結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

happy halloween

2015-10-31 Sat 15:00

20151031153101680.jpg

こんなにハロウィンが日本で盛り上がるとは。

201510311530590f1.jpg


関連記事

分類作業中 | top▲
JALとANA、まだミールチョイスで消耗してんの?「ファーストクラスやビジネスクラスの機内食で朝食メニューを回避する方法」

2015-10-28 Wed 17:30








































































































飛行機に関する役に立つ話が
聞きたい方はこちらへどうぞ







JALとANA、まだミールチョイスで消耗してんの?「ファーストクラスやビジネスクラスの機内食で朝食メニューを回避する方法」の続きを読む
関連記事

飛行機ファーストクラス、ビジネスクラスの使い方 | top▲
2015年の私のジェンダー感覚 

2015-10-27 Tue 14:00
食欲の秋、読書の秋ですが
私はどうもブログの秋らしい。
短文がもてはやされ、LINEのせいで
なんとメールすら絶滅すると言われる
今日この頃
ブログという文化も廃れきった
2015年に、こんな長文書いてたんだって
思い出すのもいいかと思って。

世の流れは無視して長文ブログの方針は変えないで生きます。

さて今日のお題は2015年の私のジェンダー感覚。
10/28から渋谷区で
日本初の同性パートナーシップ証明書の受付が始まる。
(交付は11/5から)

2005年頃
そう、たった10年前は意識すらしてなかった事に
ジェンダーの感覚というものがある。

2015年現在、同性婚を認める国も州も出てきて
日本では上記に書いた小さいけど
いろいろ問題はあるけど、
それでもやっと一歩踏み出される日が来るのだ。


こうやって事実上の
同性婚のようなものが日本ではじめて認められたり
ドラマでゲイが主人公だったり
明らかにジェンダーに対する感覚が
変わってきている。

ちょうど今放映されているドラマでも
「偽装の夫婦」というのがあって
ゲイがかつての恋人に頼んで
偽装結婚する話なんだよね。

この10年でほんと世の中変わったわ。

男は女を愛し、
女は男を愛する
という世の中の常識は
時代の常識で、自然の摂理ではなかったのだ

男が男を愛したり、
女が女を愛したり
それもいいんじゃない?
という事をなんとなく、
あーそうなんだ。と徐々に受け入れた感じ。

そうなってくると性別ってもう
なんかどうでもいいような気もするんだよな。

いいじゃんどっちだって。
男か女かどうでもいいよ。



そこで最近私が気になってるのが
ネットで何か登録する際に
性別を書かせる欄の意味のなさ

それ聞いてどうする?的な設問ではないかと
なんとなく嫌な気持ちになるのだ。

私が女だという情報を先に手にいれて
どうするつもりなんだ?と
不信感まで湧く。

それもこれも、
世界中いろいろな場所に一人で出かけて行き
女一人、渡り合ってると呆れるほど
いろいろな事が起こるんだけど
私が女だと見るや否や、舐めてかかってくる相手も
少なくないからなのだ。

女だし、一人だし(連れが居ない場合)
このくらいでいいだろう的な
「あしらい」を感じたことは
一度や二度ではないのだ。


世界中で性別による差別はある。
はっきり言う、女性を男性より下に見るという
差別は結構ナチュラルに横行してる。
それは別に男性によるものだけではないところが
また話を複雑にしている。

人種差別だって
白人からもたらされることよりも
同じ有色人種からやられるのが現実だ。

同様に女性差別は女から行われることも
あったりする訳だ。

女性による女性の差別で一番顕著なのは
同じ場所に行くとくっきりとわかる。
だって私一人で行く時と
夫連れて行く時に態度が変わること
結構多いのよね。

男の連れがいるだけで、
接遇態度が無意識に
変わるんだと思う。
なんか嫌な感じ。
そしてこれは夫婦といえども
夫とは共有できない不快感。

何故なら私だけがされてる差別だから。
夫は男であるがゆえこの女性差別を
一生経験しないのである。
(完璧な女装で一度一人で旅行すれば実感として
わかるかもしれない)



例えばいっつも接遇関連でやられて不快なのが
飛行機の搭乗時挨拶の時ね。

フリークエントトラベラーにむかって
客室乗務員が挨拶するんだけど、
夫と乗ってるとだな、
もう100パーセントの確率で
夫に挨拶するのよね。

あのさー。
私がその貴方が挨拶すべき相手なのですが。

会員本人は女の私です。
横の夫は私に連れらて来てるだけで
特にあなたの会社に夫はお金も払ってないんで
挨拶しないで結構です。
(そもそもなんで挨拶されるかすらも
理解してないほど飛行機興味ないんで)

