結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

まとめ1:東京のフレンチはコンプレックスビジネスそのもの。

2012-09-13 Thu 12:00
公開記事です。



注意:
最初にお断りしておきますが、このブログで書かれる
『田舎モン』とは精神性のことであって
地方出身者の総称ではございません。
なんだか知らんが日本語不得意なのか
読解力が無いのか?
そこを間違って読んで因縁つけてくるのがいるので。

東京生まれ東京育ちにだって
田舎モンと定義できるひとは沢山います。
『田舎根性』とは単に各個人が持つ精神性の問題なので
南米に住んでようが、マダガスカルに住んでようが
田舎もんではないひとも沢山居ます。
逆に大都会ロンドンやニューヨークに住んでたって
目も当てられない田舎モン一杯居ます。

田舎モンとは生まれた場所や住んでる地域を
指しているわけではございませんので、
そこ間違って、うだうだと本筋から関係ない
アホな言いがかりをつけてこないように。




===
さて、結論からいうと。
田舎モノの究極の集合体である東京という街で
フランス料理のレストランをやる場合には
新規参入者が最初からホンモノなんて
追求するべきじゃないって事。

すべきじゃないって言うか、
それはあまりにも無謀だし無駄だ。

価値のわからない人たちに向かって
本物を提供することくらい愚かで無駄なことは無い。
解らない人にはそれなりの程度のものを
与えておけば良いのである。

商売とはボランティア活動ではないのだから。

誠実に商売をすることは正義ではあるかもしれないが
正義は万能ではないのだ。
正義では人は幸せになれない。


儲けてナンボ
勝てば官軍だ。

これって今更わかった話ではなく、
特殊な土地で商売をやろうと思ったら
そこに居る人たちが何に対して財布の紐を
緩めるのかを考えないといけない。

多くの一般的なフランス料理店なんてものは
東京に住む田舎モンにとっては英会話やダイエットと同じ
コンプレックスビジネスの一つなのだから。

一般的な収入しかない庶民が、清水ジャンプしなくても
ちょっと普段の外食にお金を足せば手が届く範囲の値段で

「私って青山や麻布十番、代官山で
シャンパン飲みながらフレンチ食べられるほど
大人になったんだわあ~」


と確認行為が出来ないと流行らないのである。

それが証拠に、お洒落気取りどもが
これでもかというくらい、ツイッターやら
フェイスブックにシャンパンで乾杯してる画像を
アップしてるじゃないか。

とっとと美味しいうちに食べればいいものを
出された料理の温度のタイミングも無視して
大撮影大会を長々とやり、
撮影が終わるとみんな黙々と食べるのではなく
なんと全員がスマホでフェイスブックやツイッターに
黙々と画像をUPし始めるという。

なんとも奇妙な光景が繰り広げられる状況を見ても

彼らは味わうことが第一義ではなく
フェイスブックやツイッターで
東京のお洒落な場所でフレンチを食べる自分のアピールで
忙しいのであるからして

あれはもう単純に
「こんなにお洒落でステキな私を見て!」
とアピールして

コンプレックスを克服したんだぞ
東京でお金使って遊べているんだぞという
承認欲求をSNSで満たしているに過ぎない。

東京のお洒落フレンチというのは
正にコンプレックスビジネスそのものなのだよ。


要はシェフがどんなに美味しくて素材が良く
素晴しい料理をつくったとしても
ツイッターやフェイスブックに載せる有り難味が
スパイスとして皿の上に無いと
彼らには何の意味もないのだ。

重要なのはシェフの腕でも味でもなく
フォトジェニックな料理のカラーや
盛り付け、あっと驚くような斬新なサーブの仕方。
そしてお洒落な立地である。

松戸のフレンチでシャンパンで乾杯!と言うよりも
青山のフレンチでシャンパンで乾杯!と言う方が
コンプレックスは百倍満たされるのだから。


そこで求められてるものはホンモノではなく
ニセモノ。
偽者とは言いすぎか

じゃあ言い換えるか。

地味なホンモノより見栄えがいいフェイク


その手の歪んだ承認欲求を満たすには
フレンチの素材も味もシェフの腕すら
ホンモノである必要性が無いのである。


コンプレックスビジネスの代表格である「英会話学校」
例えて言えばより一層理解し易いか?

