結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

カテゴリー  [飛行機搭乗安全ガイド ]

簡易版2016 「なるべく安全に飛行機から脱出する方法を教えます」あなたもできる飛行機からの脱出

2016-12-11 Sun 00:00






最新版はこちら↑↑↑


古い記事は続きを読むからどうぞ





























簡易版2016 「なるべく安全に飛行機から脱出する方法を教えます」あなたもできる飛行機からの脱出の続きを読む

飛行機搭乗安全ガイド | top▲
6:あなたも出来る飛行機からの脱出。「なるべく安全に飛行機から脱出する方法を教えます」ブログ記事

2015-12-07 Mon 13:00
さて、今日のテーマを書く前に
昨日のおさらいを

5日目では日本の空にも多く飛んでいるA320型機
B737型機によく見られる
窓型脱出口を開ける場合どうするかを学びました。

スターフライヤーA320


因みに、ANAやJAL、スターフライヤー等のウェブサイトに
非常口座席に座る場合、援助者として何をするのか?は
具体的に書いてありますので、
各社のウェブをよく読んでください。

非常口座席援助の方法

ANA
緊急脱出時の援助内容について|ANA

一部抜粋すると

・乗務員の指示に従い、
機外が安全であることを確認して
非常口を操作し開放すること


とちゃんと書いてあります。
要するに万が一の場合は乗客も非常口を開放する
可能性があるから開けてねって事です。
で、機外が安全であるか確認しろって
ちゃんとウェブには注意書きに書いてますんで
具体的に確認すべきことは

VOL5で書いたこの4つ

1:着水してないか、水位は?
2:スライドが開くスペースはあるか?
3:外で火災は発生してないか?
4:燃料は漏れてないか?


を確認して開けるのですぞ。


さて、もうひとつ
脱出スライド
が膨らんだ後、他のお客様を速やかに脱出させること
って書いてあるんですが、

あの脱出用滑り台のことを
航空会社ではスライドって呼んでます。
シューターは日本人のみが使う言葉なので
きちんと脱出用スライドという言い方を覚えてください

シューターとは言いません。

正確には脱出用スライドなのです。
救命ボートと兼用になってるものは
「スライド/ラフト」と呼びます。

実際外資系の英語しかないセーフティビデオでは
「Slide」と表現しておりますので
言葉は正しく覚えること。

今日のテーマは
なるべく怪我をしないでスライドを滑る方法について
なので、今日をきっかけに
シューターではなくスライド
いますぐ知識を上書きしてくださいね。

それでは安全に脱出用スライドを滑るには
何が大事かを書いていきます。



滑る時の姿勢
寝て滑ればスピードが出るので
とにかく前傾になるくらいの姿勢を意識してすべる。


プールのウォータースライダーや
冬季オリンピックで寝っ転がった姿勢で
もうスピードを出すソリの競技があるけど
あの原理を思い出してください。

要は抵抗が少なければ滑るスピードは上がり
抵抗が多ければ滑るスピードは落ちます。
ですので、上体を起こして滑るのです。

具体的にはこの姿勢で滑ってください。
ana スライド

今貼った画像はとてもわかりやすい動画があったので
該当部分を切り出したものですが。
私が言葉で説明するよりANAのセーフティビデオを見た方が早いわ
スライドの滑り方、立ち上がり方、走り抜け方が
全部映像で説明してある素晴らしい出来のビデオになっております。

ANAの安全ビデオは2015年2月から制服改定をきっかけに
新バージョンになって、スライドでの脱出姿勢が
非常にわかりやすく映像化されております。

201512071240467f2.jpeg


2分58秒からご覧ください。

ANA 非常用設備案内ビデオ / ANA Safety Demonstration Video



これでもよくわからない人は公園の滑り台で
自分で滑って実験してみるべし
仰向けに寝た状態で滑り台をすべるのと
上体をおこして「 コ 」の形に近い状態で滑るのとでは
滑るスピードが変わります。

スライドを滑る時の怪我は大体加速がつきすぎて
スライドの最後の部分で勢い余って
転んだりするのが原因です。

なのでスピードが出過ぎないように上体を起こす。
もっと言えば足を揃えてぴったりとくっつけると
速さは増しますが、足を少し開けば抵抗が大きくなるので
足を肩幅に開くのもスピードを緩める事が出来る
テクニックです。

ブリティッシュエアなんかの安全ビデオでは
スライドを滑る時の腕の位置は
胸の前でばってんにしてますが
ANAは腕を前に伸ばしてと
「コ」の字型になって滑るように指導してます。

私はANA方式を推します。

理由は胸の前で手をばってんにすると
スライドを滑って降りた際に
手が使えず、バランスを崩して転ぶだろうから。

着地の際スライドが終わる部分で
走り抜けるのが正しいので、
冗談抜きで公園の滑り台でイメトレするのが
一番いいとおもいます。



スライドの降り方
どっこいしょと立ち上がらず、
滑るスピードを使って、勢いで走り抜けること。

ANAの安全ビデオ内でも3分10秒あたりで
説明されているように。
滑ったら止まらないでそのまま走り抜けるのです。

公園の滑り台も最後に滑るに任せて何もしなければ
ドテっと尻餅をついて着地しちゃうでしょ。

普通はそうなると痛いから滑り台の終わり部分で
足をついて立ち上がるよね?

そして後ろから人が来てたらぶつけられるので
滑り台からすぐ離れるでしょ。
あれです。

ほんと、スライドを滑る練習したい人は
今すぐ公園に行って滑り台してくるべし。
(不審者に思われると困るので、子供に一緒に
行ってもらうとか工夫は必要でしょうが)



脱出口からスライドを見たら?

トルコ航空のセーフティビデオが
他のエアラインに無い視点でカメラを設置し
滑る感覚がわかりやすく説明されてますので
これは、どんな感じに見えるのかを知る上では
参考になります。

201512071247015e2.jpeg

2015120712470290b.jpeg


3分33秒あたりをご覧ください。
Turkish Airlines Safety Demo





余談だがJALにひとこと言いたい。

JALの安全ビデオのやっつけ仕事っぷり。
ひどいわありゃ。
多分この十年くらい使い回し、
ビデオは実写ではなく一昔前ぽい変なアニメーションなので
制服が変わった部分のみやっつけで差し替えてるし
なんとANAのように機種ごとの安全ビデオではなく
全部に共通して使える共通版
手抜きすぎ。

JALはすぐにでも安全ビデオをANAを見習って
ちゃんとしたものに変えるべきだわ。

各社これだけ乗客にわかりやすく説明しようと
工夫に工夫を重ねてるのに、
JALの安全ビデオは見る気なくなる程
超つまんないし。
(見たい人は自分でyoutube探して
ここに貼る労力が惜しいくらいダメビデオ)

JALはいますぐ安全ビデオをもっと
面白くてわかりやすく、見て楽しいくらいのものに
改定すべきだと思う。



[飛行機に乗るのに適した服装と靴]

さて、ここまで読んだ方々は
もう離陸前にスリッパに履き替える気もとっくに
失せているでしょうし
ハイヒールやサンダルで飛行機乗るのはやめよう
くらいは思い始めたかなと?

服装だって、いままで着てたものでは
スライド滑れないし、翼上を歩けないかもと
考えてるんじゃないでしょうか?

旅慣れた人は体を締め付けないマキシワンピに
かわいいサンダルで搭乗しますとか
口が裂けても言えない気持ちになってない?

短パンとビーサンでサングラスして
乗り馴れた俺様を演出する気になる?

今まで書いてきたことを読んだら
これらが搭乗に適していない服装と靴だということが
きっとわかると思います。

ドレスコード云々ではなく
安全のためにね。

ここまで「あなたも出来る飛行機からの脱出」1-6を読めば
さすがに怪我しないように脱出スライドを滑るには
どんなものが適切なのか、
実感としてわかってき来たとおもいます。

スライドを滑る際に、走り抜けるには
どんな靴が適切なのか。

どんな服装で乗るべきなのか。

考えればおのずと答えは出ますね。

わたし?どんな格好して乗ってるか?

国内線に乗るときは着替えるというのは無いんで
なるべく脱出しやすい服装と靴を選んでおります。
真夏でも長袖長ズボンだし、(ラウンジや機内冷えるしね)

国際線のロングホールの時は
搭乗時はジャケット着てちゃんとした格好してます。
そこは最低限のドレスコードは守りたいので。
ジャケットは必須。

靴は普段からヒールは履かないので
ヒールが低い靴をそのまま。

ヒール靴は脱出用スライドを滑る際には
裸足になれと命令されるので
(低くても尖ったヒールやハイヒールは危ないので
スライドを滑る時にはぬがされる)

スリッパに履き替えるのは離陸後安定してから。
無事離陸するまでは靴のままいます。

そして着替えはファーストクラス搭乗の場合は乗ったら
パジャマをくれるけどそれは着ないで
ここで持参した脱出も出来る服に着替えるのです。

ジャケットを脱いだら、機内の寒さ対策にも使える
カシミヤ等ニットの薄手のパーカーへ着替えます。
(火災が発生した際にすぐに引火しにくい素材であることも
結構重視してます。化学繊維は燃えると溶けて
肌にくっついて大やけどをするので)

怪我しないために、長袖であることは必須。
パーカーのフードはかぶれば帽子代わり。
頭を怪我するのを防げるので防災頭巾のかわりね。

そして靴下を履きます。
足の冷え防止と、脱出の際
ストッキングだとスライドとこすれて摩擦で
やけどのような状態の怪我をするから。

足首まである長ズボンが必須です。
足が出ていて怪我をしやすいハーフパンツや、
今流行りのガウチョ等は足がもつれるので着ません
スカートもスライドを滑る際にめくれ上がるので
搭乗時の選択肢にはないのです。


夏だからといって飛行機にハーフパンツで
毛むくじゃらの足を露出して乗ってくる男性諸氏を見てると
ドレスコードの点も褒められたもんじゃないけど
安全面でもなーんも考えてないんだなと
ちょっと思ったりするのでした。
こういう人たちって確実に靴もサンダルや
ビーサンなのよねー。



最後にドレスコードよりも何もよりも
やはり重要なのは
パスポートはズボンのポケットに入れる。
脱出の際に荷物からパスポートを取り出す暇はないので
とにかく搭乗中は常時身につけてます。
なんかあった時にパスポートがあれば
海外では自分が誰だか証明できるので。