って思うんだけど
不機嫌な顔して夫にしてる挨拶を見てると
なんか「ご主人様がしょっちゅう乗ってくださって」
みたいなその場を取り繕うような会話まであって
超不満。

注:挨拶してくれって話じゃない。
なぜ男をメインで挨拶するのかって話よ。
↑念のため

日系エアラインって夫婦で乗った時に
「年末年始に長期間旅行に連れっててもらえて
奥様羨ましいです〜」とか本当によく
よくチーフパーサーに言われるんだよね。

子供じゃないんで
あはははとテキトーに相槌打ちますが

だけど
航空券代だしたのも私、すべての計画と予約をし
夫を連れってってるの私なんだけど!
ってなんかもやもや。

夫婦で旅すると夫が妻を連れて行くって
思い込むのも立派な性差別だよ。

こういうのが無意識的な女性からされる
女性への差別ね。

それを差別と言って腹立てるなんて
心が狭いと思われる人もいるとおもうけど
そういう事に「?」って思わん人は
無意識に性差別を自分が撒き散らす危険性があるから
すこし考えたほうがいい。

今年は2015年なのだ。
いろんな状況は動いているのだ。


あとは、日本ではなくアメリカでもよくあるあるシチュエーション

なぜか夫にでかいステーキを置く店員。
あのさ、君さっき注文とった時ひとりひとり
注文をとって、付け合せ聞いて
私がそのでかい肉の焼き加減を指示したよね。
そのでかいほうの肉は私の肉じゃ
チップ貰うんだからそれくらい覚えてろ
ったく。
と腹立たしいわけですよ

これもナチュラルカジュアル差別ですんで。
男の方が大きな肉を食べるはずだという
決めつけによる性差別です。

女の方が小さい肉を食べるという
固定観念こそがナチュラル無意識差別なの。

男は青、女はピンクってのとおなじ。
何故そう決まってるの?
おかしでしょ?
男がiPhone6Splusのローズゴールド持ったって
いいんです。
ピンクは女の色って誰が決めた。


もう一つナチュラル決めつけ差別
酒を頼んでもそう、
私がビール、夫がノンアルカクテルとか
頼むと、必ず私にノンアルカクテル。
夫にビールが置かれる。

これもムカつく。
勝手に決めるな。

夫はたまたまノンアルカクテル頼んだだけだ
男が酒を飲み、女がソフトドリンクって
思い込みこそが性差別だ馬鹿野郎って
しょっちゅう思ってる訳です。

そして自分もまた、刷り込まれたジェンダー感覚で
無意識にナチュラルに女性差別、
性差別をやらかしてるかもしれないって
意識することは大事かもって思ったり。
自分もそういう感覚に敏感でいないと
いけない時代になったなと思うのだ。

ポリティカルコレクトネス 
political correctness
に気を配れるということは
現代には大事だと思うのよね。

こんな感じでナチュラル差別に気づき
無意識な差別に自分自身も日々晒されて
非常に腹立たしいことも多いからこそ
political correctnessについて
ちゃんと考えるようになったので。




===
ナチュラルな無意識差別に
じわじわと傷つけられてるって
自分のダメージを実感したきっかけは


ラスベガスで見た
シルクドソレイユのズマニティを
見てた時だ。

シルクドソレイユは子供も楽しめる出し物が多いなかで
異色の人間の性をテーマにした
いろいろな形の性愛を描いた
ファミリー向けショーの多いシルクドソレイユにしては珍しい
大人のショーだ。

私はこのステージを見て
男か女なんてどうでもいい
人種も性別もない
人間であることで
みんな同じなんだ
存在してていいんだと
メッセージのショーを見て
泣けて泣けてしょうがなかった。

女性+アジア人というダブルマイノリティーであることで
いろいろな国に行き、
いろんな国に住み
いい事ばかりではなく
いろいろ辛い思いをしてきた
自分の人生を照らし合わせて
私はこのショーを見ながら
込み上げてくるものが抑えられなかった。