本格的な通訳養成学校みたいな地味な学校で
日本人の優秀な先生に文法や発音をみっちり鍛えてもらうことは
本人の英語コンプレックスの穴埋めのために
英会話教室に通う人間は求めていない

この手の英語コンプが原動力の田舎モノは
100%白人至上主義であり
英会話を白人から学ぶカッコよさだけは外せないので
駅前留学で見た目が白人であればよいのである。


どんなに訛ってる英語を喋る頭も質も悪い白人の外国人講師なら
誰でもいいのだ。

白人相手に天気の話をなんとなくかっこつけて
ネイティブにちかい風発音で話が出来たら、
彼らのコンプレックスは
簡単に解消されるのである。

そして自分の言いたい事を言う場合

「YOU KNOW?」

を付けて言えるようになれば
理想の英語ぺらぺらイメージが実現が出来て
満足度アップ、

こんな程度で満たされる英語コンプレックス。


東京でクラシックで高額なフレンチが軒並み苦戦し
そのかわりフレンチなのにパスタがメニューにあるような
意味不明な線引きのイタリアンだかフレンチだかすら
料理のカテゴリーすら曖昧な激安フレンチレストランが台頭するのは

正に、この通訳になりたいほどの英語力を付けたいと思ってないけど
英語コンプレックスはかっこ悪いから解消しておきたい層に
手軽な駅前留学が受ける。という構図と全く同じ話なのである。


コンプレックスの解消装置として
存在意義を見出す東京のフェイクフレンチ。

田舎モン相手の商売としては
ドンピシャ
両者の利害が一致している
好例なのではないか?

フェイクが悪だとは言ってないよ。


いつの時代も需要があるところに提供出来ることが
何よりも儲けられる要素なのだからさ。


なんだか思ったより書きたい事が増えて
長くなったので

次回につづく


(これは新作書下ろし付きですよ)

パスワードをお持ちでない方はあわせて
これ
これ
の二つの記事を読んでから本記事をお読みください。
関連記事

分類作業中 | top▲
[P]8:「まずい食材はない。まずい料理があるだけだ。」 ミッシェル・サラゲッタ

2012-09-11 Tue 23:00
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

分類作業中 | top▲
7:「まずい食材はない。まずい料理があるだけだ。」 ミッシェル・サラゲッタ

2012-09-11 Tue 19:00
さて、ずっとパスワードをかけてきた記事ですが
この記事は公開記事に致します。

パスワード記事が読めない人はまずこれから読んでね
1:「まずい食材はない。まずい料理があるだけだ。」 ミッシェル・サラゲッタ  


ここまでのあらすじ

フレンチレストランに出資するという知人に声をかけられ
参加したシェフの品定め会。
(シェフとして雇って大丈夫かを試験する会だな)
シェフは前宣伝では若いけど相当な経歴の持ち主
フランスにも料理修行に三ツ星レストランに行ったとか
ちゃんと厨房で働かせて貰っていたかどうかは自称なので不明
(精一杯の嫌味ですよ)

そこで唖然とするようなダメダメ料理がこれでもかと出てきて
参加者数名が不機嫌になる始末。(勿論私が一番不機嫌)
あまりの厳しい評価にシェフ候補は評価の途中で
拗ねて帰っちゃうという無茶苦茶な展開に。

(会話の内容、その他の参加者の辛らつなコメント等詳細は
常識を考えてネットに公開出来るものではないので
パスワードをかけての記事にしております。)





さて、拗ねて帰ってしまったシェフ候補
残された我々の立場は?

