結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

大人の心得2

2005-05-22 Sun 00:00

(上からの続き)

このやりとりって
私が「楽器を習わされてとてもヤダったんだ~」と
【相談】を持ちかけたとか
過去のいやだった話を聞いて聞いてと私が話題にしたのならわかるけど
おめーが興味本位で聞いたから私は答えただけだろ
その答えを意味不明にいちいち否定してくるのは
どういうことなんだ?

この手のタイプって十中八九
「ほっといてよ」といいたくなるほど
もう、何から何まで知りたがる。
で、適当に質問に答えると何故か私の経歴やらなにやらを
丸ごと否定してくださるのだ
てめー何様だよ!ったく

その方の言い分は、私のことが大好きだからどんな人か知りたい
だと・・・
あのねー、そういうんだったら本当に好きなんだったらさ
(注:相手は女性なので変な意味の好きでは無い)
相手のプライベートをほじくりださないのも愛情なのでは?
ましてやその人の生きてきた道筋を否定するとは
なんなんだ?
てか好きだなんて偽善でしか無いだろうけど

私自身は、あんまり人のプライベートを聞き出すの得意じゃない。
知り合った人に向かって自分から
「何処の学校出身ですか?」とも聞いたこと無いし
「ご主人の職業は?」とかも聞いたこと無い
ましてや「ご両親なにやってるの?」なんて
恐ろしくて聞いたこと無い。

自分も情報をあまり開示しないかわりに
相手の情報の開示も求めない。

相手の方がこっちが聞かないのにすすんで語ってくれた場合のみ
相手の経歴等を知るだけで、私から色々リサーチは絶対にしない。
これは自分でも決めているのだ。
(ポリシーってヤツね!)

友人になる人の周りの情報は要らないんだもん
本人がステキな方なら別に、付加価値について
私は興味が無いのだ。

 読者の中で私と個人的に親しい方
 私から何か聞いたことあるでしょうか?
 ないですよね?(笑)

でも世の中の多くの人はそうはいかないようである。
とにかく「根掘り葉掘り」見事に質問してくれる
私はコレが苦痛でたまらない。

(下へ続く)

関連記事

分類作業中 | top▲
| TOP |
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]