ショーは
ダブルマイノリティ差別されてきた私を癒してくれるほどに
凄まじく深い内容だった。


私は席でワインをがぶ飲みしながら
泣いたので、
赤ワインの味が涙味になってしまったが
でも本当にいいショーだった。

ラスベガスで酒を飲みながら
性をテーマにしたショーを見ながら
いろいろ考えるって
大人になってよかったなと思える瞬間だった。

今まで見ないふりをして
悲しみをやり過ごしてきたけど。
自分がすごく女であることに
傷ついて生きてきた事を
突きつけられたのもこの時だった。

何らかのマイノリティーとして苦しんでる人
是非このズーマニティってショーを一度見に行って欲しい
いろいろなメッセージが込められてて
自分にすごく勇気が持てるから。

10年前にこれを見ていたら
特になんとも思わなかったと思う。
平均寿命で考えると
人生後半戦に入ってきたからこそ
このショーに感じるものがあったのだ。



だから余計思うのである。
明らかに10年前よりは
世の中はよくなってる。

だからこそ10年後は
もっとよくなっていて欲しいと。
性差別も人種差別も
もうちょっとでいいからマイルドになってくれてると
ありがたいなと。

女だから男だからこうっていう感覚
あと10年後笑い飛ばせるようになってるといいなと思う。

まずはとにかく
話を蒸し返すようだけど
あの聞く必要のない
性別チェックをするフォームの形式は
一刻も早くどこも改めて欲しい。

ホテルに泊まるのにも
飛行機に乗るのにも
買い物するのにも
女性か男性か企業が性別を把握する必要はない筈。

むしろ性別を知ってどうするのだ?
何かに使うならその理由を明記せよ。

フォーム作成者は
いままで書かせてたからという
頭の悪い鈍感さを最大にして作るんではなく
性別を聞く事が本当に必要なのかを
ちゃんと考えてから
性別欄をつくるべし。


残念だけど
男か女かどっちでもいい事のほうが
多いはずなのに、
わざわざ性別を聞くのは何か裏があって
女だということを先にバラすと
悲しい事に不利益しか起こらないことを
経験則で知ってしまうくらいには
私は大人になったということなのである。

まずは
10年後、敬称とかが男女区別なく
統一されてるといいなとおもう。
MissとかMrs.とかは余りにも論外なので
いまや全く見かけないどころか
誰からも支持されない敬称となったいま
Mr.Msとかではなく
日本の「様」や「さん」って
どっちにも使えるから
これが世界に普及したらいいのにと思うのであった。


関連記事

kyuin信者はこれを読めSUZUブログ十選 | top▲
ファーストクラスやビジネスクラスの機内食をどう攻略するか。=食べたいものを逃さず食べる方法=

2015-10-22 Thu 15:00





最新版はこちら↑↑↑


古い記事は続きを読むからどうぞ

飛行機のドレスコードに関するお話し。
クレジットカードの話。
ファーストクラスのミールサービスの話
最新版はこちらです。



































ファーストクラスやビジネスクラスの機内食をどう攻略するか。=食べたいものを逃さず食べる方法=の続きを読む
関連記事

飛行機ファーストクラス、ビジネスクラスの使い方 | top▲
今日は『バック・トゥ・ザ・フューチャーpart2』の未来のあの日

2015-10-21 Wed 04:29
デロリアンがやってくる
2015年10月21日 PM4:29は
カリフォルニア時間なので
日本時間では
2015年10月22日午前8時29分
になるんだけど、
こういうのは気分なので
今日アップの記事にしておきます。

『バック・トゥ・ザ・フューチャーpart2』 予告編

因みにアメリカは2015年になっても
時間表記を頑なにAM/PMなのよね
これほんとわかりにくい。
特に空港のサインボードの表示
24時間表記にしておくれ〜


2015年10月
ポケットを外に出して服を着る流行は
カリフォルニア州では
まだ観測されてない模様。

たまたま映画見放題のビデオパスで
バックトゥーザフューチャー三部作を
見ることができたので

ああ、1985年から30年後の未来って
今年なんだ〜って思ってたところ映画の中で
デロリアンが到着する時間
2015年10月21日PM4:29にあわせて
各地でいろいろイベントがあるらしい。

TOYOTA.comでは
リアル2015年のドクとマーティーが
FAXをまだ送ってるとか
語らってたり。



あの頃夢があったよね
ハリウッド映画にも
現実世界にも。

ぶっちゃけ
ビフがズルして儲けたお金で
カジノをやって荒れ果てたヒルバレーが
現実世界の今っぽくて
ちょっと笑えない。



因みにデロリアンで
過去に戻っていいよと言われたら
すかさず飛び乗って
iPhoneは6plusではなく6にしとけ
自分の手にはplusではでかいよと
契約してる自分を注意しに行きたい。