あとパスポートの中に米ドルを20ドル挟んでおります。
現金があった方がいいし、米ドル、世界中で両替できるので

そして、iPhoneもパーカーのポケットに。
脱出先が空港なら、電波は通じるので
すぐに誰かに連絡が取れるから。

なのでiPhoneはこれ以上大きくなっちゃ嫌
ポケットに入る大きさでお願いしたい。
なので6に変える気にならんのであった。
(といいつつ6Plusに変えて後悔しまくりの私)

具体的な事故を例に出すと
今年、ラスベガスの空港で出発しようとしていた
ブリティッシュエアウェイズの777がエンジンから出火し
滑走路上で搭乗者全員が緊急脱出した事故があったけど
あの時多くの馬鹿者が上の棚から巨大なピギーバッグを
引っ張り出し、それを持って脱出したことが
とても危険だと専門家から指摘されてます。

あれ、ニュースでは
「命と洗面道具どっちが大事なんだ?」と
突っ込まれてましたが。

ほんと荷物持ってスライド滑ろうなどという
馬鹿な考えはやめてほしい。
航空会社はこういう事故があって
荷物燃えちゃったとかなら、
あなたの持ってるバッグより
もっといいバッグが買えるお見舞金を
出してくれるはずだから。
その辺はキッチリ無事に怪我なく脱出して
お金をちゃんと貰えばいい話ですね。

こういう緊急脱出の場合荷物の中に
貴重品やらパスポートやらを入れちゃってると
取り出す時間もないし
荷物持って脱出しようって短絡的に思うんだろうけど、
パスポートと現金とスマホを身につけてれば
そんなロスタイムなしに脱出できるので
ちょっとその辺は工夫しなさいって
おもうのでした。



ここ迄で「あなたも出来る飛行機からの脱出」を
すべて終了いたします。

万が一の際に頭の隅に残ってて
何も知らないよりはマシだったくらいの
役に立てるといいのですが。

その前に、脱出なんてしないほうがいいに
決まってるよね、
そしてもう一つ、
乗客も乗務員も実際に脱出したことはありません。
万が一の場合は恐らく全員が脱出は初めてってことになるでしょう。
従って、乗務員が使い物にならなかったら
これを読んだあなたが自分の命を助けないと
いかんことになるかも。

「人に頼るな、自分に頼れ」
ですね、

それではこの知識が皆様の役に立たないことを祈ってます。
(事故で飛行機から脱出する場面なんて
実際に経験する必要ないですからね)

飛行機搭乗安全ガイド | top▲
5:あなたも出来る飛行機からの脱出。「なるべく安全に飛行機から脱出する方法を教えます」ブログ記事

2015-12-06 Sun 13:00
さて、「あなたも出来る飛行機からの脱出」
連続UP五日目の記事でございます。

その前にこれがすごく面白かったので
貼っておく。
今日書く内容と関連してて役立つし、楽しいので
ぜひ見てから記事読んでほしいわ。

デルタの737国際線機材のデモビデオ
80's In Flight Safety Video - Delta Airlines Online Advert


Delta's New In-Flight Safety Video -- Version 5




デルタは面白いの作るね。



今回のテーマは前回申し上げました通り
運悪く自分でドアを開けないとならなくなった場合の
手順です。

今日は一般的な旅客が非常口ドアを自分の判断で
開けなければならない可能性の一番高い機材の
シチュエーションで考えました。

今回着陸失敗したアシアナ航空A320は非常に多くの
エアラインが所有して世界中飛んでいるベストセラー機材。

この機体中央に「窓型タイプの脱出口」がある機材
(B737なども含む)に乗ってることを想定して書きますね。

#大型機材 B777等のメインドアの話は別途書きます。

なぜA320タイプの非常口の開け方を最初に取り上げるかは
ちゃんとした理由がありますので
読み進めていってみてください。


さて、窓型タイプの脱出口を開ける前に
前回四日目で触れた覚えておくべき英単語2つ
頭に入ってますでしょうか?

「でぃっちんぐ」と「えばきゅえーしょん」です。

ここでドアの開け方を説明する前に
飛行機のドア(脱出口)には緊急脱出用の滑り台兼救命ボート
が仕込まれているという事を知っておかねばなりません。

セーフティビデオでも言ってますが
緊急脱出用のスライド(滑り台)というのは
ディッチング(着水)の際は救命ボートにもなる
2way形状のものが多いです。
多いですって書いたのはわざとよ。
全部じゃないの。

前にも述べたが飛行機ってドアの位置する条件で
救命ボートにもなるスライド(滑り台)が設置できるか
それとも簡易(第二義的脱出口と呼ぶ)EXITとなるか
いろいろあるのです。

ちなみに、翼上の脱出口を第二義的脱出口と呼ぶのは
ハドソン川の奇跡で落ちたA320型機なんかがわかりやすい。

あの機材は機体中央の窓型脱出口にはスライドはあっても
それはボートにはならんのだ。
すごーく面倒なことに国際線機材であれば
上の棚(オーバーヘッドビン)に折りたたまれて
水中に投入すると開くボートが設置してあるんで
これをよっこらしょと下ろして、海中に投げ入れる仕様なのだ。
考えただけでも面倒だし、緊急事態にそんな悠長な事をしてる暇
あるんかい!と私も心の中でいつも突っ込んでましたわ。

だから小さい飛行機は嫌なのよ。
とはいえ767ですら機体中央の脱出口はこのタイプで
OVS(国際線)機材の場合ボートは上の棚の中だったんで。
脱出手順が超面倒だな、とおもっておりました。

20151206125000252.jpeg

上に貼った画像は
B767型機材の上の棚の中のボートと
それをR1ドアより海上へ投げ込む仕様を
アメリカン航空のデモビデオから抜粋


丁度ユナイテッド航空の767のセーフティビデオが
youtubeにあったので貼っておきます。
1分7秒あたりをご覧になってくださいませ。

United Airlines NEW safety video (767-300)

https://youtu.be/7r6ayKu0xJI


ディッチングの時は機体中央の窓型非常口は使うなと
はっきりいっておりますね。で、これドメ機材なんで、
上の棚にしまってある予備ボートの説明は無し
(という事は搭載がないタイプの機材です。)


この機体中央の予備の窓型脱出口タイプの機材では
ディッチングの場合、まず後ろと前に乗客をふりわけ
最終的に前も後ろも使えなかったら、この真ん中の窓を外して
翼の上から海/川(水中)に飛び込ませることになっとる。

ハドソン川への緊急着水事故は
ニュース画像がネット上にいっぱい落ちてて、
今でも検索すればたくさん見られるけど、
翼の上の脱出口には救命ボートが設置されておらず。
そしてドメ(国内線)機材だったため予備のボートも
上の棚になかった。

機体後部は浸水が始まっていたため闇雲に開けないことを
乗務員が適切に選択した結果
全員乗せるボートがなかった。
従って、翼の上に脱出した乗客が救助を待って立ってたのだ。

知識が増えると、ただのニュース映像も
意味がわかるようになるので、
過去の事故機の画像を見ると
どういう状況だったか絵解きできるようになりますし、

私が見ると、このサレンバーガー機長とUSエアウェイズの
フライトアテンダント達の優秀さがわかります。
これぞエマージェンシーの授業のお手本教材!と
感心しまくる出来なのです。

本来、全員無事が奇跡ではいけないので、
サレンバーガー機長の有名なお言葉
「訓練してきたことをやっただけ、自慢も感動もない」
ってのは本当によくわかるんです。
これが奇跡だではダメなのよ。普通にできて当然の事。
これを奇跡だと言わない人が機長だったから
この事故は全員無事だったわけです。

と話が脱線気味になりましたが、
ひとつひとつ具体例を見ていかないと
ちょっと難しいことを説明しようとしてるので
その辺はご了承ください。


なかなか脱出口の開け方を教えてもらえないと思ってる方
そうなのですよ。
非常用の脱出口ってそうそう簡単に開けちゃダメなので
だからこそ基礎知識を一生懸命解説してるのであります。

だって、ハドソン川の奇跡だって、
後ろの脱出口を判断を誤り誰かが勝手に開けてたら?
死人が出たでしょうね。って事。
余談のようだけど、非常に大事な話なんです。

さてドアの場所によって救命ボートにはならん
滑り台というのもあるという基礎知識が持てた人は
なぜ「でぃっちんぐ」という状況がわかることが
大事なのか?はもうわかったと思います。

滑走路を滑ってそのまま海中にドボンしちゃった場合
条件が整わないと開けられないEXITがあることを知らないと
大変なことになるからです。

日本の空でも沢山飛んでるA320
スターフライヤーでの使用機材でもありますので
ウェブからシートマップを引っ張ってきました。
この図をご覧いただければ窓型脱出口が
どの辺りにあるのかわかりやすいと思います。

スターフライヤーA320


とくに二義的脱出口であるA320なんかの機体中央の
非常口座席等には乗務員が近くに座ってないので
勘違いした正義感あふれる意識高い人が
援助を了承して座ったがために、
勢いで開けてしまう場合があるかもしれず。
そしてそんなパニックの際には
乗務員は機体真ん中までやってくることはあり得ないでしょう。
てか、混乱状態でそこまで到達できない。

その時、外の状況を見て、適切ではない(着水してる等)
誰かが勝手に開けようとする場合は
そいつを羽交い締めにしてでも止めないといけません。

さあここで、窓型脱出口を外す際のジャッジメントっていう
重要な儀式が出てきます。

自分は機体中央の非常口座席に座ってるけど、
乗務員は前と後ろにしかいない。
判断は自分でしないといけない。
脱出OKのEVAC警報は鳴り響いている。
さあどうする。

まずは前か後ろに逃げましょう。
え?開けないの?と思った方
そりゃそうです、
素人が触らないほうがいいに決まってます。

で、前も後ろもパニックでもう出られん万事休すってなったら
まずは窓の外を確認して頂戴、
すぐに窓型 EXITをはあけてはいけません。

まず窓から外を確認します。
確認することはこの4つ

水位
ディッチングだったら、浸水度合いを見ます。
ドアをオープンできる水位か

スペースがあるか
EXITを解放できるだけのスペースがあるか見ます。
何故ならスライドが膨らむだけのスペースがなかったら
ここからは脱出できません。
例えば翼が折れて機体のほうに干渉してる場合などは
脱出口のドアは開けられないし
フェンスや壁に衝突してドアを開けても
脱出する隙間がなかったりしたら
その脱出口は使えないからスペースがあるかを確認して
開けることは大事なのです。

