結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

デジタル耳栓を買ってみた。(人柱になってみました!)

2014-03-12 Wed 18:30
キングジムのデジタル耳栓を購入したので
買おうかな?どうしようかな?と思ってる人に
参考にしてもらおうと思う。

デジタル耳栓画像

はっきりいってこれステマでも何でも無い
(念のため先に言っておく)
褒めちぎってついでに
アフィリエイト貼っておけば
儲かるのかも知れないけどな。

残念ながら後ろ向きっていうか
ダメだったぜレポートなので。
SUZUオススメ!
リピ決定です!
とか言うの無いんで。

そもそもデジタル耳栓にリピ決定!
とかは化粧品でもあるまいし無いわね。

これはあくまでもSUZU個人の感想ですんで
他の人に合うか合わないかそんなの
知ったこっちゃないんで
その辺は自分で判断して下さい。


【買おうと思った動機】

長時間の飛行機移動が多い私、
いつもはBose® QuietComfort® 15
をつかっとります。
耳を全部覆うヘッドフォンタイプのヤツね。

使い方は飛行機に搭乗して
離陸後映画見たりする時に使用
寝るときも線は外してノイズキャンセリング機能だけ
オンにして寝てる。
しかし、これだと最近のフルフラットのシートで
完全なベッドにして寝る時に邪魔なのよ。

だから単純な機能のシンプルに騒音をカットしてくれる
デジタル耳栓って結構自分のニーズに
あってるんじゃないかと思った訳。

寝る時にBOSEだと音を聞く訳じゃないので
オーバースペックってのもあるしね。

あとは仕事場の騒音が駅近のせいで結構ひどくて
書き物をする時に集中しにくいんで
(完全に集中すると音は気にならんのだけど
集中に入る手前に騒音があると気が散るの)
そのシチュエーションで使えたら
とても便利かと期待。


【購入方法】

アマゾンで在庫見るも入荷したら連絡します。
ってなってて
他の通販も同じ感じ
なんかすぐ買える感じじゃないので
その時滞在していた場所から
すぐ目の前にある大型電気店へ
偵察に行ってみる事に。

目論見はデモ機があったら
体験出来るかなという事で
実店舗へ出向いたら
ラッキーな事にデモ機があったので
試させてもらうと

恐ろしいくらいに綺麗に騒音がカット
電気店の喧噪が一瞬で静寂に

というわけで約5000円と
値段も手頃だったんで購入即決。

ちなみに商品が置いてあったのは
旅行カバンや変圧器が置いてある
旅行グッズコーナーだった。


で、部屋に戻って早速セットアップ

これ持ってたら最強、BOSEみたいに
かさばらないし、すごいすごいすごい!って
思ってたのは最初の5分くらいだったわ。

見た目がシンプルってことは
中身も性能もシンプル
シンプルってことは要するに
機能が雑ってことなのよね。

その 雑さ シンプルさが欲しかったと
おもって買ったんだけど。
雑すぎ。

この機能に関して言うと
BOSEがいかに金かけて作ってるかって
思い知らされました。

お金いくら出したってインイヤー型BOSE
Bose® QuietComfort® 20
はやっぱり色々足りないわけで
(耳を全部覆わない形状には物理的限界がある)

そりゃ5000円の機械は5000円分の
仕事しかしないわね
あたりまえっちゃ当たり前


【使ってみての感想】

注:以下の記述はSUZUの主観です。

1:騒音は感動するレベルで消えるスパッと消えて静寂をゲット!
しかし、静寂効果がでかすぎて
デジタル耳栓のコードの擦れる音が頭の中でガンガン響く
デモ機で使用した際には、大型電気店の中ということもあり
気にならなかったのだが、部屋の中で使用したら
この音が壊滅的に脳を直撃するんで耐えられない。

解決方法は、微動だにしないこと。
ようするに頭を動かすとコードが擦れて
その音が頭の中を響き渡るんで、
擦れないように頭を動かさない事が重要。


2:人の声は聞こえるのでデジタル耳栓を
装着したまま会話が出来るのか試してみた結果
機械を通した音=iPodの音楽のボーカルや
アナウンス、テレビの台詞、ラジオ等は
とても聞き取りやすいのに
何故か生身の人間の発する目の前に居る人の
生声は聞き取りにくい

解決方法は、しゃべるたびに片耳のイヤホンを外す。

3:1、2に関連して自分の声が不快
これもコードが擦れる音が不快なのと一緒で
自分の声が大きく聞こえすぎて
びっくりするレベル。
声ってこんなに頭蓋骨を振動させてるんだと
逆に感心するレベルで響くんで
自分がしゃべるときは両耳のイヤホンをもぎ取らないと
しゃべり続けるのが苦痛。

4:気持ち悪くなる!
一番厄介なのはこれ。

ノイズキャンセリング機能の原理を考えたら
よく解る話なんだけど。
逆の音を出して騒音を消してるという
シンプルすぎる構造なので
この逆音が多分すさまじく不快なんだとおもう。
(値段ほどのもの?)

三半規管を直撃する破壊力は
かなり抜群の性能を発揮するんで
気をつけないと行けない。

最初は静かでいい!
この機能が欲しかった!とおもって
40〜50分装着して
ベッドに寝転がってネットしてたら
起き上がれなくなりました。

目眩がひどいんだもん。
まともに立って歩いてトイレにいけないレベル。

これは途中で転ぶ!と危険を感じて
その場でしゃがんだ位であった。

まさに体を張っての人柱。

機内では怖くて使えないなあと思った次第
キャビン内って転んだら怪我する確率高いんだよね
いろいろ出っ張ってるから。
ふらふらして転ぶと
座席とかにぶつけて大体皆さん頭切っちゃうんで

こういう自分の三半規管にダメージがある仕様だと
ちょっと使ってて立ち上がるみたいな
シチュエーションが多いと
機内使用は厳しいかなというのが
正直なところ。

BOSEのノイズキャンセリング機能でも
似たような症状は出る事がたまにあるけど
これはBOSEのヘッドフォンの大きさが
大きければ大きいほど解消されてる印象なので。

愛用してるBose® QuietComfort® 15ではこの症状は
ほとんど出ないから
この三半規管直撃はかなり辛い。

参考までに
私は元々飛行機乗りだし、
小さい頃から車に酔ったこともないし
乗り物には強い人間です。
酔いません。
なのにこの目眩がするほどの破壊力。
なかなか凄いです。


【結論】

騒音をカットして静寂を手に入れつつ
アナウンスなどが聞こえるというのは
素晴らしいレベルに達してるとおもう。

しかし、それを手に入れる為に引き換えにするものが
大きすぎるわ。

気が狂いそうにうるさい場所で
使用後の気持ち悪さとか頭痛を納得して
腹くくって使うならいいと思う。

究極の選択過ぎるけど。

私はものすごくうるさい状況が耐えられないので
その後のデメリットを納得した上で
天秤にかけて使うつもりだけど、
倒れたりしたら面倒な機内で使う事はない。

滞在中のホテルの部屋や仕事中に
耐えられないほどうるさい時には
仕方なく使うかな。くらい。


というわけで
主戦場が飛行機なので
機内で使いたかった私にとっては
非常に惜しい商品でした。

関連記事

分類作業中 | top▲
| TOP |
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]