大きすぎて持て余しちゃって
リアルに困ってるのよね。

デロリアンつかって言うことそれ?
行く時間そこ?って感じだけど。
2015年現在、いままでしてきた
自分の選択に特に問題はないどころか
全て正しかったと思ってるんで
特にやり直したい過去って無いのだよ
全部の経験がいまの私を構築してるんで
なので、直近の失敗だったら
やっぱりiPhoneを6plusにしてしまって
不便だということなのである。

ってか
それならデロリアンにお出まし
頂くのは忍びないので
「素敵な選TAXI」で戻って
言うべきことかも。

っていうか
選タクシーに乗るよりも
6に買いなおしたほうが
安上がりだし
早いよね。

過去の選択の失敗なんて
お金で解決するって事なのか。
なるほど。

さて2015年から30年後の未来は
どうなっているんだろう。
このブログ記事は果たして
30年後、2045年に
読み返せるのだろうか?

その時このデータを
どんな機械で
どうやって読んでるんだろう。
過去の記事を
iPhoneで機内で読んでる2015年
なんか全く想像してなかったんだけど。

それを考えると結構
ワクワクする。

ここはやはりあの
コンピューターの父
アランケイの言葉で
締めくくりたい。

The best way to predict
the future is to invent it.

未来を予測する最善の方法は
自分が未来を創造すること。


関連記事

ドラマ/映画等エンタメ | top▲
JAL VS ANA ビジネスクラスのソロシートどっちが快適?

2015-10-19 Mon 13:00





最新版はこちら↑↑↑







古い記事は続きを読むからどうぞ




飛行機のドレスコードに関するお話し。
クレジットカードの話。
ファーストクラスのミールサービスの話
最新版はこちらです。






















JAL VS ANA ビジネスクラスのソロシートどっちが快適?の続きを読む
関連記事

飛行機ファーストクラス、ビジネスクラスの使い方 | top▲
バブル世代が作ったアラフォー感はその下のロスジェネ世代には通用しない。ー 篠原涼子の「オトナ女子」はどこで間違ったのか ー

2015-10-17 Sat 13:00
篠原涼子の「オトナ女子」というドラマが
番宣打ちまくりの、煽りまくりだった割に
初回の視聴率一桁だったらしい。
当たり前だわな。

今や録画層もいるから
視聴率なんて意味はないと言われつつ
しかし、初回の視聴率がちゃんと取れないと
後から視聴者が付いてこないという
かなりシビアな状態になってる視聴率。

面白くないとレッテルを貼られたら
見ないうちから脱落組が出るのが
今の視聴率の作用だからな。

ズバリこの篠原涼子ドラマの失敗の原因は
アラフィフ感覚のドラマを
アラフォー設定でやっちまったところなんだよね。
作ってる人たちがアラフォー意識が抜けきらない
歳だけアラフィフの人たちなんだろうか。

真面目な話をすると
この手のドラマの設定は
バブル世代の年齢と合わせないときついと思う
バブル世代がアラフォーを卒業して
アラフィフになった今、
次のアラフォーを担うのはどんな人たちなのか
よく考えずに起こった失敗だと思う。

2015年に40歳って言うとバブル崩壊後の
ロストジェネレーションと呼ばれる世代だ。
この世代貧乏くじを引いた世代というか
就職氷河期の苦渋を舐め、
景気衰退往復ビンタで立ち上がることも出来ず
ひっそりと地味に消費せずに過ごした
非常に運のない世代なのである。

そこに伝説のバブル期に放映された27年前のドラマ
【抱きしめたい】(1988年7月放送 W浅野主演、
石田純一がブレークしたドラマでもある)
のオマージュかなんか知らんが
やたら主人公に不自然なくらい長い髪をかき上げる
演出を加え
(当時はドラマ内だけでなく
一般人がみーんなワンレンで
ボディコン着て、
髪をかきあげてたんですね)

トドメは
「悪かったわね三十で」
という当時主演の浅野温子に言わせてたセリフを
篠原涼子に「悪かったわね四十で」と言わせるとか

もう何もかも間違ってる!っていう。

「作ったやつ誰だよ、責任者出てこい」
みたいなレベルの仕上がりで
こんなダメなドラマを平気で世に出す鈍感さは
きっとフジテレビ!とおもって
よく見たらフほんとにジテレビだったので笑った。