火災はないか
次は火災が起きてないか?
むやみに開けたら火が機内へ入ってくるかもしれません。
火の中を華麗にスルーして脱出するのは
プリンセステンコーに任せて、他のEXITへ逃げましょう。

燃料は漏れてないか
そして次に燃料が漏洩してないか見ます。
燃料が漏れてたらそこに引火爆発する危険があるので
脱出経路としては不適切です。
これもEXITを開けてはいけない状況です。


この4項目の確認が出来てはじめてEXITを開けてもいいのです。
窓型タイプの脱出口の開け方は座席の前にある
セフティーインストラクションという
安全のしおりみたいなのに書いてあるんで
非常口座席に座った場合は熟読しましょう。

なので、このA320等の飛行機だと
いくらちょっとだけ他の席より足元が広いといっても
非常口座席って、あんまり座りたくないなとおもうのでした。
機体の真ん中の非常口座席はどの非常口にも実は遠いので。

そしてこのエリアには乗務員もいないので
万が一の際に自分が脱出口を開けなきゃいけないんだ
っておもうと気が滅入ります。
壁からこの特殊な窓型ドアを外すのは
今の私の力では無理だし。
ちなみに私がオールエコの時に座るのは最後尾列です。
ファーストがあるときは2列目。
なぜ2列目か。
航空ヲタはアホ1と言って1列目に座りたがりますが、
1列目って危険なのよね。
ギャレイ(飛行機のキッチンみたいなところ)に
機内食を配る重たい鉄のカートが設置されていて
事故の時や、乱気流の際に、乗客がこのカートが吹っ飛んできて
怪我をする例が後を絶たず。
今回のアシアナ航空広島空港着陸失敗事故の際も
一番前の乗客にギャレイから飛び出てきた何かがぶつかって
血を流していたとの乗客の証言もあります。

一番前の席は足元も広いし、前の席も倒れてこない
みたいないい席感覚がありますが、
ギャレイが近ければとても危険な席でもあるので
その辺も覚えておいて損はないでしょう。

参考にしてね。


ここで興味深いことに気がついた私。
このテーマを書き始めて、
youtubeでたくさんの航空会社のセーフティビデオを
検証のため見まくっているんだが、
JALとANAでは端折られて説明がないんだけど、
他の外資系では必ず説明されていることがいくつかある。

それは酸素マスクの装着の順番を必ず自分から、
他の人を手伝うのは後という説明と
機材や非常口の設置場所よる脱出口の開け方の
詳細解説である。

(酸素マスクを使うのはディコンプ(急減圧)の時なので
脱出には関係ない為、別の機会にこの件は触れます。)


ドアの開け方を説明してるかしてないか。
私が見たところユナイテッド航空と
ブリティッシュエアウェイズが非常にわかりやすく
セーフティビデオ内でドアの開閉方法や
ドアを開けたら自動開放する筈のスライド/ラフトが膨らまない時
マニュアルインフレーションハンドルがどこにあって、
それを引っ張ると膨らむという事まで説明していた。
残念なことにBAのは一般旅客が機内で撮影したものしか
youtubeで見つけることができなかったのだが

2分15秒あたりに窓型脱出口の開け方が
アニメーションで流れるので参考に見てみてください。

British Airways A319 safety video



そしてもう1つ
これはパッと見たところ EXITが8つで、翼に干渉する
スライド/ラフトが無く、ドア形状がボーイングなので
777-200であると思われるが

20151206123303a12.jpeg

上記にも抜粋して貼りましたが、
2分27秒あたりにドアの開け方、脱出用スライドラフトが
開かなかった場合のマニアルインフレーションハンドルは
どこにあるかが説明されております。

British Airways safety video

外資某メガキャリアの乗務員の緊急避難訓練では
非常口座席に座る事前に援助を了承した旅客に
緊急事態で自分が使い物にならなかったら
脱出口を操作して開けるように言っておくと言う。
万が一の事態、乗務員が生き残ってる保証はないからね。
セフティービデオでどうやってドア(または窓型EXIT)を
あけるかを解説してるエアラインと
そうでないエアライン
非常に興味深い差だと思ってる。

さて、第五日目の講義はここで終了。
最終回六日目はスライドの滑り方
脱出に適した服装、靴、荷物はどうするか
を解説します。

それまでみなさんはyoutubeで各社の面白い
安全ビデオでも検索して予習復習して待っててください。

それではまた。

飛行機搭乗安全ガイド | top▲
4:あなたも出来る飛行機からの脱出。「なるべく安全に飛行機から脱出する方法を教えます」ブログ記事

2015-12-05 Sat 02:30
20151204184855a11.jpeg


さて、「あなたも出来る飛行機からの脱出」
4つめの記事でございます。

皆様ご存知の通りSUZUは教えることを生業としている為
ただ、伝えたいことを脈絡なく書くのではなく
基礎から積み上げて、最後まで読むことで身に付く
を目的として構成を考えています。

皆様に少しでも興味を持ってもらえるように、
そして理解が深まる効果的なカリキュラムとして
「あなたも出来る飛行機からの脱出」シリーズを
書いてるので必ず順番に読んでくださいね。

2を読んでない人は今すぐ読みに行ってください
基礎編が出来てないと、今後の説明がちんぷんかんぷんに
なってしまいます。)


本日のテーマは
「脱出時に覚えておくべき英単語」です。

2015年4月14日に広島空港で起きた
アシアナ航空の着陸失敗事故の際
避難誘導が韓国語しかなかったとの話が
漏れ聞こえてきますが、

通常はどこの国のエアラインもその国の言葉と英語を
交互に連呼するルールになってます。

日本に就航しているからといって
日本語で誘導があると思ってはいけません。
最悪英語が公用語の国のエアライン以外では
脱出の際の指示に関しては英語での誘導も
端折られるかもくらいは
覚悟して乗りましょう。

だからこそ、基礎知識が必要なんです。
言葉がわからなくとも、基礎知識さえあれば
想像がつきます。

人間は経験のないこと、知らないことを想像するのは
難しいのです。


で、この記事を興味深く読んでくれてる読者の方は
日本の航空会社しか搭乗しないという方は
多分少ないはず、
その上英語には苦労してない方々ばかりと思います。
通常は何も気にすることなく
外資系エアに苦もなく乗って、
颯爽と飛行機で世界を飛び回ってることと思います。

しかし、英語のエマージェンシー用語まで詳しく知ってるという方は
少ないのではないでしょうか?
何を言われてるのか全くわからないと恐怖も増しますが
どうすべきか指示がわかるというのは
状況が想像できてこそ。

なのでまずは英語で
その想像できそうな重要単語だけピックアップします。
だって、そんな時にいろんな単語を覚えても思い出せないでしょ?


という訳で今回覚えるべき単語は2つだけ!
なんと2つです。
知ってるのと知らないのとでは大違い。

脱出時に覚えておきたい英単1個目
evacuate/evacuation


もっとも大事な言葉は

「えばきゅえーと/えばきゅえーしょん」です。
エマージェンシー用語では「脱出せよ」という命令ですが
これ軍隊で「撤退しろ」ってのがもともとの言葉ですね。

で、飛行機の中で一番偉いのは機長
墜落した際に機長が生きていれば
機長の判断で「脱出せよ」「evacuate」
とアナウンスが流れるわけですが、
飛行機が損傷してアナウンスシステムが使えない場合は
EVACアラームが鳴ります。
ぴーぴーぴーぴーぴーぴーって連続した音なので
この音がなってたら一刻も早く機外へ逃げろ
それこそ「撤退!」命令なので
一目散に逃げましょう。

ここでも乗務員がパニクって使い物にならず、
指示も出してくれない場合
言葉かわからない場合
一体どうすればいいか不明な場合は
このEVACアラームが鳴っているかも
自身の判断基準に使えます。



脱出時に覚えておきたい英単語2個目
ditching

例えばいきなり「でぃっちんぐー」って叫ばれたら
それが何を意味するかわかるでしょうか?

ディッチング(ditching)とは
飛行機を水上に不時着させることです。

landing on the water

とは言ってもらえませんので
「でぃっちんぐって何?」と思って状況を把握するのは
飛行機が浸水してからかもしれません。


なので、乗務員が日本語なら「着水」
英語でなら「ditching」と叫んだら
すぐさまやることはLife vest (救命胴衣)の装着です。

ここでまともに訓練を受けた使える乗務員なら
「ditching」と叫んだ後に条件反射で
救命胴衣の装着手順をそのエアラインの公用語と英語二ヶ国語で
説明しながら乗務員も自ら救命胴衣を着ると思うんだが、

乗務員がパニックになって使い物にならん場合
救命胴衣の事まで頭も回らないことが予測されるため
とにかく「ditching」と聞こえたら、説明がなくても
エコノミーなら自分の座席の下、
ビジネスクラス、ファーストクラスならVOL2で教えましたように

20151203144641bad.jpeg

事前に救命胴衣の位置を確認してるでしょうから
そこに手を伸ばして
救命胴衣を取り出し、
頭からすっぽり被って、
ウェストのところで留め具をかけます。
でもここでは絶対膨らませないこと(←ここ重要)

ここで救命胴衣に空気を入れてしまったら、
膨らんだ救命胴衣が邪魔で脱出口までいけません。
足元も見えないし危険です。
膨らませるのはあくまでも救命ボートに乗りうつる時です。

機内で絶対に膨らませてはいけません。


ディッチングといえば、
飛行機によく乗る皆さんはきっと覚えてるでしょうが
ハドソン川の奇跡で有名なUSエアウェイズの
チェズレイ・サレンバーガー機長。
サレンバーガー機長がやったのが緊急着水ってやつですね。

2009年1月ニューヨークのラガーディアから飛び立った
USエアウェイズのA320が離陸時にバードストライクを起こし
両エンジン停止、機長の判断でハドソン川に緊急着水した事故。

この時使えたラフト(救命ボート)は機種部分の2つのみ
後方の脱出口は浸水で使えず。
ボートに乗れなかった乗客はVOL2で説明した機体中央の脱出口から
翼の上に出て、そこで救助を待ったのである。

はいここまで読んで
あの事故の状況が理解できた人は今までの記事を
ちゃんと読んだ人ですね。

ラフト(救命ボート)とスライド(脱出用滑り台)の仕組みは
VOL2で貼った安全ビデオを食い入るように見た人ならわかるはず。

20151203144013df3.jpeg
翼にかかった脱出口にはボートは無い。

参考までにUSエアウェイズではないが
ユナイテッド航空のA320ドメスティック機材の安全ビデオが
YOUTUBEにあったので貼っておく
1分25秒あたりで、この機材の真ん中の脱出口には救命ボートがない
アニメーションが見られるので参考にしてください。

United Airlines Safety Video A320 Domestic


こちらはヴァージンアメリカ
1分10秒あたりが脱出口の説明

Virgin America A320 Safety Video



えばきゅえーと、とでぃっちんぐを覚えたら
もう怖いものはありません。
あなたも出来る飛行機からの脱出に
また一歩近付きました。
さあ、次の項目に進みましょう。

次回はもし乗務員が役立たずで
自分がドアを開けなければならなくなったら?を
できるだけわかりやすく書きます。

ただドアを開けていいわけではない
開けてしまったが為に死んでしまうこともあるので
ドアを開けるのは判断がとても難しいのです。


さて、皆様にひとつお願いが
この記事はなるべくみんなで共有したほうが
いいとおもうんだけど。
なぜかみなさん自分だけ助かりたいのか
こっそりしたい人が多いようで。

普通の記事はこっそり読んでてもいいけど
この知識はどう扱ったほうがいいのかな?