今回主催したパトロンは場をとりなす事に必死。
まだ若いので、いろいろ教えないといけないというけど。
ありゃ使い物にならんだろう。

このシェフ候補の学ぶべきは料理じゃないんじゃないか?

というか私は言いたいぞ。

あんた勉強したくないわけ?
みんなの感想を聞きたくないわけ?

例えば私がこれから東京の料理業界で勝負しようという立場なら
寝ないで朝まで、つきあって
意見を教えてもらうね、
だって食べ手の忌憚無い意見を聞けるなんて
チャンスめったにないじゃないか!

これだけの人に集まってもらったのに
私だったらICレコーダーで録音して
ついでにメモも取るね。
一人一人横に座って謙虚な気持ちで
その人のコメントを書きとめるね。

お金払ったって生の声を拾える状況なんて
めったにない

そりゃ誉めそやしてくれる人は一杯居るよ

でも本気で勝ちたかったら、
自分の夢を叶えたかったら
苦言が一番参考になるんだからさ。

苦言を受け入れて改善するって
最強の武器になるんだよ。

大人ってのは、後がめんどくさいから
本当のことは誰も言ってくれない
お世辞は言ってくれても
あなたってこうですねってほんとの事は
絶対に聞けない。

忌憚無い客観的な視点て~のは
無料では普通手に入らないのだ。
お金出して頼んで教えてもらわないと
手に入らないのだ。

お金出したってその評価者がダメダメだったら
ほんとの視点なんて手には入らない。

解ってる人の客観的な視点が一番価値があるんだけど
なかなか手に入れることが出来ない難しいものなのである。

ほとんどの人は自分を俯瞰してみることは
不可能に近い、多重人格で自分以外の他人格を
自覚できる状況にあるとか特殊な性質を持ってない限り
無理だろう。


まあ素面になって考えても
私も散々言いたい事いったよなーとは思うけど

でも、
「うわあすごい」とか「いやーんおいしい」などと持ち上げてやる
義理も無いからな。
すごけりゃ、ちゃんと凄いと言いますよ。

それより、私はれっきとしたパトロン側の知人の立場の人間なんで、
パトロンに損をさせるわけにいかんのだよ
どっちかというとシェフを誉めることを期待されて無い人間なの。
キッチリダメ出しはして、レストランが儲かるようにするのが
第一義。シェフの自己満足度合いを手伝うの役割ではない。
いかに経営的にうまくいかせるか、
そっちのほうがシェフのプライドを保つことより大事なのよ
経営陣の視点というのはそういうものだ。


それなのに何だ?
箸にも棒にもかからないようなレベルの皿出してきて
店やりたいと無謀なこと言うから
ほんとのことを言ってやっただけじゃないか。


よおく考えると私ってなんて親切で
愛に満ち溢れた人間なんだろうと思います。
だって、散々自分で大枚はたいてつみあげた経験値を使って
タダで肝心な事教えてやってるんだよ(ゴーマソ発言??)




で、私なりに考えました。
この若造自称フレンチシェフに絶対的に足りないものは何か


そう、それは
お客様を楽しませようとする心意気

そして、
もてなそうとするホスピタリティ。
なんだなー。

非常に残念なボクちゃんだ。幼すぎる。


態度を見てると、どうも端々に
「こんなすごい天才な俺様が凄い料理を食べさせてやるんだから喜べ」
みたいなゴーマソで不遜な態度が見え隠れ。いや隠してないな
すんごく見えて非常に不愉快な皿なのよ。

人を幸せにしない皿。
どころか
人を不愉快にさせる皿。

ぶっちゃけて言うと
下品な表現お許しを。

人を不愉快にさせる皿ってより
シェフのオナ■ーに付き合ってやらないといかん感じ


私は思い出しました。ここで
この人に贈る一言べきを

そう、

ドラマ 王様のレストラン(三谷脚本)で

「まずい食材はない。まずい料理があるだけだ。」
Byミッシェル・サラゲッタ


と言ってたが
まったくそのとおり。


残念シェフ見習い(私の中でこいつは見習いに降格。
シェフと呼ぶにはまだまだ未熟すぎる)
にはこの言葉を
皿に焼いてプレゼントしたいわ。

どっかにあたしの書いた字で皿を焼いてくれる
便利な工房は無いかしら?

