結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

SARSとインフルエンザ

2003-05-07 Wed 00:00

SARSを怖がることと戦争を怖がることとは
根本的に違うと言うことがまだわからない
お馬鹿ちゃんがいるのは困ったもんだ。

まあこの場合どっちも怖いと認識してるだけ
まだマシなのかもしれない(爆)

もっと救いようも無い人もいるので
とりあえず突っ込んでおきたい

そう、
SARSとインフルエンザを比べる人

WHOよりSARSの致死率が発表された
全体平均14~15%
もちろん正確に言えば患者の年齢層で異なる。
24歳以下で1%未満、
25歳~44歳で6%と
45歳~64歳で15%、
65歳以上で50%以上
(CNNの記事より抜粋)

むやみやたらに恐れる必要は無いが
根拠なく大丈夫だと言う事も避けたいと思う。

SARSを「インフルエンザと比べて」・・・と
言いたがる奴が多いが
そういうこというと無知がばれるので
よいこのみんなはやめましょうね(笑)

SARSは未知の病気で
インフルエンザは昔からある病気なのだ

と幼稚園児に説明するように
ドシロウトの私に言われてるようじゃ
ちょっと救いようが無いとおもうんですがねえ・・・

米疾病対策センター(CDC)が最先端技術を駆使して
異例の速さで原因ウイルスのゲノム解読をしたことが
ニュースになるほどの
全く解明されてない新型ウィルスであり。
感染経路や、感染原因をはっきりと特定できずにおり
そして、特効薬の開発には早くても1~2年かかると
言っているにもかかわらず
何故インフルエンザのほうがもっと死んでるじゃないか
みたいな安直な比較で安心できるのかが
私にはどうしても理解できないのだ。



なぜ、インフルエンザの致死率と比べたがるのか

それは単に自分が安心したい為だけなんだろうね~
そんな理解不能のウイルスがアジアで流行ってるのは
こわいじゃないか~

こわいけど
だいじょうぶだよね~って

自分を安心させたいが為にそうやって
お門違いな資料を照らし合わせて
安心をしようとする行為は愚かなことだと思うのだが

なんでもかんでも
むやみに恐れることは意味が無いと思うが
恐れなきゃいけないものを
恐れることが出来ないほうが怖いんですが・・・
違うの?

わかった振りして
渡航自粛勧告地域に出かけるのは
やめましょうね~


参考資料
WHOのSARSに関するページ
発症者など分布地図
具体的な人数

ちなみに
我が家の対策グッズは
しても意味のないといわれるマスクと
手を消毒するサニタイザーだけなんですが


ええ、実は私正直に言いましょう!
この画像が貼りたいがために
SARSの話題の日記を書きました!

お粗末!(爆)

関連記事

分類作業中 | top▲
| TOP |
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]