結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

年越し教のひとたち

2005-12-25 Sun 17:14
女優(?)の川島なお美が深夜番組で
パートナーとして重要なのは
「何が好きかではなく、何が嫌いかが一緒のほうがいい」
話していたが、本当にそう思う。


あたくし、小さいころから日本の年末年始が大嫌いだった。
別に12月31日と1月1日って9月21日と9月22日の変わり目と
同じなくせに、
みんなが騒ぎすぎる。

年が越せない、とかいう台詞
馬鹿みたいだと思っていた

師走は忙しい、って
別に、忙しくしてるのは自分たちではないのか?

大掃除を12月にしかできない理由はないし、
ごみ捨てだって日ごろ整理しておけばいい話。

ほんと
「年越し教」の信者たちの馬鹿っぷりに
あきあきしていたのだ。

出来ればこの年末のあわただしさを
絶対に感じたくなかった私は
幼い時期から年末年始は日本に居たくなかった。

でも、むちゃくちゃ伝統大好きな母のせいで
お正月は日本で過ごすことを義務付けられ
なおかつ、元旦は正装して
なんと「今年の抱負」を父に述べなければならない
新年の正式なご挨拶をしないとならん
変な家庭だったので(ただの庶民なんですけど)
ほんとにこの儀式ばった年末年始が大嫌いで
たまらんかったのだ。

パートナーとなったうちの相方も
この年越し教の人たちがヒステリックになる時期が
ものすごく大嫌いだったので
年末年始を日本で過ごさないという暗黙のルールは
私たちの間で常識となった。

あーよかった。
パートナー選びもほんと重要
何が嫌いかが一緒でないと
長く続きません。


私たちコンビは嫌いなものも好きなものも大体一緒
年越し教の信者達が大嫌いなところも一緒で
本当によかったよ。

あとは日本の意味不明なクリスマスも嫌い


なんで恋人がいない馬鹿女子どもが
ああ、きーきー騒ぐのかわからん

私は女同士クリスマスがどーのこーのと
たわけたことを言ってるやつらに言いたい
「儀式のように『クリスマスに彼氏と一緒にすごしたい』とか
あほなこと言ってからモテねーんだよ。」と

もっとなんていうのかな
気高く生きてくれよ。
と思う。

ぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃ
クリスマスは男と過ごしたい なんて
不純なことおもってっから
男にもてねーんだよ。と

私のサンプリングによると
オトコオトコオトコと
そゆことばっかり考えてるやつって
ホント、殿方から好かれないのよね~
やはり男どもは正直だわ。

結婚したい結婚したいというやつに限って
相手が見つからないのと一緒?

私は一生結婚も入籍もしないって決めてたのに
勝手に相方が向こうからやってきた(爆)
まあ物ほしそう にしてる女のところには
男なんて来ないんだなっていう話。

って年越し教の信者とクリスマスを誰かと過ごしたい
物欲し女達が大嫌いな私は
この時期日本を脱出するのでした。

というわけで海外某所から
SUZUがお伝えしました。





ところで
X'masってXのあとに 『』 を入れるの間違いだって
知ってました?

へえ~~~ってトリビアだっけ?番組でやってました
あたし知らなくていままでX'masって書いてたよ
ちょーハズカシイ。
関連記事

分類作業中 | top▲
| TOP |
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]