結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

アジア人だと自覚のない日本人2

2003-05-06 Tue 00:00


ふつうの日本人がほとんど外人を見て
何系の白人かわからないように
何系の黒人かわからないように
何系の東欧だの北欧だのかわからないように

普通の外国人たちは

黄色人種の細かい種類なんて見分けつかないってーの

そういうことを気が付いた上で
それでも中国人と間違われるのがいやという
感情はどっから来るのだろうね?

もしかして
もしかすると
日本人以外のアジア人ばかにしてる?
馬鹿にしてるからその馬鹿にしてる人種と
いっしょにされたくないって思ってんの?

そうだったとしたら
最低だ

最低だということに
気が付かないならそれはお気の毒なことだ

自分の心の奥底の差別と言う言葉に
気が付いて 差別は悪いことだと思いながら
それでもいっしょにされたくないと
思ってるほうがまだ救いがある

もし無意識に言ってるとしたら
それだけはもっとも救いようが無いぞ。

人種差別って言うのは
根拠無く行われるものだからタチが悪いのだ
無意識に思うことだからこそ
1番難しいのだ

日本だけにいると
外が見えない
差別する側にまわることはあっても
差別される側に回ることは
日本を出ない限り無いだろう

だけど一歩海外に出たら

我々日本人はただの黄色人種なのである

中国人でも、韓国人でも日本人でもない
れっきとしたアジア人なのである。

「あなた中国人?」と聞かれるのは
「アナタアジア人?」と聞かれてるのと
同義語だと何故自分の中で転換できない?

そういう奴が国際人を気取り
海外に慣れてることを
アイデンティティとして、

しょっちゅう飛行機乗って海外に行くことを
意味なく自慢し、
「海外渡航歴もう今年で10回以上なんです~
今まで行った国は20ヶ国でーす」
なんて聞くと反吐が出そうだ

そんな思考回路で
海外ツウや国際人だなんて口が裂けても言うなよ

とおもう・・・

それこそ同じ日本人として
おまえのほうが余程恥ずかしいよ、

関連記事

分類作業中 | top▲
| TOP |
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]