結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

JALとANAのビジネスクラスサービスに言いたい 2015版

2015-10-14 Wed 02:38
このブログ、もう読んでる人もほとんどいないと思うんだが
未来の自分が読んで2015年のSUZUはこんなことを思ってたんだ
ってわかるようにする為に覚書的なものは書いておこうと思う。

20151014021052c76.jpg

今日の話題は飛行機のサービスのお話
搭乗時のウェルカムシャンペンサービスと
機内でカプチーノの二つ。
エティハド航空はお花模様ラテアート!


ウェルカムドリンクとカプチーノの話題って言ったけど
具体的には
JALとANAのビジネスクラスのサービスに対する
文句というか不満2015版です。
(ファーストのサービスはまた別の話)


各社ビジネスクラスは長距離ではソロシートが主流になり
機材等ハード面では不満は少なくなった日系二社(鶴と穴)。
今日はサービスに関して突っ込みを入れたい。

チケットを各社のHPから経費でもなく自腹というか
まさに身銭切って購入しているため
(マイルで乗ってるとかじゃないもんでね)
文句の一つも言いたくなる訳です。

まず一つ目のツッコミ。
JALとANAのビジネスクラスで
未だにカプチーノすら飲めないショボさを
とっととどーにかしておくれ。

ANAの北米線ソフトドリンクメニュー
20151014021049288.jpg

JALの北米線ソフトドリンクメニュー
20151014021052f6a.jpg


これねえ、10年前くらいからずっと文句言ってると思う。
シンガポール航空やキャセイ、エティハド、などなど
多くのエアラインではビジネスクラスで普通に飲めるカプチーノや
カフェラテが(画像参照)

2015101402104830d.jpg


JALとANAだと飲めないのだ。

これは如何なものかと思う。

クッソマズイコーヒーに、追い打ちをかけるように
あのほぼ脂でできた時代錯誤のコーヒークリームをつけて持ってくるって
今日日、街場のやる気ない喫茶店でも無いサービスだよ。

いくら懐古主義っていったって
昭和を感じさせることに力を入れすぎである。

平成になって四半世紀も過ぎたし、
スタバもこれだけ定着したんだから、
マシンをギャレイに置くのが不可能なら
(他社は置いてますので不可能ではない)
OS(オーストリア航空)の充実したコーヒーメニューを
真似しろとは言わないが
インスタントの粉にお湯かけて出来るカプチーノくらい
搭載しとけと思うのであった。

毎回ソロシートに電源あるし、Nespresso持ち込もうかしら?と
頭をよぎるんだが、実現はしてない。

機内にミルクは搭載されている
コーヒーは美味しく無いけどいちをある。
なので原理的にはラテは作れる。
ってことで
この場合は
「ホットミルクひとつとコーヒー一つ頂戴」
とオーダーして自分でミックスするしかない。

いまのところJALとANAではこの方法で
切り抜けているが、
普通にラテくらいは注文を受けられるように
しておいて欲しいところ。




そしてもう一つ言いたいのは
ウェルカムシャンパンサービスのことである。

ウェルカムドリンク

なんの話かわかんない人のために説明しておくと
ビジネスクラスでは搭乗時地上でウェルカムドリンクなるサービスが
どこの会社でもあるのだ、

飛行機がスポットを離れプッシュバックするまでの間
ビジネスクラスの最初のサービスがこのウェルカムドリンク
(シャンパン、オレンジジュース、各社のオリジナルドリンクがでる)
サービスなのである。

日系エアラインは一時期このサービスを止めていた。
すごく意味不明なんだけど、
アメリカの同時多発テロがあったんで止めたのだ
(建前はね←事実は知らん)

でもANAはここ数年はちゃんとサービスするようになった。
グラスがプラスティックのだけどウェルカムドリンクを
地上で配るようにサービス復活させている。
気は心である。
さすが安全意識の緩いANA!
テロには屈しないらしい。
(ほめてます)

しかしJALはビジネスクラスで未だにウェルカムシャンパンが出ない。
2001年のテロの後からずっと既に14年間もこのサービスを
JALだけが中止し続けてるのである。
さすがにこれでは
テロに屈しすぎだろう。

てか変なの。

別に私は搭乗したらシャンパン飲まなきゃ死んじゃうとかもないし
機内で搭乗時はソロシートの巣作りに励んでいるんで
グラスが邪魔だから特にウェルカムドリンクを
激しく持って来いとは思うほど執着してるわけでは無いんだが

さっきも書いたけど
気は心なのよね
サービスって突き詰めれば結局そういうものじゃない?
気は心。

飲む飲まないは別にしてウェルカムドリンクって
すごく気分が上がるのだよ。
これから飛行機に乗るんだって気持ちが高まるというか
ほら、客船でも出航の際にシャンパン飲みながら港を離れる
一つの儀式みたいなもんになってる。
それがウェルカムシャンパンの役目。


で、さすがにあのアメリカのテロからもう14年も経ってるのに
なんでウェルカムシャンパンを出さないのか?と
JALに直接聞いてみたのである。
そしたら
「2001年のアメリカの同時多発テロのせいで安全確認の為?
ウェルカムドリンクサービスは中止してます」(←ざっくり意訳)」
という明後日の回答が来た。

いやーびっくりした
本当にウェルカムシャンパンを出さない言い訳に
この理由を書いてくるとは思わなかったよ。
この厚顔無恥っぷり何気にすごくない?