なるべくたくさんの人が読んで
ああそうかーって思ってもらわないと
効果あんまり出無いのよね。

一人でもとんでもないのが居たら、
そのせいで助かるものも助からなくなっちゃうし
巻き込まれて怪我してしまったりってのが、
飛行機の90秒脱出の恐ろしさなので、
知識としてあるかないかって結構キモだと思うのよね。
だから積極的に多くの人に共有してほしいとおもう。

1~4まで読んできてわかると思うけど、
離着陸時に「乗り慣れた自分を演出」とかいって
靴を脱いでスリッパ履いてる人が
結局飛行機に乗り慣れたってのは事実ではなく
単なる演出だけなので、使え無いどころか
もたもたして脱出を妨害したり
もっと邪魔なのは間抜けに蹴躓いたら
巻き込まれて怪我をする確率は上がる。

一人で逃げ遅れる分には
仕方ないと思うんだけど
そのマヌケのせいで多くの人の
スムーズな脱出が妨げられるってのは
結構よろしく無いと思うのよね。

脱出妨害しないまでも
そのマヌケの脱いだ靴が飛んできて顔面に
直撃して怪我するかもしれないしね〜

実際ラスベガス空港で炎上したブリティッシュエアウェイズの
777から脱出する際に、上の棚からでかい荷物を持ち出し
それを持ったまま脱出用の滑り台を滑って降りた
馬鹿者が大勢いたようで
アメーリカでは
「命と洗面道具どっちが大事なんだ」と
批判されてましたが。
そーゆー大馬鹿ものがいるせいで
死ななくていい人が死ぬこともある
ってよーく考え無いといかんのよ。

小さな一歩からだけど
きちんと知ってもらわ無いと
助かるものも助からなくなるんで。

で、具体的に
拡散の仕方はこの右横についてるTWEETボタンを
使ってください。
みなさんの大好きなFacebookボタンもつけときました。
どうやって使うか知らんけど。

ではまた

飛行機搭乗安全ガイド | top▲
3:あなたも出来る飛行機からの脱出。「なるべく安全に飛行機から脱出する方法を教えます」ブログ記事

2015-12-04 Fri 07:30
20151203193835b1a.jpeg


VOL1では5つのなぜ?を学び
VOL2では脱出知識いろいろを学んだ訳ですが。
3つ目の知識の習得に行く前に一つ大事なことを
書いておきたい。



以前はこの安全確保にうるさい私ですら、
正直これだけ飛行機に乗ってても
自分が脱出することなんか無いんだろうなって
漠然と思ってた。

しかし最近は全くそうは思えないのだ。
言葉は悪いがあえて使うと
「飛行機って最近やばいよね」って感じてる。

ヤバそうではなく、ヤバいである。

昔は幾重にも重なったエラーが大事故になるって
思ってた。

具体的に言うと事故というものが起こるまでには
いろんな要素が重なることが必要だという考え方だ。

具体的には「ハインリッヒの法則」というのがある。
ヒューマンエラーマネジメントを学んだことのある
人は知ってると思うが、

ひとつの大きな事故が起きるには
その裏に29の軽微な事故
そして300のヒヤリハット
(ヒヤッとするとかはっとする程度の
気にしていなければ気付かないような
事故には至ってないもの)

だからどこかで必ずエラーチェーンは切ることができる
って私は信じていた。
だけど、最近はほんの些細なエラーが重なっただけで
飛行機は事故を起こし、
墜落するし、オーバーランするし、着陸失敗する。

いろんなことが重ならなくても
いきなり重大事故に至る感覚だ。

いままではそんなことはあり得なかった。

それこそ幾重にも立ちはだかる
安全装置が作動して、
事故というものは未然に防ぐことが出来ていた。

だって結局は最後は人の手が
エラーのチェーンを切っていたのだから。
そりゃ防げていたよね。

だけどどうしたことだろう、
ここ数年の航空機事故やインシデント

これってちゃんとやってればエラーチェーンは
そう苦労なく切れたよね?
ってのがざくざく出てくる。

こんなに即事故になってしまうのは何故なのか?

答えは簡単だ。
乗客の命をちゃんと守るほど、航空会社のパイロットは
ちゃんと休息も給料も貰ってないのである。
その上、会社からは「お前の代わりはいくらでもいる」と
使い捨てにされる。

ちょうどネットで面白い話を見かけた。
ヨーロッパでの笑い話だ、

その話はこうだ。宝石が盗まれた。実は警報機が鳴ったけど
警備員は外だけ見て中までは確認しなかった。
結局、中の宝石は盗まれた。警備員に話を聞いたところ
「中を確認するほど給料を貰ってない」と言った
というオチだ。

この話が本当か嘘かはこの際どうでもいい。

「そこまで仕事をちゃんとする程給料をもらってない」
雇われてる側から言わせればこうなる。
要するに、仕事に見合った給料を雇用側が出してないのだ。

これは笑い話ではない
実はとても大事な話だ。

この話を見て素直に笑えなかったよね。
パイロットだって同じだ。
乗客の命を守るほど、お給料もらってないし
待遇も良くないんだよ。って現実。

某パイロットのぼやきを耳にしたことがある
彼がいうにはステイ先のホテルに
せめて遮光カーテンが欲しいと言うのだ。
安いビジホにステイすると、
仮眠を取ろうにもカーテンが遮光カーテンですらなく
うまく眠れないからとのことだった。

この話を聞いて、
帝国ホテルのスイートルームに泊まらせてやれとは
思わないが、最低限仕事をする人が求める環境は
与えてやるべきではないか、と
非常にもんもんとした気持ちが残った、

彼がオフィスワーカーなら遮光カーテンがなく
眠れなかったせいで、数百人の命が失われることは
そんなにないだろう、
しかし、彼はパイロットなのだ、
操縦中に眠気に襲われても、
車じゃあるまいし、パーキングに止めて
仮眠するわけにいかない。

丁度、パイロットやるよりタコベルの店員の方が
稼ぎがいいというアメリカの話は
数年前のマイケルムーア監督の
「キャピタリズムマネーは踊る」で取り上げられていたが

参考までに
元ANAのCAで今は健康社会学者の河合薫さんが書いた

独機墜落で露呈した“人命無視”の負のスパイラル
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20150403/279577/?n_cid=nbpnbo_nbotw_top
#日経ビジネスオンライン

を読むとよくわかる。

ここには詳しく今のパイロットが置かれている状況が
わかりやすく書かれているので参考に一度読んでほしい。
そして、私がこの河合さんの意見に大きく同意したのは
この部分だ。

引用
「アナタは我が社にとって、大事な人」という
企業からのメッセージが、忠誠心や帰属意識を育み、
“僕たち”の任務を誇りに努力する、
プロフェッショナルな人材を育てた

引用終わり



別に航空会社だけに限ったことではない。
いま、2015年に於いて
「あなたは我が社にとって大事な人です」という
メッセージを受け取れてる人なんか皆無なんじゃないか?

「大事にしているよ」と口ではうまいこと言いながら、
労働条件を極限まで悪くし、働いた対価は最小限で、
労働力だけ最大限出せ、結果を出せと言うような会社からは
「あなたを大事にしている」などというメッセージを
絶対に感じ取ることは不可能だ。

何故なら待遇こそが、会社からの
「あなたが大事」のメッセージなのだから。

自分のことを粗末に扱う会社に対して忠誠心など芽生えないし
帰属意識なんて持てるはずもない。
第一自分の仕事に誇りが持てないことは容易に想像がつく。

最近の航空機の事故って、
ここぞっていう時に安全を守るという気持ちが
この会社への忠誠心や帰属意識がないゆえに
蔑ろにされてる気がしてならない。

エラーチェーンが切れない理由は
この辺にあるんじゃないか。

それこそ、
「エラーを気にしてチェーンを率先して切るほど
休ませてももらえてないし、給料ももらってないんだよね」
という話だ。

はっきり言おう
命を預かる乗務員の仕事と言うのは
最後は自分を大事にする気持ちなんだけど、
これだけ会社から粗末に扱われると、
自分のことももう大事だと思えなくなる。
そうするとエラーチェーンを切ろうなんて
そんな気持ちも無くなってしまうって事。

人は命の重さを無意識に自分の価値の重さを基準に
算出しているんだと思う。
ということは
粗末に扱われてる人間が自分の価値を
軽く見積もるのは当然のことで、
自分の価値を軽く思ってる人に
その他大勢の命の価値を感じろと言っても
それは無理な相談だ、


航空会社の経費削減ってそろそろ限界なんじゃなかろうか。
社員の頑張りと努力でコストカットを達成するとかでは、
命を預かるという特殊性を考えるとやはり愚かしいと思う。

とは言えすぐに改善が期待される問題でもないので、
離着陸時の突発的な脱出に備えた搭乗って尚更必要になってくる
自分の身は自分で守る的な。ね

今迄は機内で何か起こったら
乗務員の指示に従えばいいと
私も思ってた。
下手に素人が中途半端な知識をつけて
脱出口を開けられてたりしたら
犠牲者が増えるというリスクもある、

実際各航空会社は非常口座席に座らせた客に
「お手伝い」という名の援助は頼むけど。
ドア開放などはやらせない方針だ。

開けてはいけないシチュエーションはあり、
乗務員は訓練でこのジャッジメントを
繰り返し繰り返し訓練している。

筈だった。

はずだったんだよ。
過去形。

最近の事故の際の脱出で乗務員は使い物にならない
と言う声が多数ある、

もちろん、飛行機を落っことさないような
ちゃんとした会社の乗務員のスキルは
良いのであろう。
そもそも飛行機を落っことさないんだからね

と言うことは
飛行機を落っことしちゃうような会社の
乗務員のスキルは、飛行機を落っことすような
スキルであるということだ、

当たり前だけど、
けっこうここ盲点じゃない?