いまやフジテレビというのは
そういう失敗をやらかすテレビ局だという
認識になってるのだ。

そういやバブルの頃のイケイケテレビ局といえば
フジテレビで、本当に一番イケてる風テレビ局
だったんだよね。
河野景子、有賀さつき、八木亜希子が
アナウンサーのタレント化の走りで、
「女子アナ花の三人娘」と言われたり
とにかくハチャメチャなことやって
あの時代の栄華を極めてた訳だけど。

栄枯盛衰

その後の落ち込みぶりはすさまじく、
2015年現在、何をやってもダメ、視聴率取れない
内容は悪いと、一番イケてないテレビ局に成り下がった
残念テレビ局なフジテレビ。

歴史を紐解くと
アラフォーという言葉を世に定着させたのは
確か2008年
【Around40 〜注文の多いオンナたち〜】(TBS)
だったはず。
これもう7年も前のドラマなのか。

主演は天海祐希、友達役は松下由樹と大塚寧々
この方々こそがドンピシャバブル世代ですね。

実際バブル世代は実年齢より気持ちが若い。
昔の四十代って相当な中年おばさんだったけど、
バブル世代がアラフォーになったら
おばさんというのが憚られるような感じに
世の中の空気ががらっと変わった。

美魔女だの何だのと言い出して
平気で干支一回りくらいサバが読めそうな
種別の人が増えてきた。

ロールモデルのないバブル世代が
中年という呼称を駆逐し
新たな世代観「アラフォー呼称」を
定着させたと言ってもいい。

第二次ベビーブームでもあるこの世代の
数は力ってのは侮れない現実だ。

ここ何年か「干支一回り差イメージ」説を
基準にしてるんだが

浅野温子が27年前に
「悪かったわね30で」って結婚できないことを
自虐するセリフとしてドラマで言ってたけど
四半世紀すぎて篠原涼子が
「悪かったわね40で」と言ってるところを見ると
干支一回り差説は的を外してないと思うわ。


例えば今年で44歳になる藤原紀香の振る舞いをみると
まるで昔の32歳な感じだし
(32歳に見えるという意味ではないよ、振る舞いが
昔の32歳って意味)

芸能人を見るとよくわかるが
昔のハタチってのはアイドルでも凄く大人びていた。
山口百恵からはじまって中森明菜とかがハタチの時を
動画などで見てみるとびっくりするくらい大人っぽい。
皆18歳くらいから大人っぽく見られたくて
背伸びしていたような気がする。

それに比べるといまのハタチは幼い。
アイドルという括りでみても
幼さの需要という特殊なものが日本に存在するから
仕方ないのか知らんが
AKBの子達をみてもまゆゆや指原が
当時の中森明菜とか工藤静香などと
同じ年として考えると、
干支一回り差説はまんざらでもない。とおもう。

と考えるといまの40って昔のアラサーなんだよね。
これが「オトナ女子」の失敗の原因ではないだろうか
干支一回り差説を当てはめて
28歳設定の篠原涼子が結婚できないとドタバタしてる
ようなドラマを見たいひとがいるのか?
共感を生まないだろう。

ここは49歳位の女優が、
昔の37歳くらいの意識で生きてて
キャリアも順調、
おしゃれな会社で、収入もある。
ファッションにも手を抜かない。
でも職場の若い子とはちょっと距離があり
彼氏は結婚には遠い年下のヒモ的な〜
そして結婚できない傷を舐め合う同級生3人で
酒飲みながらドタバタする話にすればよかったのだ。

え、それどっかで見たことがある。
あれだ、
キョンキョンの
「最後から二番目の恋」だよ。


関連記事

ドラマ/映画等エンタメ | top▲
ANAの2015年から変わった制服って変だよね?

2015-10-16 Fri 03:16
先日某老舗デパートの寝具売り場に行った時のことである。
そこの売り場の店員さん達が異常なくらいに
変な服装をしていたところに出くわした。

デパートであるからして、
私服な訳ではない。なのに異常だったのだ。

その違和感を突き詰めるべく、会計を待ちながら観察した。

そうなのだ、決められた制服以外で自由にできる部分で
そこの売り場で何か流行めいた物があるらしいことがわかった。
履いてる靴下の長さとか、カーディガンの着方とか
ちょっと具体的には書かないが諸々。

常識的に考えてあまりにもおかしい組み合わせで
コーディネートしてる為、
面白すぎて噴き出しそうになったくらいだ。

純粋に怖いなって思った。


で、思い出したのだ。
これ同じような話がどっかであったなと。

そう、ホリエモンの「刑務所なう」の中のエピソードだ

確か受刑者は売店で物を買えるとかなんとかで
ホリエモンが獄中で楽しめる範囲のおしゃれをするという
涙ぐましい話だった。

具体例としては面会に来た人が購入してくれる差し入れの
売店に売ってるジャージの色に拘って
その色でかっこいいカッコ悪いがあるとか、
その売店で扱ってる新しいスニーカーを履くのがおしゃれだ
とかの衝撃的なエピソード。

