結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

暴力と知能レベルその1

2004-11-02 Tue 00:00

『紳助の暴行事件』である。
男だから女だからとかそういう次元の低い議論には
参加するつもりはさらさら無いので
たとえ被害者が男性、加害者が女性であっても
私の考えは変わらない。

いやはや今の若い人たちの中にも
『ナマイキなこといったら殴られて当然』みたいな
論調があるのには心底呆れた。

暴力と言うのは話し合いで相手を論破することが出来ない
知能レベルが著しく低い生き物が頼る愚かな行為なのである

要するに相手を論理的に納得させるだけの
頭脳も語彙も持たないという頭の悪さ、そう
インテリジェンスのかけらもないってことを
殴るという行為は露呈してしまうのである。

ふと考えるとこれは日本の文化なのではないだろうかと
思うことがある。
おもちゃ屋に行って泣き叫ぶ子供を見るに付け
この暴力を振るうことを容認する文化とどうも
リンクしてるのではないかと思うことが多々ある。

何故なら泣き叫んで自分の要求を通すことにしろ
暴力で相手を従わせるということにしろ
両者は同じ方向性を持っている
そう、知的な行為ではないという面で共通だ

↓下に続く

関連記事

分類作業中 | top▲
| TOP |
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]