で、落っこちた飛行機にのってる場合。
多分、乗務員は使い物にならんのである。

すごい事に気がついた私

となると、
乗務員が冷静に避難誘導をして、
脱出口のドアを的確に開けてくれない確率はあがる。

ならば、自分で助かる方法は開示してしまえ。
と思ったわけです。

昨日アップした記事の中で
翼上の脱出口だけ形状が違うと書いた。
私の中では特別なことでもなんでもない
しかし、ツイッターでのツイートを見ると
一般旅客は1つの飛行機の中で、多様な形状の脱出口が
存在していることにあまり気がついていない
という事もわかった。

脱出するドアの形状は、ボーイングとエアバスでも異なるし
同じボーイングでも777、747、787、767,737と
すべて異なるのだ。
そして、ステーションと呼ばれる、ドアの場所でも
それぞれ違うドアの形状になってたりする。

故に、客室乗務員は機材ごとに乗務資格を得るのだが
その乗務資格試験のメインは、各機材の各箇所のドアの開け方を
徹底的に覚えることそのものだったりする。
そして、ベリーランディング(胴体着陸)なのか、
ディッチング(着水)なのかでも
ドアの開け方の条件は変わるし、非常に複雑なことになってる。

全部を網羅するのは難しいので、
基本的な知識だけ開示して、
あとはそこから導ける最適解を
緊急時に選択してほしいなとおもってる。

だって、前提条件も知らずに何かするのは
あまりに危険すぎるから。

100%の安全はない。
だったら、100%の安全により近付く為に
1%をコツコツ積みあげるしかないんだから。



それではVOL4でお会いしましょう。

「あなたもできる飛行機からの脱出」を
初めから読みたい方は
Vol1からどうぞ



飛行機搭乗安全ガイド | top▲
2:あなたも出来る飛行機からの脱出。「なるべく安全に飛行機から脱出する方法を教えます」ブログ記事

2015-12-03 Thu 14:00
その1から読んでね。

20151203145821737.jpeg

さて昨日の続き。

Q:なぜ離着陸時に荷物は上の棚もしくは前の座席の下に仕舞うのか?

Q:なぜ離着陸時は座席のリクライニングとテーブルと
   フットレストを元に戻すのか?

Q:なぜハイヒール(スリッパ、サンダル)が搭乗に適さないのか

Q:なぜ離着陸時に窓のシェードをオープンするのか。

Q:なぜ夜間の着陸に際して機内の照明を暗くするのか。


の基礎知識を身につけていただいた訳ですが、
5つのなぜ?が解明されたところで、
脱出の際に気をつけておくべきことを書いていきます。

★自分が脱出する非常口は、搭乗したドアとは違う

人は乗ってきたところから逃げようとする習性があるんだとか
なので、飛行機の前方、そう搭乗してきたドアからしか
脱出もできないと思い込んで、
咄嗟の時はとにかく前方ドアに人が殺到するであろう。

これを知った上で、自分の席に近い脱出口は三ヶ所くらい
トイレに行く際にでも指差し確認しておきましょう。
特に後方のドアの位置は覚えておいて損はない。
一度確認していると咄嗟の際に目につく効果があります。

一ヶ所じゃ何故不充分か?
それは事故の際に飛行機はどういう位置で緊急停止するか
全くわからないからだ。

広島空港でのアシアナ機も着陸進入してきた方向から回転し
滑走路で最終的に停止できたのは逆向きになった状態。
車がスピンした事故現場みたいなものですね。

だから、その時になってみないと機材の右側から脱出出来るのか
左側しか開かないのか、はたまた機首のみすでに海中落下など。
状況で使えるドアが何処なのかわからないのだ。

この場合は非常口がせっかくいろいろあるんだから
選べるとポジティブに思って、脱出に適切なドアから
すたこらさっさと逃げましょう。



★翼上の脱出口は、使いにくい。

20151203141934b03.jpeg

まず上記の図を参照してほしい。

飛行機には翼があって、翼上の脱出口は開ける手順も
スライドの膨らみ方も特殊なのだ。
それに翼の下にはエンジンがあり、翼には燃料が入ってる。
燃料漏れで引火でもしたらアウト

翼上の脱出経路は出来ればあんまり選びたくない。
そして、もう一つ、翼上の場合

201512031432539c2.jpeg

上記の図でもわかるとおり

翼の上の脱出の際使われるのは
ランプスライド形状であることが多く
(ランプすなわち通路のようなもの+スライドすなわち滑り台が
合わさったもの、)
ドアの下に膨らんだのは滑り台ではなく、通路なのよね。
だからここは走り、その先の翼のところからスライド(滑り台)が
出てるんだけど、
この脱出口だけ特殊だとよく理解してないと
多分勢い余って翼の上から転落するわ。

ひどいとランプスライドですらなく、翼上に降り翼の上を直に歩いて
その先のスライドで滑るみたいな機材もあるので要注意

そもそもB767,A320,B737等は機体の真ん中の脱出口は
窓と壁を外して座席の上に置くという、手間がかかるものが多く
それに本当にこれ重いんで、火事場の馬鹿力を出さない限り
難しいと思う、そしてこれがうまく外れなかったら
機外へ脱出が相当遅れるので危険

そしてもう一つ。この翼の上の脱出口って
機材によってはスライド(滑り台)ではあるが
脱出用のボートにはならんっていうのがあってだな

20151203144013df3.jpeg

滑走路手前の海にディッチング(着水)しちゃった場合
翼の上まで出たら海に飛び込む必要があるという
不便仕様なこともあるので、
泳げない人はボートになってるスライドがある脱出口から
逃げたほうがいいよね。

さて、翼の上の脱出口はよっこらしょと乗り越えて狭い脱出口から
翼上に降りるなんてことをしないといかん機材もあるので
(今回のA320型の事故機の翼の上の非常口部分を見ればわかる。)
ここは年寄りや子供が使う避難経路としてはベストではない。

ここからもうダメだと思ったら後ろから脱出できないか確認して
機体後部へ行きましょう。


★救命胴衣の位置確認

各社面白いデモビデオを作って乗客の気を引こうと必死だけど
これ、乗客に見てもらわないと飛び立てないので
各社が見易いビデオ制作の努力するのは当たり前なのだ。

キャセイなんか、この安全ビデオ上映中は席の移動もダメだし、
トイレに行くのも禁止。
とにかく客はこの安全ビデオを見るように決まってるのだ。
(日系はこの辺の乗客視聴管理は緩いけどね)

さて、ここまでいろいろ読んだ皆さんが
飛行機に乗って安全ビデオを見ないなんてことはないと思ってますが

安全ビデオで一番見ておいて欲しいのは救命胴衣の位置である。
エコノミーはまだいい。わかりやすいから。
エコの救命胴衣の位置は大体座席の下以外置く場所はないからだ、
自分の足元の紐を引っ張れば黄色い救命胴衣が出てくる。

しかし、2015年12月現在
ソロシート化が進んだビジネスとファーストクラスは
はっきりいってどこに救命胴衣がセットされてるのか
知らないとわかりにくい、

20151203144641bad.jpeg

この図を見て
あまりにランダムに自由に救命胴衣をセットしすぎだろ
とおもわず突っ込みたくなるわね。
これじゃ緊急時暗い機内で手探りで赤い紐を引っ張るのは
事前に指差し確認でもしてない限り多分不可能だ。

場所をあらかじめ知ってないとわかりにくいということは
緊急時には全くわからなくなると断言できる。

普段慣れてても、急に真っ暗になったら、
ただの四角い部屋ですらドアの位置がわからなくなるものだが、
救命胴衣を取り出すために引っ張るべき紐の位置など
場所がわからない場合、緊急時に咄嗟にわかるはずもないのだ。
そこで、安全ビデオを食い入るように見る必要が出てくる。

参考のために貼ったリンクはANAの777-300ERのもの
時間のない方のために確認必須の該当箇所を書き出しておく。

2分10秒のところにスライドラフトがこの機材の翼上だと
ランプスライドになってること

また3分15秒のところで、ファースト、ビジネス、プレエコ、エコノミー
四種類の座席の救命胴衣の位置が確認できます。




さて、いろいろ知った今この安全ビデオを見ると
いろいろわかることが多いのだ、

次に飛行機乗った時には必ず食い入るように
この安全ビデオを見ましょうね。

さて次回のエントリーは
実践的なおはなし、

突発的な緊急脱出の際に一体
自分がどうすべきなのか、

どんな服装で飛行機に乗るのが良いのか。

脱出の時の荷物はどうする?

そして一番大事なこと、
乗務員がパニックを起こして
ドアを開けることができなかったら?

非常口座席に座ってて
不幸にも自分がドアを開けないといけない
突然状況になったら?

飛行機からの安全な脱出について
もう一歩踏み込んで書きます。

ではまたあした。

飛行機搭乗安全ガイド | top▲
1:あなたも出来る飛行機からの脱出。「なるべく安全に飛行機から脱出する方法を教えます」ブログ記事

2015-12-02 Wed 14:30
20161008183459dc0.png


「自分は飛行機事故なんかには遭わないよ」

と根拠ない自信をお持ちの皆さん
こんにちは。

私もそう思ってました。
航空機の墜落に遭う確率は低いと。

しかしどうでしょう。これ

2015年4月にはアシアナ航空のA320が広島空港で
着陸失敗する事故があり。

2015年3月デルタ航空がNYCで着陸の際雪で滑って
フェンスに突っ込んでみたり

2015年9月にはブリティッシュエアウェイズが
ラスベガスでエンジン炎上してみたり

2016年2月23日に新千歳空港でJALで
機内に煙が充満したり

2016年5月には羽田で大韓航空が
エンジンから出火、火災事故。

これらの事故の共通点は
乗客が機外へ脱出して
大惨事を免れた脱出したから助かった事故だ
ということ。

とにかく一刻も早く
緊急脱出せねばならん事故は
結構起きているのよね。

これって墜落して死んじゃうことは
あんまりないけど、
大惨事を回避するために機長の判断で
(大事をとって)脱出させられることは
ありうるということ。

だいたい離着陸時の事故は
機体の破損(損傷)だけで済むことが多い
でも機体が損傷したら脱出しなきゃならんのだ。

これは航空機がとても安全な乗り物である
という裏返しでもあるんだけど、
だからこそ
脱出が出来る事故には
遭遇することは
絶対ないとは言い切れない。

この場合飛行機が事故る場所で多いのは
滑走路付近か
海上に空港がある場合は手前の海や、
滑走路の先の海の中だ。

滑走路上に旅客機が運良く停止できた場合は
とにかく急いで90秒で機内から
外へ脱出しないといけない。

焦らずに速やかに脱出できれば
「死ぬかと思った」
「CAさんはパニックになってました!」

と取材に来たテレビの記者の前で
元気よく答えることができる。

これは本当に生死を分けるので、
脱出シミュレーションはしておいたほうがいいし
あなたが冷静でいることで、
より多くの人の命が守られるかもしれません。

怪我をして救急車に乗せられて運ばれる自分になるか
それとも、「CA使い物にならなかったぜ」
文句を言える無傷な自分になるか、
どっちが得かは賢い皆さんはおわかりですね。

怪我をして自分の体が損傷して
いいことなんて一つもないんだから。

iPhoneは壊れたら買い換えられるけど
自分の体は事故で怪我しても
買い換えられませんのでね。

そしてもう一つ大事なこと。

日本の航空会社以外であれば
緊急時に日本語での誘導はありません。

どう言われたら何すればいいのかくらいの
英語の掛け声は覚えといて損はない。

「脱出」って英語で何て言われるか知ってますか?
「着水」は?

