結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

東京いい店やれる店

2007-11-22 Thu 18:45
MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008) MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008)
(2007/11/22)
日本ミシュランタイヤ

この商品の詳細を見る



ミシュランガイド東京版の事について
あたしがなんて書くか
いろんな意味で
超楽しみにしてるひとが
きっと一杯いると思うんだけど(笑)


東京いい店やれる店 東京いい店やれる店
ホイチョイプロダクションズ (1994/07)
小学館

この商品の詳細を見る



こっちのほうが役に立つぜ!


以上















これだけだと
ブーイングが来そうだ。


でもさ~、
書くこと無いんだもん。


一言で言えばミシュランガイドは
『非常につまらないガイドブックである』という感じか。
(読んでないけど)(ダハー)


星の大盤振る舞いだとか
高級店ばっかりだとか
寿司鉄板焼き天ぷらに星あげて
「欧米人(ぷっ)接待ガイド」
じゃないか!とか

もう、そんな意見は
星取り表が発表になってから数日
散々わかった風な人たちが
TVにでまくって
使い古されてるからねえ。

今更私から聞きたくないだろう。



本日午後、本屋を数件回ったが
見事に何処にも無かったよ
ミシュランガイド。


いや、買うつもりは無くて
立ち読みする予定だったのよ。

んなもん買うわけないじゃんけ!
(真っ当なガイドなら買って読もうと
思ってたよ)


ってか、
掲載店舗に全て星が与えられてるって
発表された時点で
買うという選択肢は私の中からは消えたのである。


あったりまえじゃんか。
そんな今更な情報に
払う金は私には無い!



だいたいさ~いつからミシュランガイドは
高級店案内書に方針転換したんだ?


こんなガイドBOOKなら
いらねー
買う価値なし。
立ち読みで充分だ。


じゃあ、どういう人が
ミシュランガイドを
わざわざ買ったのかと
いう事だ

そこが興味深いところじゃないか?


昨日までミシュランの「ミ」の字も
知らなかったような
メンタリティがイナカモンな人が
喜んで、ありがたがって買うんですよ。


最近何処の国のガイドの売り上げも
ダメダメでがっくり気味の
総責任者のナレちゃん
日本で荒稼ぎできて大喜び♪


具体的に購入する人物像を
推理するとだな

きっと、マイルの為に
おにぎりばかり買うような
人じゃないですかね?
(一部意味明瞭)


てのは冗談だけど。




  セレブなレストランに興味は有るけど
  自力ではおいそれと行けないので
  脳内妄想訪問する為の
  イメトレ用の道具として購入。
 
 


この層を狙ってマーケティングしてないと
売り切れました!
ってなるほど売れないわな
さすが電通・・・・(へ?違うの?)


ランチに2万3千円は出せないけど
妄想道具になら2300円は出せる
ってところか。


そうそう、話し変わるが
ガイジンの覆面調査員が
モズクが嫌いだった話とか
バレバレ調査だったとか
裏話が流れてきてますが



何度か私もガイジンを接待で
寿司屋に連れてった経験あるんだけどさ

どんなに箸がうまい人でも
寿司を箸で食べるってのは
困難な模様。

手で食べろと教えても
不器用なのか
醤油うまくつけられないんだよね


まずどんなヤツでも100%
ドボドボに醤油を小皿に入れちゃって
せっかくのにぎりを
小皿にあふれんばかりの醤油に
べしゃべしゃ浸けるもんで
米はかなしいことにばらばらになって
小皿に残り
小皿の中に山盛りの醤油飯が出来上がるっと


もう、何も言うまい。



そういえば、
『日本が誇る蕎麦の名店が入ってないではないか!』

と言ったら

『あのズルズルすする音がガイジン調査員には
耐えられなかったんじゃないか?』
と答えた友。

なるほど、


蕎麦で思い出したが
ガイジンに蕎麦を食べさせたら
お汁をさきにぜーんぶ飲んじゃってさ
あとで残った麺だけを
ゆっくり食べていた。

ラーメンに連れてってもそれやられた。


きもちわり~食べ方するなと
心の中で叫んだけど。
顔はにっこりよ。
とりあえず笑っとくのが
日本人として正しい姿。



以上の例と
私の経験から言っても
ガイジンには日本食を評価するのは無理なんじゃないかと
おもいまっせ。






でもねえ、
ミシュランの調査員にはなりたくないねえ。
裏ミシュラン―ヴェールを剥がれた美食の権威 裏ミシュラン―ヴェールを剥がれた美食の権威
パスカル レミ (2004/12)
バジリコ

この商品の詳細を見る


訳者がダメダメなので
文章としては
非常に退屈だけど
中身は面白いので
読む価値有り。

この本を読む限り
覆面調査員は少ない経費で
がんばってるみたいですけど。



ユーロ高で円が無茶苦茶弱いこの時期
ミシュランにとって日本の高級料亭も
客を値踏みしてぼったくる事で有名な寿司屋も
無茶苦茶リーズナブルに感じたんではなかろうか?


ま、いろんな意味で
ドメスティックな感覚しか持ってない
日本人はわりかし多いんで
ミシュラン様に評価していただいた~
舞い上がってるのが多そうだけどね。



どうでもいいけど
ホイチョイプロダクション
是非『東京いい店やれる店2008』の出版を
計画しておくれ!


