結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

死ぬ準備 2011年バージョン

2011-05-16 Mon 20:00
あの大震災と津波とそして原発の事故から二ヶ月が過ぎた。

私は4月に日本を離れて、近所の聖堂の鐘の音を毎日聞きながら
「死ぬと言うこと」について考えている。

この数ヶ月の間で『人間は必ず死ぬ』という当たり前のことに
やっと気が付き始めた人が増えたとしたら、
それはとても良いことだと思う。

逆に言えばこんなシビアな災害の中に身をおきながら
死について考えないとしたらそれはどっかおかしいんだとおもうがな。

いままでは自分の人生の中の必ずある出来事なのに
「死」というものに向き合わない人たちを沢山見てきた。
まるで、自分は不死身だと言わんばかりの根拠なき楽観をする
頭が残念な人たちは見事にあっさり死んで行き
残された人たちにお約束のように迷惑を掛け捲っていた。


まわりがそんな調子だったのでそれをきっかけに
2004年に書いた日記がある。
「死ぬ準備」という題名でエントリーした記事だ。
まだブログという形式も無く「日記サイト」というものに
1000文字制限に泣きながら文章を書き散らかしていた頃である。

 注:読んだら戻ってきてね。

死ぬ準備


 お帰りなさい


もともと「死ぬ」という事を予測したり、想定したりすることは
昔から【不謹慎】だと言われてきた。

『縁起でもない』と言われるその「死」は

実は確実に万人の上に唯一満遍なく降りかかる定めなのに。



実際に震災と津波の難は逃れたものの、
二ヶ月たったのに原発が全く安定していない現実は
いつか自分の身の上に起こるであろう死が確実に
引き寄せられていることを示している。

それだけではない。

留学先の地震で校舎が倒壊して命を失うなんてこともあったし、

激安ユッケを食べただけで死んでしまうとか
車両が小学生の列に突っ込んで何人もの死者を出したりとか

今後のことで言えば
原発事故で汚染された食物を今後半永久的に食べ続けなければならなくなり
内部被曝をするんじゃないかと怯えたり
ビンラディン暗殺による報復テロがあるんじゃないかと警戒したり

とまあ現代社会というのは死と隣り合わせにあるといっても
言いすぎでは無いだろう。

2004年の記事の冒頭でも書いたが

現代社会は危険が一杯である、いつ死ぬかわからない。

これは紛れも無い事実である。


さて、この世に生まれ出た瞬間に既に決まっていることは
人間は必ず死ぬということなのであるが
「死」に関しての認識は三つに分けられる事を発見した。


1:常に明日は死んで自分は居ないかもしれないとおもって
  遺言状を書いたり、委任状を書いたり、残された家族の為に何かしらの
  アクションを取ってる人

2:人はいつかは死ぬということはなんとなくは知っているけど
  何も対策をしていないちょっと残念な人(=大多数がこれ)

3:死をまったく考えて無い恐るべき「無知は無敵」いきなり死んでしまう
  残された人に丸投げ型な人


まあ、私は10年前にこの日記をはじめた時から、
人を不快にする毒舌で売っている(売れてないけど)キャラ設定なので
そのポジションから言わせて貰うと
種別3の人に関しては存在自体が愚か過ぎて、
どーでもいい人である確率が限りなく高いので
係わり合いにならないに越した事は無いであろうとはおもうんだが

一番困るのは2のタイプ

なんとなく人は死ぬと言うことは知ってるけど
自分の死に向き合ってないので、
きちんと残されたものにして欲しいことを伝えて無いとか
準備して無いとかいうのが非常に厄介なのだ。

要は種別2の方々が人口の中で一番パーセンテージの多いので
係わる確率も高いのよ。


で、何が言いたいかって言うと

いま若くて健康なうちに自分が死んだときにどうして欲しいか
書き記しておきましょうってことなのだよ。


多くの種別2の人たちが種別1に移行してくれたら
ドンだけの人たちの手を煩わさないで済んで、
そのうえ自分の願いも叶えられるか

メリットしかないではないか。

あの津波と震災以降、日本人がいままでのくだらない思考を捨てて
いい風に変われるか?とちょっと期待したんだけど
どうも皆さんどう変わっていいのかすら、
「自分で考えて行動する習慣が無い」残念な人たちにはわからんようで
元に戻りたいってことばっかり思ってるような気がするから。

「自分の頭で考える練習」として

まず自らの死と向き合うことから始めてみてはいかがか?と
私からの提案である。


ホントなら自分の頭で考えろって突き放して言うところなんだけど、
いま私は2004年からは7年もたっていて
かなり性格も穏やかに優しくそして丸くなっているので

何を書いていいか解らない人に手を差し伸べることとする。


★ 葬儀の形式
  例:宗教はどれにするのか・火葬なのか土葬なのか、
  見栄っ張りなのでブランド寺でやりたいなど

★ 棺には何を入れてほしいのか?
  例:お金と宝石とか毛皮とか生前強欲だったことがわかるもの

★ 自分の亡骸には何を着せてほしいのか?
  例:全身ヨージヤマモトにしてくれとか

★ 靴はどんなものを履かせてほしいのか?
  例:マノロかルブタンじゃないとイヤとか

★ その他希望
  例:花と線香は嫌いなので禁止とか

★ 墓の場所
  例:墓は絶対青山墓地、散骨はハワイの海にしてくれなど

★ 遺産や高価な物品の山分け
  例:大事な一張羅のバーキンは強欲な嫁にやりたくないので
    ヤフオクで売って日本赤十字に寄付しろなど


注意:ここに書いた例は私の希望ではなくあくまで例ですので勘違いしないように。


とまあこんな具合に、若くて健康な今だからこそ
例えば夫婦で向き合って話し合ってお互いに書き記したらどうだろうか?


万が一「死を考えるなんて縁起でもないとか、不謹慎だ」なんていうような
夫や妻なら、きっと有事の際には全く使えない人材である事が
簡単に予測できるので、そんな馬鹿とはリスクヘッジとして
今すぐ離婚する事も合わせてオススメする。


では皆さんの「死ぬ準備」こんな事を考えたとかあったら
是非コメント欄で教えてください。



そして最後になりましたが

私が棺の中ににいれて欲しいものは、宝石でも毛皮でもなく
大切な仲間たちの「思い」です。

私を思ってくれる仲間の「思い」を持って旅立てたら
すばらしいことだと。

そしてその思いこそが天国で再会できるきっかけになるだろうから。


私にとって一番大事なものはお金では買えない「思い」なのだと
はっきりとわかった今
恩は恩で返すという今までの自分の身をすり減らす生き方も
間違っていなかったと胸を張って言いたいと思います。


いま私の周りに残っている仲間達に改めて御礼を言います。


ありがとう。




それからいま大事なものを思い出した。
「思いだけでいい」なんてカッコイイことを言った数秒後に悪いが
私の棺には腹巻パンツだけは忘れずに入れてくれ!
腹冷えると腹Pになるんでそこんとこだけよろしく!
関連記事

分類作業中 | コメント:16 | top▲
空でまた逢いましょう

2011-05-06 Fri 09:17
sora
関連記事

分類作業中 | top▲
| TOP |
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]