ぱっと思い浮かばないなら、
機内で指示があっても
どうすればいいのか
状況がわからないってことだよね。


なので本日は
「あなたも出来る飛行機からの脱出」と題して
飛行機から文字通りすたこらさっさと逃げ出す方法を
特別に伝授することにする。


ついでに前に書いたブログの回答もこの記事で
正解を書くことにする。

前のブログ
ゴールデンウィーク特別企画 飛行機の安全知識



さて、それでは脱出の仕方を伝授します。

その前にちょっと飛行機事故の基礎知識を。

飛行機の事故というのは「魔の11分」
(クリティカルイレブンミニッツ)に
集中しているとのデータがある。
魔の11分って一体いつ?と思うだろう。
これは離陸後の3分着陸前の8分が最も危険な時間だという意味である。

乗務員は離着陸前ジャンプシートに座ると
脱出の手順を必ず頭の中で確認する。
(サイレントサーティーセカンドといいます。)
なのでお見合い席に座ってて、離着陸時に乗務員と雑談するのを
楽しみにしてる人、乗務員がこのSTS確認をしてる時は、
話を一旦止めるほうがいい。

ちなみに私は未だに飛行機に乗ると離着陸時には
このSTS5項目をなんとなく思い出す癖が抜けない。
この時間に万が一の脱出のシミュレーションを
無意識にしてるのである。

さて1年前のブログに書いたこの問題が
魔の11分と密接に関わってくるのだが
答えがわかった方はいますか?

質問は全部で4つだったがここではこの3つをピックアップする。

Q:なぜ離着陸時に荷物は上の棚もしくは前の座席の下に仕舞うのか?

Q:なぜ離着陸時は座席のリクライニングとテーブルと
   フットレストを元に戻すのか?

Q:なぜハイヒールが搭乗に適さないのか


そしてこの質問に以下の質問も追加しよう。

Q:なぜ離着陸時に窓のシェードをオープンするのか。

Q:なぜ夜間の着陸に際して機内の照明を暗くするのか。

まずはこの5つの理由をまとめて説明しよう。

先ほど「魔の11分」と書いたが
この間が飛行機事故は一番起こりやすい。
ズバリ簡単に言うと上の5つは
脱出することを想定してスムーズに
乗客が安全に機外へ脱出するための
ルールなのである。

なぜ離着陸時に荷物は上の棚
もしくは前の座席の下に仕舞うのか?


離着陸時に荷物を膝の上に抱えていることは駄目で
足元や通路に無造作に置くことも駄目なのは何故か
脱出の妨げになるから。
そして上の棚や前の座席の下に置くのも
なるべく荷物が散乱しないようにという事から
そう決められている。

自分の座席の下に荷物を置いてはいけないのは、
基本的にエコノミークラスの場合だと
自分の座席の下に紐がついてて、それを引っ張ると
救命胴衣がスポッと袋から取り出せる仕組みなため。
だからその一連の動作を妨害するから
自分の座席の下には自分の荷物は置いてはいけないのだ。
よく自分のふくらはぎの裏と座席で荷物を挟んでるひとがいるけど、
あれもダメ。
とにかく荷物は前の座席の下なのである。

(ビジネスやファーストはシート形状でルールは異なる)

2016100818171260a.png
これはファーストクラスシートのライフベストの
収納位置。
赤い丸の中にある短冊みたいなのを
引っ張って取り出すんだけど、
各社あまりにバラエティーに富んだ
ファーストクラスのシートを設置してるので
一回一回搭乗時にライフベストの位置を
事前に確認してないと
いざパニックになったら
もうわけわからないと思う。



つぎに2つ目の質問
なぜ離着陸時にテーブルと
リクライニングを元の位置に戻すのか。

これも脱出を想定すると、
邪魔だから、
席から立ち上がり非常口まで
たどり着くのに、
座席をリクライニングしてたり
テーブルが出てたら、それが障害物となり
脱出が遅れるからである。

フットレストなんか蹴躓いて怪我しますんで、
着陸時は指示のアナウンスがあった時点で
ちゃんと元の位置に戻しましょう。



3つ目の質問
なぜハイヒールでの搭乗が適さないか

ここではハイヒールと書いたが、
サンダルや、かかとのない靴
足をホールドしない靴は
安全に脱出するのに適していない。

また、スリッパ問題もある。
いくら走って逃げるのに適した靴を履いて
搭乗しても、
ビジネスクラスやファーストクラスの座席に
必ずあるスリッパに
搭乗後すぐに履き替えてしまったら
裸足でサンダル履いてるより危ない。

何故なら脱出の際に
靴が適切でないと足を怪我して
逃げられなくなるからである。

スリッパは最悪なのですよ。
そんなもの履いて脱出しようもんなら
多分後ろから来た人に踏まれて、
転んだりする危険度が上がる。

ほらスリッパの後ろを踏まれると
’つんのめる’
じゃないか。

あれよあれ、

最悪転んだら最後、
パニックになってる他の乗客に踏みつけられて
それで死ぬかも。
アホだ。間抜けだ、愚かすぎる。

それに踏まれて転ばなかったとしても、
スリッパではいろんなものが
例えばガラスや部品、
外れた何か、
他の客の荷物など、散乱してる状態の
ぐちゃぐちゃな上を歩いたら、
あっという間に足の裏を怪我するね。

足の裏を怪我したら、
逃げられなくなるってのは
ちょっと考えたらわかること。


って言ったら、逃げる時になったら
急いで靴を履けばいいって言ったのがいたけど
そんなパニック状態で、
悠長に靴が履けるなんて甘いわ。
人間焦ったら、
パーカーのチャックですらすんなり開け閉めできない
情けないものなのです。
靴なんかすぐに履けるなんて、
自分の能力を過信しすぎ。

それにあなたの行動が
もたもたすることによって、
例えば通路側に居たら、
他の客の脱出を妨げることになるよね
で、どうなるか、スリッパと同様、
靴を履こうとしゃがんだ瞬間に
パニックになった他の客に
突き飛ばされるね。

大体あなたの靴は、
事故の衝撃で機内はぐちゃぐちゃになるので
多分散乱した何かの中に紛れてて探せません。

そこら辺にある適当な靴を履いて逃げる?

あなたダイハード見なかったんですか?

あの映画ではブルースウィルスが
裸足でテロリストと戦う訳ですが
「靴があってもサイズが合わない」
ってシーンあったよね。
あれよあれ。

靴はあっても自分に合う靴はそうそう都合よく
目の前に転がってこないんですよ。

なんだか都合がいい展開になるはずの映画ですら
靴のサイズは合わなかったんだから、
現実の事故で靴がない、あー誰かの靴がある、で
その靴を履いて逃げることができるなんて
考える方がおかしい。

ごちゃごちゃ言ってないで
離陸着陸なんて長くて30分
素直に靴を履きましょう。
飛行機が停止するまで
いじましくスリッパに執着する
必要もない訳だし。

サンダルも同じ。
まずスリッパのように脱げる危険があるし
バックストラップあっても、甲が覆ってなかったら
パニックになって動き回る他の乗客に足を踏まれたりして
足を怪我するよね。

足を怪我したら、一刻も早く機体から離れるという
安全確保が遅れるのです。

それから、
舐めた格好をしてると常連ぽく見えるみたいに
勘違いしてるのが結構いるけど、
ビーサンとか履いて乗ってくる人は
旅慣れてる以前に「頭が弱いんか?」と思うので
ドレスコード以前の話になるのでやめましょう。

そして適さない靴ナンバーワンがハイヒール

まずこれ脱出の際に
「ハイヒールは脱いで」
英語なら
No High heel shoes!

って言われます。
理由はスライドに穴を開けたら
そのスライドが使えなくなるし、
何より、あの不安定な滑り台を滑って、
着地し、走り抜けるという動作に
ハイヒールは全く適さない。
足捻挫して、これまた動けなくなって、
後ろから来た人に突き飛ばされて
踏みつけられるのが関の山
ハイヒールは踏みつけるのには
適してるかもしれませんが
踏みつけられるのはごめんだと思うので、
飛行機に乗る時は
よく考えて靴を選びましょう。




そして追加した質問
なぜ離着陸時に窓の日よけ(シェード)をオープンするのか。

20161008190817f08.png


これも脱出するときに外の状況がどうなってるか
判断するときに
窓の日よけ(シェード)があいてないと外が見えないから
開けて離着陸するのです。

20161008181713f12.jpeg


事故ってから、脱出しなきゃならん時になってから
日よけ(シェード)なんか
あけてる暇なんかありません。

瞬時の判断が生死をわけるのです。

窓の外を見て火がついてたら、
そっちのドアからは逃げたら危険でしょ、
滑走路を外れて海に落ちてたら?
窓の外を見ないと、
どんなところに墜落したのか、
オーバーランしたのかわかりません。

窓から外を見るのは
脱出の際の判断や決断をする上での
大事な情報源なのだよ。

それを閉じてしまうことは非常に怖いことなのです。




そして5つめの質問
なぜ夜間の離着陸時は機内の照明を暗くするのか?