関連記事

分類作業中 | トラックバック:0 | コメント:3 | top▲
Michelin Guide

2007-11-13 Tue 01:34
book01


Michelin Guide
San Francisco, Bay Area & Wine Country2008版を
Barnes & Nobleで 

『お買い上げー』(っぷっ)

じゃなくて

買った。

今月『東京』版が出るので
戦々恐々な業界の方々とも
結構話題になることが多い
ミシュランガイド。


先月出たばっかりの
ベイエリアの2008年版をBarnes & Nobleに
買いに行ってきました。

最後の一冊、背表紙にちょっと
傷があったので

アメーリカの書店の本は
みーんななんか食ったりしながら
立ち読み(座り読み)してるんで
「きちゃない」のよね

カスタマーサービスで他の在庫ないか
聞いたら、
「これが最後の一冊、新しいヤツをオーダーする?」
だって、

ええ、また来月も来ますから
オーダーしても良かったんだけど

「今すぐ使いたいからこれでいいや~」
と。


ミシュランガイドは★のことばっかりに
話題がフォーカスされていて
勝手にイメージを作られてるみたいだけど
(手に取ったこと無い人にね)
別に高級店ばっかり選別してるわけではないのだよね
真っ当な店かどうかって事とか
ある程度はコレを頼りにすれば
簡易羅針盤にはなる。
てなわけで私は20年前
なんて面白い本だろ~とおもったのが
読み始めたきっかけ。

いまや家で一切食事をしない私としては
いろんなレベルのレストランを網羅してる
ガイドブックってのは
結構「使える」のである。

したがって「東京版」は
別の方向で楽しみにしているのだ。
★に関しては
何処に★がつくかってのは興味があるが
ただそれだけ、

それより、ミシュランマークが
どの店につくのか
そっちのほうを注目してるかな。

というより、
どういう店をピックアップして
載せてるんだろうかという事が
一番興味有るな。

まあ、私のように一般人で365日外食って人は
あんまり%は多くないと思うので
私の評価ってのがスタンダードに近いのかどうか
わかんないけどね。


でもってさ~
スーパーのインスタント食品や
デパ地下の出来合い惣菜を買ってきて
ただ並べてるだけの夕飯を食べてる
どうみてもグルメな舌をお持ちで無い方々が
ミシュラン東京版が出たら
偉そうにいろんな事を言いたい放題するに
違いなんで
それはそれで楽しみだったりする。

ええ、だって。
一週間のどこかの一食に冷凍食品や
カップ麺が入るような食生活の人に
味がわかるとあんまり思えないんだもん。

料理好きとか威張る割りに
塩が「アジシオ」だったりると
がっくりするというか
なんというか。


美味しいもの食べたかったら
まず、調味料にお金かけなさいね。
とおもう私なんで


結構さ~、食材がどーたら。
産地がどうたらと偉そうなこと言ってる
シェフが
鳴り物入りで独立した店なんかに
いってみると
塩がダメダメだったりするんだよね

最近「My塩」もって出歩こうかと
思ってるほど意外に塩にこだわってない
作り手が多いんだよね~

塩と水、重要ですから。

私が日本でレストランをチェックする基準

1:トイレの清潔さ
2:水の味
  (ある程度の店だと有料ミネラルウォーターですが)
3:何処の塩を使ってるか


この三つを見れば
まあだいたいどんな店なのかは
わかるわな。

というわけで
ミシュラン東京版の発売日には
多分本を片手に日本に居ると思います。


関連記事

分類作業中 | トラックバック:0 | コメント:0 | top▲
コペンハーゲン市庁舎

2007-11-03 Sat 00:06
cph01


コペンのパレスホテルって
ホーンテッドマンションみたい。
二度と泊まりません。

関連記事

分類作業中 | トラックバック:0 | コメント:0 | top▲
JA8150が退役

2007-11-01 Thu 21:36
JA8150


JA8150、
B747-200クラシックジャンボが
10月31日をもって退役したんだそうな。

この画像JA8150が
JO941/942として運行中に
NRTの第一ターミナルの某ラウンジから撮ったもの。

この機材、間違われやすいんだけど
螺旋階段ではなく
ストレートと呼ばれる階段がついた機材で
コンフィギュレーションはB35

NO MOVIE SEAT
と呼ばれるモニターが見えない席が有るので
忘れずに必ずライブデモをしないといかんっていう
機材だったんだな。

このJA8150退役を持って
リゾッチャ塗装&クラシックジャンボが
日本の空から消滅したことになるんですね。

ここ数年国内線のCTS-HNDなんかで
この機材が入ってクラスJでシーズンズシートだと
ラッキーみたいな感じだったけど。

国際線でいきなりSHIPチェンジで
L機材からコレに突き落とされた時は
涙が出ました。
すぐに便を変更してシェルフラットに
乗りましたが。


今考えたら乗っとけば良かったかな。
人って勝手だわ
無くなると思うと惜しくなる。


うーん
なんとなく一時代終わったような
すっごく寂しい気分。

DC10が退役した時より
悲しいのはなんでだ?


A380の就航の陰で
こうやってジャンボが少しずつ
少なくなってるのは
寂しい。


私は飛行機といえばジャンボ機という
イメージがもう、刷り込みというか
なんというか小さい頃からあるんだよね。


一番好きな機材といえばB747
飛行機らしい飛行機だとおもう。


あとねえB747のいいところは
L1から乗り込むと
左に曲がるとファースト
右に曲がるとビジネスって事。

ファーストだと他のPAXに
見られる事は無い。
完全にファーストクラスの世界が
確立されること。

B777やA340だとさ
L1から乗ってくる客が
かならずチラ見して行くんだよね。
あれがなんかイヤ。

B777やA340のファーストよりも
やっぱりB747のファーストクラスが
ザ・ファーストクラス(笑)って感じがするんだけど
どない??

関連記事

飛行機ファーストクラス、ビジネスクラスの使い方 | トラックバック:0 | コメント:0 | top▲
| TOP |
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]