実はゼロ年代に同じ質問をJALにぶつけた知人から
この「テロで中止」っていう回答をもらったって話は
噂には聞いていたんだが、
2015年にも同じ回答で来るとは思わなかったんで
かなりあきれながらも笑ってしまった。

回答を書いた社員、自分で書いてて嫌にならなかったのかしら?
私だったら、すごく恥ずかしいなあと嫌になるとおもうし
会社に愛想尽かすには充分な理由だと思うんだよね。

だけど、恥ずかしげもなくこの理由を使い回すってことは
回答した社員も、この会社も
未だになーんも考えてないなと思った次第。


だって搭乗時、地上でのウェルカムシャンパンサービスって
JALの場合ファーストクラスでは行われているのである。

だったらテロ後の安全確認?は関係無いでしょ。
そんな重要な安全上の理由なら
ファーストでは可能ってのも筋が通らん。

こういうすぐ突っ込まれるような回答で
客を騙せると思ってるとしたら
JALってほんとバカなのかしら?と
呆れてしまったのだった。

一度潰れればわかるかと思ったけど、
バカって死んでも治らないってよく言ったもんで
治ってなかったわ。

安全のためって言っとけば客を納得させられると思ってんのかな。
そもそもアメリカの同時多発テロがあった件と
ウェルカムシャンペンサービスが
なんの関係があるのか
テロ後の安全の為ウェルカムシャンペンを
出さないというロジックが
全く理解できない。

実際にテロで飛行機を乗っ取られ実害が出たアメリカン航空も
ユナイテッド航空も、フツーにウェルカムシャンパンサービスは
行われているのである。

逆にJALがテロ対策でウェルカムシャンパンを出さないでいると
安全上どんな効果があるのか非常に興味深いよね。

とはいえ
「客にサービスするシャンパン代の経費が勿体ないからです。」って
正直に言えるはずがないので
「テロのせい」
って理由が都合よすぎて
未だに使い回す的に言ってるんだろうけど。
アメリカの同時多発テロは2001年の話で
それから10年以上経ってるのに
まだ復活させられないってのは、
なかなか恥ずかしい話なんじゃないのかね。

て言うか、
JALのウェルカムドリンクは非常に間抜けなタイミング。
そう、飛行機が水平飛行に入ってベルトサインが消えたら
持ってくるのよね。
これが本当に嫌。

水平飛行に入ってからもたもた持ってくるような
ウェルカムドリンクなんか無価値だ。
大事な事なのでもう一回言います。

無価値

飛行機が空にあがったら食事の前でもあるし
ここでは食前酒が欲しいタイミングなのですよ。

結局はあがってからのウェルカム〜は
タイミングはアホすぎて邪魔なサービスにしかなってない。

やっつけ仕事でとりあえずウェルカムドリンク出しときゃいいか
と思ってるからこういう流れを無視したサービスを
やらかすんだろうなと。

ほんと、いままでそうだったから、そのままでいいと思ってるなら
進歩が無いし、あまりにマヌケなので
サービスプランを組み立てるJALの社員はもうちょっと頭使いましょう
とおもうのであった。

て言うかこんなクソサービスで許してるとかって
JALの客って調教されすぎなのでは?
情けない。

JALに乗ってる客って結局JALしか乗らないから
他の会社が普通にやってるサービスがJALには出来てないって
現実を知らんのかね?
とちょっと不思議に思ったりもするのであった。



悪いけどシートも食事ももっといいエアラインがいっぱいあるし
「なんでウェルカムドリンク出さないの?」って質問に
こういう意味不明なこというJALのチケットなんか買ってやらないから
どうでもいいっちゃどうでもいいけど。

ANAにできてJALにできないってことは
JALがそれだけ劣ってるっていう証明でもあるんで
ほんとにナショナルフラッグの座を明け渡したということなのね。
という訳で
みごとナショナルフラッグキャリアとなったANAには
折角shipにも社名と共に「Inspiration of Japan」と入れてるんだから
Tastes of JAPAN by ANAメニューに絡めて
一刻も早くビジネスクラスで抹茶ラテでも出すようにして
インバウンド需要があがってるいまこそ海外の方々に
「ワオ!抹茶!クールジャパン」と言われて欲しいと思うのでした。

ANAよがんばっておくれ。
関連記事

飛行機ファーストクラス、ビジネスクラスの使い方 | top▲
| TOP |
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]