刑務所売店にあるちょっと新しい物を身につけて
他の受刑者にちょっと自慢、みたいな、
刑務所にもあるプチトレンド。

でもそれジャージなんだよね?みたいな。


そしてもう一つ
興味深い話を友人から聞いたことがあるのを
ふと連動して思い出した。

某有名企業の山の中にある研究所。
(隔離され感は刑務所レベルだわね)

その中にいる人が全員見事にお揃いの作業着を
着てるそうなのだが
(震災の時に政治家が見事にみんな着てたあれ)
それだけなら、まあ研究所の制服なのかなで済むんだが

その作業着に階級別に色とかデザインがあって、
独自の進化を遂げていたらしいのである。

超ドヤ顔でその作業着を嬉々として着てる光景が
外部の客として行った人にとって
凄まじく変だったというエピソードである。

やはり人は隔離されると
その中で何か工夫しておしゃれしたいみたいな
変な方向に楽しみを見つけ出す物なのだろうか。
とおもってしまうこの三つの話の共通点。

そもそも人は外部との接触を断たれ
狭い空間や環境で過ごしていると
一般的な感覚を失い、同時に客観的に見られなくなって
服装などでもおかしな組み合わせでも
なんだかだんだん良く見えてくるどころか
狭い世界の中でありえない流行まで生まれてしまう。
というあの恐ろしい錯覚の出現なんだなとおもった。


それにしても隔離されると
必ず変な方向というか
より滅茶苦茶な方向に行くのは興味深いよね。

そして私がもう一つ変だなと思ってるのは

最近の例で言えば、制服の襟を立てて着てる
ANAの社員の皆さん。

今時、ジャケットの襟を立てて着るなんて
絶滅危惧種というか
蓮舫くらいしかいないんじゃないか?
な中で、ずっと襟立て着こなしを続けてるのも
なかなかすごいと思うんだが、

ANAの場合、中のブラウスの襟を立てて外に出す
というトドメまで。

2015年2月に新しくなったプラバルグルンのデザインは
微妙に纏足テイスト。(褒めてません)

理由は不明だが
何故かみなさんサイズが明らかに合ってない
パッツパツでシワのよりまくった
やたら小さいサイズのジャケットを着てる。

そしてANAの独自文化なのか
みんな揃って襟立てて着てるってのをみると
狭い閉じられた環境の中で
独自に進化した何かに見えてくるのであった。

変なんだけど、中にいると変だという感覚が
薄れて、あげくカッコイイとかに
自動昇華しちゃうのであろう。

アディダスのジャージの線みたいなデザインで
おまけに変なサイズ感の制服も見慣れてしまって、
「おかしい」
と思わなくなったら
どこがおかしいかすらわからなくなるので
新鮮な目で見たままを書いておく。

ANAのブラパルグルンのデザインした制服は
ありえないほど変だわよ。

特にあの小花模様の変なエプロン。
昭和の時代に良く魔法瓶とかキッチン用品に
無理やり付いてた花柄のようでダサイです。

だれか止める人おらんかったんか?
これも一種の麻痺しちゃうってやつなのか。
人の感覚というか錯覚って怖い。


ANAの制服がどんなのかわからない人は
こちらダサイ制服
関連記事

分類作業中 | top▲
JALとANAのビジネスクラスサービスに言いたい 2015版

2015-10-14 Wed 02:38

最新版はこちら

飛行機に関する役に立つ話が
聞きたい方はこちらへどうぞ





こちらの記事もどうぞ

















このブログ、もう読んでる人もほとんどいないと思うんだが
未来の自分が読んで2015年のSUZUはこんなことを思ってたんだ
ってわかるようにする為に覚書的なものは書いておこうと思う。

20151014021052c76.jpg

今日の話題は飛行機のサービスのお話
搭乗時のウェルカムシャンペンサービスと
機内でカプチーノの二つ。
エティハド航空はお花模様ラテアート!