このシェフ見習いはフランスかぶれだからこの言葉は
やっぱフランス語にしたほうがいいかね?


続く
















関連記事

分類作業中 | top▲
[P]6:「まずい食材はない。まずい料理があるだけだ。」 ミッシェル・サラゲッタ

2012-09-11 Tue 13:00
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

分類作業中 | top▲
[P]5:「まずい食材はない。まずい料理があるだけだ。」 ミッシェル・サラゲッタ

2012-09-11 Tue 02:00
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

分類作業中 | top▲
[P]4:「まずい食材はない。まずい料理があるだけだ。」 ミッシェル・サラゲッタ

2012-09-11 Tue 01:30
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

分類作業中 | top▲
[P]3:「まずい食材はない。まずい料理があるだけだ。」 ミッシェル・サラゲッタ

2012-09-11 Tue 00:00
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

分類作業中 | top▲
[P]2:「まずい食材はない。まずい料理があるだけだ。」 ミッシェル・サラゲッタ

2012-09-10 Mon 22:00
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

分類作業中 | top▲
1:「まずい食材はない。まずい料理があるだけだ。」 ミッシェル・サラゲッタ

2012-09-10 Mon 20:00
この記事は公開モードとパスワードモードを使い分けて
リクエストのあった記事に加筆修正を加え
実験的にアップしているものです。

パスワードに関しては従来の会員に渡していたものではございません。
あくまで実験ですので文句等は受け付けません。



それでははじまります。

===公開モード===

ちょっと面白い会に呼ばれたので顛末を書こうと思う。


それにしても、東京の食文化というのは
世界でも1~2を争うといわれてるようだが

Byミシュラン社長?

あたしに言わせたらそもそも東京なんて
田舎もんの集合体でしかないもんなー。
そこでそんなに素晴しいクオリティの高い食文化が
本当に育っているのだろうか?
はなはだ疑問。

だってさー大人になってから東京のレストランデビューした
味も価値もわからんような人々・・・

具体的に言うと
金だけ手にしてちょっと成功しちゃったみたいな
勘違い君か、
実は味じゃなくて雰囲気だけで丼飯だけが食えそうな
スイーツで舌が麻痺してる素敵ブロガーたちが
マーケットの中心なんで
ちゃんとした食文化が栄えるわけがないって思ってるんだけど。

東京に居る「葱しょったカモ」ってのは
まさにわかってないからこそ、
他人=雑誌や料理評論家やアルファブロガーの物差しを
鵜呑みにして、
誰かがいいと許可してくれたところに
喜び勇んでいくわけだし。

飯を食うのも誰かの物差しで生きるって
ほんとに幸せなのかといつも思うが
私の人生ではないのでそれはそれで
どーでもいいっちゃどうでもいいな。

というわけで
今回のお話のはじまりはじまり。


★★★★★


とある真夏日の夜
都内の某所である目的の食事会が行われた。


背景を説明するとちょっとした知り合いから頼まれての
食事会の参加であった。

ざっくりいうとそのパトロンが探してきたシェフが
ほんとに使い物になるか直接料理を作らせて
その料理のクオリティを評価する会とでも言おうか。

経歴と前評判だけは立派なんだけど
肝心の腕のほうが受け入れられるものなのか
ってことで
ジャッジする人々を集めてのいわば試食会という名の
採用試験である。

集まった人たちはそこそこ名の知れたクリエーターだの
なんだのかんだのもにょもにょもにょ

うわあ何をする  vbんm、、llsjdkっふじこ

というわけでここから先は適宜パスワード記事になります。

今回のパスワード配布条件は内緒。
関連記事

分類作業中 | コメント:0 | top▲
| TOP |
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]