形になるんだから。

出る手段が妨害されてる今、
ビジネスホテルに障害者が泊まることがほとんどないって
当たり前だよ。

まずは、公共交通機関
駅の歩道橋、店の入り口
こういうものを地方自治体がちゃんとひっぱって
整備してこそ、
東横インへの指導に説得力が増すのではないか?

なんかとにかく順番が間違ってるとおもうんだよね
関連記事

分類作業中 | top▲
| TOP |
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]