ウェルカムドリンクとカプチーノの話題って言ったけど
具体的には
JALとANAのビジネスクラスのサービスに対する
文句というか不満2015版です。
(ファーストのサービスはまた別の話)


各社ビジネスクラスは長距離ではソロシートが主流になり
機材等ハード面では不満は少なくなった日系二社(鶴と穴)。
今日はサービスに関して突っ込みを入れたい。

チケットを各社のHPから経費でもなく自腹というか
まさに身銭切って購入しているため
(マイルで乗ってるとかじゃないもんでね)
文句の一つも言いたくなる訳です。

まず一つ目のツッコミ。
JALとANAのビジネスクラスで
未だにカプチーノすら飲めないショボさを
とっととどーにかしておくれ。

ANAの北米線ソフトドリンクメニュー
20151014021049288.jpg

JALの北米線ソフトドリンクメニュー
20151014021052f6a.jpg


これねえ、10年前くらいからずっと文句言ってると思う。
シンガポール航空やキャセイ、エティハド、などなど
多くのエアラインではビジネスクラスで普通に飲めるカプチーノや
カフェラテが(画像参照)

2015101402104830d.jpg


JALとANAだと飲めないのだ。

これは如何なものかと思う。

クッソマズイコーヒーに、追い打ちをかけるように
あのほぼ脂でできた時代錯誤のコーヒークリームをつけて持ってくるって
今日日、街場のやる気ない喫茶店でも無いサービスだよ。

いくら懐古主義っていったって
昭和を感じさせることに力を入れすぎである。

平成になって四半世紀も過ぎたし、
スタバもこれだけ定着したんだから、
マシンをギャレイに置くのが不可能なら
(他社は置いてますので不可能ではない)
OS(オーストリア航空)の充実したコーヒーメニューを
真似しろとは言わないが
インスタントの粉にお湯かけて出来るカプチーノくらい
搭載しとけと思うのであった。

毎回ソロシートに電源あるし、Nespresso持ち込もうかしら?と
頭をよぎるんだが、実現はしてない。

機内にミルクは搭載されている
コーヒーは美味しく無いけどいちをある。
なので原理的にはラテは作れる。
ってことで
この場合は
「ホットミルクひとつとコーヒー一つ頂戴」
とオーダーして自分でミックスするしかない。

いまのところJALとANAではこの方法で
切り抜けているが、
普通にラテくらいは注文を受けられるように
しておいて欲しいところ。




そしてもう一つ言いたいのは
ウェルカムシャンパンサービスのことである。

ウェルカムドリンク

なんの話かわかんない人のために説明しておくと
ビジネスクラスでは搭乗時地上でウェルカムドリンクなるサービスが
どこの会社でもあるのだ、

飛行機がスポットを離れプッシュバックするまでの間
ビジネスクラスの最初のサービスがこのウェルカムドリンク
(シャンパン、オレンジジュース、各社のオリジナルドリンクがでる)
サービスなのである。

日系エアラインは一時期このサービスを止めていた。
すごく意味不明なんだけど、
アメリカの同時多発テロがあったんで止めたのだ
(建前はね←事実は知らん)

でもANAはここ数年はちゃんとサービスするようになった。
グラスがプラスティックのだけどウェルカムドリンクを
地上で配るようにサービス復活させている。
気は心である。
さすが安全意識の緩いANA!
テロには屈しないらしい。
(ほめてます)

しかしJALはビジネスクラスで未だにウェルカムシャンパンが出ない。
2001年のテロの後からずっと既に14年間もこのサービスを
JALだけが中止し続けてるのである。
さすがにこれでは
テロに屈しすぎだろう。

てか変なの。

別に私は搭乗したらシャンパン飲まなきゃ死んじゃうとかもないし
機内で搭乗時はソロシートの巣作りに励んでいるんで
グラスが邪魔だから特にウェルカムドリンクを
激しく持って来いとは思うほど執着してるわけでは無いんだが

さっきも書いたけど
気は心なのよね
サービスって突き詰めれば結局そういうものじゃない?
気は心。

飲む飲まないは別にしてウェルカムドリンクって
すごく気分が上がるのだよ。
これから飛行機に乗るんだって気持ちが高まるというか
ほら、客船でも出航の際にシャンパン飲みながら港を離れる
一つの儀式みたいなもんになってる。
それがウェルカムシャンパンの役目。


で、さすがにあのアメリカのテロからもう14年も経ってるのに
なんでウェルカムシャンパンを出さないのか?と
JALに直接聞いてみたのである。
そしたら
「2001年のアメリカの同時多発テロのせいで安全確認の為?
ウェルカムドリンクサービスは中止してます」(←ざっくり意訳)」
という明後日の回答が来た。

いやーびっくりした
本当にウェルカムシャンパンを出さない言い訳に
この理由を書いてくるとは思わなかったよ。
この厚顔無恥っぷり何気にすごくない?

