結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

クレームの達人

2006-01-30 Mon 00:00
この日記の上辺だけをしか読んでない
読解力と言うの名の洞察力の無い方は
きっと私がギャーギャー文句を言うクレーマーだと
勘違いしてる人が多いと思う。

ところがどっこい、

リアルな私と行動を共にすると良くわかると思うんだけど
私は決してホテルや航空会社のスタッフを怒鳴ったり
脅したり、ましてやヒステリーを起こしたり
そういう「エレガントじゃない行為」つーものを
一切しない。

「責任者出せ!」っていうのはよくやるけど
決して、その人を叱り付けたりはしないのだ。

意外?(笑)


というか、
本来何が目的なのかを見失うと
物事の最終的な結果と言うものを
享受できない場合が多々ある。

その原理を知っていれば
スタッフを怒ったりしても仕方が無いということは
自然にわかるはずだ。

空港なんかで欠航した飛行機会社のスタッフに
罵声を浴びせたりしてるのを見ると
馬鹿だなあ。。。。と思う。


航空会社の職員なんかは言葉は悪いけど
旨く使えば、本当に親身になって
解決してくれようとするいい人たちが
本当に多いのに・・・


人を使うって事が出来ない客が
多すぎっていうか
やっぱ多くの客は頭悪いんだよね。


スタッフを怒鳴ることが目的なのか
自分の要求を通すことが目的なのか
きちんと見極めないといけない。

最終的には怒鳴らなくても自分要求さえ通ったら
いいんじゃないの?

相手も人間だし、ただガミガミ怒ってるお客の言う事と
丁寧にものを頼んでるお客の言う事
どっちを聞いてあげようかな~って
順位をつけるのは当然だと思わんか?


どうせ、お願い事(要求)をするなら
気持ちよくやってもらったほうがいいではないか

怒ったり怒鳴ったりしては
解決するものも解決しないぞよ。


よく、航空会社やホテルのスタッフを
怒鳴ってやったとかきつく怒ってやったとか
そう言うことを自慢してるオバカサンがいるけど
恥ずかしいよね~
お里が知れるつーか

そのうえ、偉い人が謝ってきたという事を
自慢するのもかなりダサい。

企業にはただ謝る専門の人も雇われているんだよ(笑)

そんな人に謝らせることが
その人の満足につながるって言うのは
なんかその人本人が病んでるつーか
ねじれすぎだ。


逆に普段の生活があまりにも不幸なんだろうか
いい思いをしてないんではないかと
勘ぐってしまう。


飛行機乗って偉そうにしてる人、
ホテルでえらそうにしてる人をみると
ほんと情けねーなと思う。


スタッフにはやさしく接する
制度は憎んでも人は憎まない

こういうスタンスで接すると
いろんなものが手に入りまっせ


航空会社のスタッフやホテルのスタッフを
思い通りに動かす呪文(爆)があるんだけど
それは言うとあたしが死んでしまうので
ナイショ。

ってアタシは別に一夫多妻制をやってるわけじゃないけど。


人を動かそうと思ったら
基本的なことを学ばないとだめっす。


勉強しましょう。
関連記事

分類作業中 | top▲
| TOP |
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]