こんなアナウンスを聞いたことがあるひとは
多いんじゃないか?

「夜間の着陸に際して機内の照明を
暗くさせていただきます。」



これがとても大切なのである。
だっていきなり暗くなると
目が慣れるまで時間が必要だが、
最初から暗くしてれば目は慣れて
段々見えるようになるでしょ。

事故を起こした広島空港の
アシアナ機の乗客のコメントの中に
「いきなり機内の電気が消えてパニック」
とあったが、

まさにこの
’夜間の離着陸時には機内の照明を暗くする’
意味は
暗視順応なのである。
20161008191603ab8.png
照明を消した状態の機内です。
夜の離陸はキャビンは真っ暗。
(暗視順応させてもらえてありがたい。)


普通の建物の中でも、いきなり照明が落ちたら
人は混乱する。
飛行機、それも事故なら
尚更パニック状態になるであろう。
だからこそ暗視順応って大事なのだ。


暗くて見えない上に焦ってしまい、
一刻も早く脱出しないといけない
なんて状況は、
経験がなくとも想像出来るパニック。

だからこそ航空会社が
夜間の離発着時は機内を暗くしておくのは
大事なんだけどね、
何故だか照明を暗くせず離着陸する
変な会社もあるんだよね。
(青い会社の事です、
この会社CAは離着陸時でも
高いヒール履いてるし
ほんとこの会社
安全意識が低くて
サービスはいいのに
安全はなってないとおもう。)

なので離着陸時に
機内の照明を付けっ放しの航空会社って
安全に関してルーズな印象。
安全意識がゆるゆるな感じ。

今更はっきりとどこの会社とは言いませんが。


一秒でも早く脱出しないとならん時に
暗くて何も見えないというのは
非常に不安になるし、危険だということは
覚えておいて損はない。
そりゃ時間が経てば見えてくるけど
そこまで待ってる暇は脱出時にはないのである。



続きはこちらVol2

飛行機搭乗安全ガイド | top▲
ゴールデンウィーク特別企画 飛行機の安全知識

2014-04-29 Tue 11:40
ゴールデンウィークに入りました。
きっとこの期間に飛行機に乗る人も多いでしょう。

最近はこんな奇抜なSafety Videoで乗客の気を引いてるけど

そもそもこのデモを見てる人って少ないよね。

ちゃんと見た事ありますか?
昨今ソロシートが主流になり各航空会社によって
座席の形状も違うんで、救命胴衣の位置なんて
このビデオ見てないと解らない事が多いんで
ちゃんと見ましょうね。

ここで皆様の命を救うかも知れない、ちょっとした知識を
身に付けてもらう為に考えてもらいたい事があります。


Q1:なぜ離着陸時に荷物は上の棚もしくは前の座席の下に仕舞うのか?

Q2:なぜ座席のリクライニングとテーブルと
   フットレストを元に戻すのか?

Q3:なぜハイヒールが搭乗に適さないのか

Q4:なぜ子供と一緒に乗ってる場合、
   酸素マスクは大人から装着するのか?

これらがどうしてなのかきちんとした理由を知ってる?
離陸前に流す事が義務付けられてる安全ビデオは
時間が決まってるので、「こうしてああして」と
最低限のことだけしか言ってないんだけど。
全て理由があるんだよ。

その理由を考えた事ある?

「飛行機に乗るのが好き」と言うなら
是非こんな基本的な事は知識として身に付いてて欲しいんだけど。

車が好きだと言ってる癖に、危険運転してたら「けっ」と
思われるのと一緒だよ。
亀タグ貰ってる程乗ってるなら当然知ってて欲しいんだけど。

毎年10万マイル搭乗を10年続けて100万マイル
ぼけっと乗ってるだけだと知らない人は意外に多いのよね。
毎回指示されたから何も考えずにやってるのかな。

そんな安全知識で飛行機好きだとか自慢すんなと思う私。
安全知識も持っててこその飛行機好き自称でっせ。

上記4つのQは何故なのか理由も考えようね。

ゴールデンウィーク特別企画 飛行機の安全知識の続きを読む

飛行機搭乗安全ガイド | top▲
飛行機にチャイルドシートを持ち込もう!キャンペーン

2009-09-07 Mon 03:00
公開記事です。

椎名氏の週刊文春連載エッセイにモノ申したのは金曜日。

乳幼児連れなのにチャイルドシートを持って飛行機に乗らないで
やれ、規則が厳しすぎるだの何だのと航空会社に難癖つける
椎名ファミリーの能天気っぷりちゅーか
自分勝手っぷりにびっくりしたSUZU だけど、

ほかの皆もどっこいどっこいの能天気っぷりで

チャイルドシートが持ち込めるって知りませんでした。

みたいなレベルの人が多くてSUZU的にはちょっと呆れてる。

教えてもらわないと判らないってことは
自分で考えて無いってことですよ。
せっかく蟻じゃなくて人間にうまれたんだから
もっと脳みそ使いましょう。

自分で考えるということは
決して損にならない行為です。


かつてウェブ日記でスタートしたSUZUのブログ
初期の頃の記事に
【子連れで飛行機乗るならチャイルドシートを持ち込め】
という記述をした。
ちなみに2002年12月のことである。

7年たった今でも乳幼児と飛行機乗るときに
チャイルドシートを持参するスタイルが
まだ定着して無いってことに驚いている。

初めに断っておくけど、
SUZUとしては赤ん坊を守りたいとかそんな思いは全く無い
第一、子供嫌いだし、

単に、10キロくらいある赤ん坊や幼児が
緊急時、例えば離陸滑走中に緊急停止した飛行機の中で
ミサイルのように私にむかって飛んできたら
SUZUが怪我するから嫌なだけだ。

赤ん坊や幼児が死のうが生きようが知った事では無いが
飛んできた赤ん坊にあたって怪我したりしたら
たまんないから言ってるのである。
ミサイル化した赤ん坊が壁に勝手に激突するぶんにはどうでもいいけど
自分に激突しないで欲しいだけだ。


どうかんがえても抱っこじゃ緊急時の衝撃に耐えられないのは
車の衝突実験でも古くから証明されているではないか。

なのに、2歳前だからチケット代タダだしみたいな
ケチンボ精神を発揮するような親って
赤ん坊だから騒いで良いというトンチンカンな権利は主張するくせに
赤ん坊を守る義務は放棄ってちゃんちゃらおかしいでっせ。

急ブレーキをかけたときにモノが前に飛び出すというのは
物理の法則というほど難しい話ではない。
小学生の理科の実験レベルの常識だ。

車の後部座席のシートベルトが義務化されたのも
後部座席の人間がシートベルトをしていなかったら
前に飛び出してきて運転者や助手席の人にぶつかり
その衝撃で前の座席の人たちを殺してしまう可能性があるからなのだ。

飛行機なら大丈夫という根拠は何処にあるんだろうか?

墜落の確率は自動車事故より低くとも、
前輪が出ないから胴体着陸とか、急減圧とか
細かいイレギュラーはけっこう起きるよ。
コレは実話だが、(2002年の記事にも書いた)
赤ちゃんを抱いたままエマージェンシーランディングは出来ないので
床に置けといわれた事例もある。
要は助かるために赤ちゃんのことはあきらめてくださいという意味だ。

ま、細かいことはどうでもいい。
乳幼児連れで座席でシートベルトが出来ないような子供を持つ親は
是非、チャイルドシートを機内に持参し活用してください。

チャイルドシートの持ち込みは各社で対応が違うようなので
そんなことは自分で問い合わせなさいね、

でも親切なあたしは、ちょっとだけ情報を出してあげることにした。

情報源はリアル友人だけど。
この友人は2002年にあたしが書いた記事を覚えていてくれて
将来子供が生まれて飛行機に連れて乗るときには絶対にチャイルドシートを
持って乗ろうと決意してくれたというとても賢い母親である。
(こういう賢い母が増えると良いのに)
で、実際お母さんになった彼女がチャイルドシートを持ち込もうと
JALとANAに問い合わせた結果によると

JALは貸し出しのチャイルドシートがあって
2歳未満でも席を買えば座席に装着しておいてくれるそうだ。


ANAの場合は2歳以下の乳幼児の場合席を購入したら
規定のチャイルドシートを自分で準備して持ち込み、設置も自分でする。


ふーん。

細かいことだけど、はからずも両社の姿勢がよおーくわかった瞬間でした。


親切なSUZUはもうちょっと細かく
各社のURLを貼ってやることにしよう。

JAL 機内でのチャイルドシートのご使用について

ANA チャイルドシートについて


さて、
アメリカを移動してると、多くのファミリーが当たり前のように
チャイルドシートを持ち込んでそこに子供を座らせてるのを目撃するのだ、
車社会のアメリカだと、子供もチャイルドシートには座りなれていて
きちっとそこに座りおとなしくしている。
お母さんの抱っこが嫌で腕の中で泣き叫ばれて暴れられるより
チャイルドシートに座らせたほうが余程良いと思うが

アメリカ帰りだとわざわざ行をさいてアピールされている
椎名誠の3人もガキが居る息子夫妻が
子供の居ないあたしですら気が付く、
アメリカの子連れ飛行機利用スタンダードを知らないのが
なんとも不思議でたまらんのだが
余程周りを見ない夫婦なのだろうか?

アメリカ帰りって、ディズニーランドに旅行に行ってただけだとか
言わないでおくれよ、

椎名誠はどうでもいいんだけど、

赤ちゃん連れで旅行に嬉々として行くんだったら
親の最低限の義務
「子供の命を守る」くらいなことはしましょうね。

0歳児を大人でも時差のきついハワイに連れてってみたりする
そうじゃなくてもエゴ丸出しな乳幼児連れの旅行者

2歳までなら航空運賃タダだからとか
IQ低そうな事平気で言ってないで
赤ん坊の席を買ってチャイルドシートを装着するくらいの
気概を持って海外に行け!