実はゼロ年代に同じ質問をJALにぶつけた知人から
この「テロで中止」っていう回答をもらったって話は
噂には聞いていたんだが、
2015年にも同じ回答で来るとは思わなかったんで
かなりあきれながらも笑ってしまった。

回答を書いた社員、自分で書いてて嫌にならなかったのかしら?
私だったら、すごく恥ずかしいなあと嫌になるとおもうし
会社に愛想尽かすには充分な理由だと思うんだよね。

だけど、恥ずかしげもなくこの理由を使い回すってことは
回答した社員も、この会社も
未だになーんも考えてないなと思った次第。


だって搭乗時、地上でのウェルカムシャンパンサービスって
JALの場合ファーストクラスでは行われているのである。

だったらテロ後の安全確認?は関係無いでしょ。
そんな重要な安全上の理由なら
ファーストでは可能ってのも筋が通らん。

こういうすぐ突っ込まれるような回答で
客を騙せると思ってるとしたら
JALってほんとバカなのかしら?と
呆れてしまったのだった。

一度潰れればわかるかと思ったけど、
バカって死んでも治らないってよく言ったもんで
治ってなかったわ。

安全のためって言っとけば客を納得させられると思ってんのかな。
そもそもアメリカの同時多発テロがあった件と
ウェルカムシャンペンサービスが
なんの関係があるのか
テロ後の安全の為ウェルカムシャンペンを
出さないというロジックが
全く理解できない。

実際にテロで飛行機を乗っ取られ実害が出たアメリカン航空も
ユナイテッド航空も、フツーにウェルカムシャンパンサービスは
行われているのである。

逆にJALがテロ対策でウェルカムシャンパンを出さないでいると
安全上どんな効果があるのか非常に興味深いよね。

とはいえ
「客にサービスするシャンパン代の経費が勿体ないからです。」って
正直に言えるはずがないので
「テロのせい」
って理由が都合よすぎて
未だに使い回す的に言ってるんだろうけど。
アメリカの同時多発テロは2001年の話で
それから10年以上経ってるのに
まだ復活させられないってのは、
なかなか恥ずかしい話なんじゃないのかね。

て言うか、
JALのウェルカムドリンクは非常に間抜けなタイミング。
そう、飛行機が水平飛行に入ってベルトサインが消えたら
持ってくるのよね。
これが本当に嫌。

水平飛行に入ってからもたもた持ってくるような
ウェルカムドリンクなんか無価値だ。
大事な事なのでもう一回言います。

無価値

飛行機が空にあがったら食事の前でもあるし
ここでは食前酒が欲しいタイミングなのですよ。

結局はあがってからのウェルカム〜は
タイミングはアホすぎて邪魔なサービスにしかなってない。

やっつけ仕事でとりあえずウェルカムドリンク出しときゃいいか
と思ってるからこういう流れを無視したサービスを
やらかすんだろうなと。

ほんと、いままでそうだったから、そのままでいいと思ってるなら
進歩が無いし、あまりにマヌケなので
サービスプランを組み立てるJALの社員はもうちょっと頭使いましょう
とおもうのであった。

て言うかこんなクソサービスで許してるとかって
JALの客って調教されすぎなのでは?
情けない。

JALに乗ってる客って結局JALしか乗らないから
他の会社が普通にやってるサービスがJALには出来てないって
現実を知らんのかね?
とちょっと不思議に思ったりもするのであった。



悪いけどシートも食事ももっといいエアラインがいっぱいあるし
「なんでウェルカムドリンク出さないの?」って質問に
こういう意味不明なこというJALのチケットなんか買ってやらないから
どうでもいいっちゃどうでもいいけど。

ANAにできてJALにできないってことは
JALがそれだけ劣ってるっていう証明でもあるんで
ほんとにナショナルフラッグの座を明け渡したということなのね。
という訳で
みごとナショナルフラッグキャリアとなったANAには
折角shipにも社名と共に「Inspiration of Japan」と入れてるんだから
Tastes of JAPAN by ANAメニューに絡めて
一刻も早くビジネスクラスで抹茶ラテでも出すようにして
インバウンド需要があがってるいまこそ海外の方々に
「ワオ!抹茶!クールジャパン」と言われて欲しいと思うのでした。

ANAよがんばっておくれ。
関連記事

飛行機ファーストクラス、ビジネスクラスの使い方 | top▲
| TOP |
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]