結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

保護者の責任って

2003-09-19 Fri 00:00

痛ましい事故ではある。
電車にはねられ、小1女児が死亡

ネットのニュースの情報に寄ると
銀座にある某公立小学校に越境している小1女児が
落し物を拾おうとして(?)線路に下りて
ホームに這い上がろうとしたところに時速70キロで
入って来た電車にはねられたそうだ。

うーん

亡くなった女児はかわいそうだと思うが
もし本当に落し物を拾おうと線路に下りたのなら
それはそれで、保護者はちゃんと教育してたんか?と
疑問をもたざるを得ない。

私は幼稚園までは母親に車で送り迎えをしてもらっていたが
小学校には電車通学だった。
(私の場合は越境入学ではなく単に受験して受かった学校が
電車でしかいかれなかったから)

入学式で、制服を着て初めて母と電車で登校した日から
口うるさいほど母に電車の乗り方などを躾られたが
電車の白線より向こうには何があろうとも出てはいけないとか
(もちろん電車に乗るとき以外ね)
ホームは走っていけないとか、
最初の10日ほどは保護者が学校に送り迎えすることが義務付けられ
その間に電車の乗り方の徹底的に仕込まれた。
ドアのサイドに立ってはいけないとかね
それはそれは細かく指導されたもんだよ。

学校でも電車に関しての注意事項はきつく決められていた。
車両をわたることすら、我が小学校では禁じられていたほどだ

制服には帽子があったから、もし線路に落ちたら
駅員さんに言うっていう練習までさせられたな。

そこまでやっても子供だし、常にリマインドしておかないと
調子に乗ってふざけてホームで走ったりしてしまったり
って事は多々あったから、よほど口をすっぱくして
注意しないと10歳以下の子供の電車通学って危険だと思う

子供をいい公立に通わせるのもいいけどさ
その上で保護者が負う義務っていうのがあるだろうと

これ以上こういう痛ましい事件が起きませんようにと切に願う。

関連記事

分類作業中 | top▲
| TOP |
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]