そんくらい腹くくってるなら
赤ん坊連れの海外旅行も許せるんだがな~
どうも、そうでない親が多くて困りもんだよ、







飛行機搭乗安全ガイド | トラックバック:0 | コメント:18 | top▲
あまりに自分勝手な論理を展開する椎名誠の週刊文春の「風まかせ赤マント」ちゅーエッセイを読んだのだが。

2009-09-04 Fri 21:00
公開記事です。

現在海外周遊中なので、後から来たジェットセッター仲間に
日本で週刊文春と週刊新潮を買ってきてくれと頼んで
移動する飛行機の中で読んでいる。
(業務連絡:すいません、週刊誌代お支払いしておりませんので欧州から帰ったら後で請求して)


おおよそ、あたしが乗る区間に日本の週刊誌など搭載されているはずも無く
読めない字で書かれた新聞を渡されそうになったりするわけでして、
日本から届いた週刊誌は大事な情報源だ。

普段読まないようなページまで舐めるように読むのは
日本を離れて一週間がたった頃くらいから活字に飢え始めるからだろうか

で、週刊文春の9月3日号の椎名誠のエッセイ

「風まかせ赤マント」950空行く「お規則」様 の内容てば
知性を感じないちゅーか
やたらIQが低そうな内容で萎えた。

中身がわからないとあたしが何を言いたいか
わかんないとおもうんで
かいつまんで説明するが

椎名誠は アメリカ帰り の息子夫婦と孫三人(5歳、3歳、0歳)とともに
札幌ー羽田間の国内線を利用したらしい。

優先搭乗の際に椎名誠が抱っこしている0歳児の
搭乗券が無いと地上係員に詰問され
人数確認をしつこくやられ、優先搭乗は叶わなかったらしい。
椎名氏はまず、その人数確認をした係員が笑顔も無く検問所の取締りのように
チェックしたことがお気に召さなかったらしい。

椎名さん、あんたたち子供連れてるから人数確認が
甘くて良いと思ってるならそれはあまりにも子連れのエゴだよ。
椎名氏だってことがわかっててでも、特別扱いしなかった
その地上職員GJだ。
あたしが一緒の飛行機だったら、有名人で子連れだからって
人数確認を甘くするような地上係員がチェックしてたら嫌だもん。

飛行機は一名でも人数合わなかったら
飛び立てないんです。
荷物だけアヅけてトンズラするテロリストがいたらどーする。
有名人だからテロリストではないとか
赤ちゃん連れてる有名人だからテロリストではないという
根拠には決してならないじゃないか。

SMAPでさえ人数あわなかったら
ゲートに引き返して人数数えなおすんだから
椎名さんの孫ごときで人数チェックがまぬがれるわけがないんです。
子供連れてるから悪いことしないみたいな
性善説は飛行機には通用しませんの。

人数確認ってのは笑いながらへらへらやるようなもんじゃないって
やってる意味を考えたらわかんないかなー。
ただのルールではなく自分たちの安全に直結するルールなんですけど。
椎名誠ってすごい自己中?

そのうえこの後もっとびっくりする主張を繰り広げる。
子持ちのバカ親顔負けの論理展開だ。

椎名氏の3歳児孫がシートベルトをして着席してそのまま寝てしまった。
寝かしといてくれればいいものを、スチュワーデスに離陸時に親が抱っこしろと言われたと。
規則なのかもしれないがアメリカだったら自分たちで判断してねみたいな
FAにはフレンドリーさがあるはずと
根拠の無い、「アメリカとくらべて云々」って話をもってきます。

すっげー強引つーかご都合主義

あーた、FAAのルールの下に動いてる
米系客室乗務員の厳しさを知らないのか・・・
アメリカの飛行機に子連れで乗ったことが無いですかね?
あんたたちの判断でてきとーにやんな
なんて無責任なこと米系FAはいいませんって。
米系のほうが安全管理には日本より厳しいよ。
その事実を知らないのか?


アメリカだったら許してくれることを日本ではダメだという
みたいなテキトーなこと、どうして文春のエッセイストは
裏取りせずに書くんだろうか。

椎名誠しかり、

前に、ナパだと酒飲んでても運転OKと大嘘書いたハヤシマリコを思い出した。

これも文春のエッセイだった。
カリフォルニア州にナパだけ酒を飲んで運転してもOKなん法律があるわけなく。
どうしてこんな大嘘を週刊誌で堂々と書くんだろうと
不思議に思ったんだった。

カリフォルニア州で飲酒運転が許されてるなんてわけがない。
それよりほかの州より厳しいくらいだ。
書く前に調べて書いたとは思えない。

タダで書いてるあたしでさえ、
裏取りは自分の中のルールにしてるのに
金貰ってエッセイ書いてる椎名誠にしろ
ハヤシマリコにしろ
ほんとテキトーなことを書くんで
あきれ果てる。


テレビで言ってることもほとんど嘘だけど
こういうエッセイストを名乗るようなやつのかいてることも嘘ばっかり
馬鹿が洗脳されるわけだなー。

やっぱり自分で判断し情報を取捨選択する能力を磨かないといけないって事だと

あ、話を元に戻そう。

あたしに言わせれば、椎名氏の愚かさは
ゼロ歳児と三才児を飛行機に載せる場合まず、
なんでチャイルドシートを持って乗らなかったのだ。
その一点に尽きる。

あたしはそれが椎名家の全面的なフォルトだとおもうけど、

チャイルドシートを持って乗らなかった時点でもう、
なんかそんなルールがうるさいだのなんだの言う権利を
持ち合わせない状態に陥ってる愚かさに早く気づけとおもうあたし。

どんなに母親の愛情が強かろうか。
こどもを大事にしてようが
物理的な法則には勝てないのだよ。

突然飛行機が離陸取りやめで急ブレーキをかけたときのGに
親が抱いてる子供なんて耐えられるはずがないんだから
飛行機乗るときだって、素直にチャイルドシートを持参しなさいってば。

子供を愛してるだのなんだの行数割いてる暇があったら
チャイルドシート持って、ゼロ歳児も席を買って
そこに座らせてからでかい口叩け。

ゼロ歳児の席を買わず、抱っこでOKとか思った時点で
子供は死んでもいいんです、と言ってるようなもんだと
気が付かない時点でエッセイに文句なんか書く資格無い。

やることやってから文句言いなさい。

そのうえ
【航空会社は現場の状況判断でその対応に任せろ】みたいな
おめでたいことを書いている。

頭が悪すぎてびっくりするエッセイだ。

あんたたちみたいな子連れのわかってないファミリー相手に
現場の状況判断に任してたら
ほかの人が安全に時間通り目的地に行けないんですよ。

息子夫婦がアメリカに住んでいたから
日本のルールの理不尽さにも笑って対応したが
みたいなこと書いてるけど。
おおよそ、日本の航空会社の安全確認のほうが
米系より100倍甘いと感じるんですけど
ホントにアメリカに住んでた息子夫婦なのかいな?

日本とアメリカを行き来するのに日系航空会社しか使ったことがないような
経験値の低さで、アメリカの航空会社だとこうなのにーと
テキトーな想像で書かれると非常に不快だわ、

そして、驚くべきことに最後に椎名氏ったらこれをエッセイに書いたのは
自分の私憤的疑問だったとおもったんだけど
周りの子育て中の知り合いに同じような体験をしてる人が
沢山居ると聞いて是非書いて欲しいといわれた

と。

子供を育ててる層ってやっぱ自分勝手で判って無いのね。
とはからずもあぶりだされた結果になってない?

子供を育ててると偉いんだ、周りのみんなもっと協力しろみたいな
特別待遇を望む思考に変化してしまうのはなぜだろうか?
弱者にはやさしくとは全く違う話のような気がするんだけど。

ルールってのは
何故そうなってるのか意味を考えたほうが
守りやすいって基本的なことに思いを馳せないんだろうか?

何かルールが目の前に来たときに
その合理的な理由をかんがえて
守るべきだと判断する。
それはやっぱり考える力だとおもう。

だた、ダメだといわれたから
意味わかんないけど守らされた。
みたいなことじゃ人間として脳みそあるんだから
ダメだと思うんだけど

車でのシートベルトが何故義務なのか
ルールだから?じゃないでしょう。
大事なのはなんでそういうルールなのかってことを
ちゃんと脳みそ使って考える事だとおもうんだよね


===

さっき離陸の際にキャセイパシフィックのフライトアテンダントが
隣に乗ってる人に「靴を履いて下さい」とわざわざ注意しに来た
ルールだからじゃなく、なぜ靴を履くべきなのかを
考えたら素直に従えると思う。
自分だけよければいいってことじゃない。

靴を履いて無いと脱出の際に怪我するからだけではなく
その靴が飛んですごい勢いが付いて誰かの頭に当たったら?
そういういろんなことを考えてルールは出来ている。

【あんたたちの判断でテキトーにやってね】なんて
ゆるーいのがお好みなら飛行機なんかに子供連れて
乗らなきゃ良いのですよ。椎名さん。

無知は罪だけではなく
無知って無敵だから困るんだよね。



まだ旅の途中・・・・

飛行機搭乗安全ガイド | トラックバック:0 | コメント:20 | top▲
安全のしおり新年版

2003-01-03 Fri 00:00

壱億弐千萬人の航空機旅行ファンの皆様
明けましておめでとうございます。


今年も利益ばかり追求して
安全運行については見てみぬ振りをする
どうしようもない航空会社なんか当てにせず
自分の身は自分で守りましょう
 

ということで安全講座を開講致します。

=======
ライフベストの事について付けたしますね。

これを膨らませたことある人はほとんど居ないと思います。
実はこのライフベストすごいパンパンに膨らみます。
よく安全の解説ビデオでよく膨らまなかったら横にある
ストローみたいなので膨らませてくださいなんて言ってるけど

紐を引っ張って膨らませてしまったら最後あまりにパンパン加減に
身動きひとつうまく取れなくなります。

海上脱出の際は必ずドアの所からボートに乗り移るときに膨らませましょう
決してあせって機内でライフベストをつけたとたんに膨らませるんじゃないよ

膨らませたきゃ勝手にやればいいですが
他人の迷惑になるのできっとサバイバル中や漂流中に
食料を分けてもらえなかったりして・・・

で、もうひとつ大事なこと
これ両方に引き手があってビデオでは両方膨らませろと言ってますが
片方だけで十分です。いえ片方だけでもかなりパンパンなので苦しくなります
両方膨らましたら・・・・・それをご自分で確かめたい方は
(苦しいのはあなたですからね)ご自由になさってください。

さて、
妊婦の方のシートベルトの締め方というのを問い合わせてきた方が
何名かいらっしゃいました。

客室乗務員に妊婦だと告げて必ずシートベルトのつけ方を習いましょう
大体の航空会社では枕や毛布を使っておなかを圧迫しないように
保護するやり方を教えてくれると思います。
日本では車の運転で妊婦はシートベルトをしなくても良い
という間違った風習?があるので
航空機でもベルトを拒む人が居ますが
そういう人は勝手に死んじゃっても文句をいわないように

無知は罪です。


飛行機搭乗安全ガイド | top▲
| TOP |
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]