結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

よくわからない日本語その1

2004-11-26 Fri 00:00

頭の悪い店員の代名詞(爆)といえば、
やっぱりコンビニ、ファミリーレストラン等でバイトしてる方々である。
いや、そりゃなかには頭の良い方も含まれてるとは思うけど
私は30年以上生きてきて頭の良い優秀なコンビニ店員に会ったことも無いし
とっても気が利く優秀なファミレス店員にサーブされたことも無いので
割合から行ったら不優秀な人がこの職についてるように思えるので
そうカテゴライズさせてもらう。

んでもってこれらの頭の悪い(←いいすぎ?)従業員が使う言葉を
『ファミコン語』と言うのだそうな。

「3000円 <から> お預かりします」

「コーラの<ほう>よろし<かった>でしょうか?」

「灰皿の<ほう>お持ちいたしました。」

ってあの不愉快極まりない意味不明な言い回しである。

わたしゃてっきり『ファミコン』ってのは
ゲーム機のファミコンで(爆)
ファミコン世代だから沸けわからん言葉を使うのかと思ってたら
そうではないらしい

ファミリーレストラン、コンビニで使われる言葉だから
『ファミコン語』なんだってさ

と感心してる場合ではない
私にとっては一大事だ、大好物のケンタッキーフライドチキンを買うのに
日本語が通じず苦労するようになったのである。

(下へ)

関連記事

分類作業中 | top▲
| TOP |
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]