FC2ブログ
結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

《真夏の怪談》背筋も凍る別室送り「お前はあしたの便で日本へ帰れ」入国審査で起こった信じられない出来事

2018-08-28 Tue 19:58



先月「SUZUの部屋」にゲストとして
お越しいただいた方のインタビュー。
パスポートの残存有効期間が足りず
入国拒否されたという体験談でした。

これを読んで入国審査をなめてはいけないと
心に刻んだ方も多かったのでは?

とはいえあのケースってそもそも
入国要件を満たしていないので
絶対に入国させてもらえるはずもない
お話でした。

旅慣れよい子は真似してはいけません。

さて今回の記事
「真夏の怪談」とぶちあげている程ですから
皆様の期待通り、SUZUが遭遇した
背筋も凍りつく入国審査での
ありえない体験談を披露します。

それにしても世の中には理不尽なことが
いっぱいあるんですよね。

自分は気を付けていても事故のように
不意打ちで巻き込まれることもある。

ひとが入国審査する限り
審査官の「気分」っていうものも
入国できるかできないかの判断に
かなり影響してしまうおそろしさ。

そう考えると入国審査をする人の
権限はどの国でもアンバランスすぎて
ちょっと怖いなと思ったりします。

今回の記事はわたしが実際に
体験した入国審査でのおはなし。

現場は「とある国の空港」の入国審査エリア
(本文中では場所は明かします)
わたしはそこで何の落ち度も無く
あろうことか合法のビザを持っているにも
関わらず、理不尽に別室送りにされ
危うく日本に帰らされそうに
なったことがあるのです。

その時のキュイン体験を
先月のSUZUの部屋インタビューを
まとめていてふと思い出したので
今回はそのとんでもない出来事を
開示することにしました。

夏の終わりにぴったりの
背筋が凍る入国審査怪談をどうぞ

ここから先は有料です。











関連記事

飛行機搭乗安全ガイド | top▲
| TOP |
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]