結局人生50歩100歩 じゃないかもしれない。

最近の記事

問題のあるエアライン エピソード1〈史上最低のファーストクラス搭乗記〉ドンペリとフォアグラとリモワが消えたファーストクラス

2017-08-22 Tue 07:00


ご好評いただいてるシリーズ
「問題のあるホテル」があるならば、
やっぱりこのわたしが絶対に書くべきは
「問題のあるエアライン」
なので満を持して搭乗記書きます。
問題のあるエアラインエピソード1
とあるエアラインの
(表紙では最大限の配慮をして
モザイクと目線いれてます)
A380ファーストクラスで起こった
信じられないサービスの克明な記録です。
いやー、わたしですねいろいろ
ファーストクラスに乗ってるけど
ここまでひどいサービスされたの
初めてです。
ネットにはお上品で優雅な
ファーストクラス搭乗記は多い。
どんなにサービスが雑と言われる
エアラインでも、
ファーストクラスともなると
乗務経験が長くある程度は
ソツなくこなす乗務員の割合が多くなり
トラブルや失敗は起こりにくいからだろう。
それにファーストクラスは例えば
8席に3名の乗務員で対応できるという
圧倒的なマンパワーの余裕もあるからね。
ゆえに
サービスがひどかったファーストクラス
搭乗記というのはなかなか無い。
あとは
乗ってる乗客側の経験値。
ファーストクラス搭乗記を書く人の多くは
ファーストクラス慣れしてないからこそ
舞い上がって搭乗記を書いている。
素人さんの場合見えてるポイントが違うので
ファーストすごいという絶賛方向に陥りやすい
あとはまあカモを罠に仕掛ける為に
ファーストクラス体験を過剰に
良きものに書かねばならぬ
「特殊なお仕事」
の方々も入り交じり
(すっごいオブラート包み)
ファーストクラスだぜウェーイ!
な搭乗記が散見され
「リアルファーストクラス」
の体験談はなかなか世に出ないのであろう。
要はファーストクラスをdissったものは
あまり見かけることはない。
でもほんとうにそうなの?
ってことで
わたしが書くファーストクラス搭乗記ですから
こういう方向性は唯一無二では
ないでしょうか?
そうです
キュイン体質のわたしにしか書けない
相当「すごい」?
というか
「ありえない」ファーストクラス搭乗記
になっておりますので、
どうぞ期待に胸を膨らませて
是非お買い求めください。
「人のキュインは蜜の味!」
わたしの書くファーストクラス搭乗記ですから
絶対に面白いことは間違いありません。
それではここから先は有料です。


問題のあるエアライン エピソード1〈史上最低のファーストクラス搭乗記〉ドンペリとフォアグラとリモワが消えたファーストクラス
関連記事

飛行機ファーストクラス、ビジネスクラスの使い方 | top▲
問題のあるホテル エピソード3「部屋代をタダにします!」は世界共通?事前リクエストをバックレたサンディエゴのホテル編

2017-08-13 Sun 05:00


さて、今回
「問題のあるホテル」エピソード3
でご紹介するのは今年2017年の
ダメホテル暫定一位を突っ走る
サンディエゴのとあるホテル
(表紙画像に写ってる有名ホテル)
このホテルのハウスキーピングチームが
色々やらかしてくれたお話。
この度サンディエゴのすさまじくダメホテルで
遭遇したキュインも
これだけホテルに泊まってて初めての経験。
ダメホテルってのはわたしの
いろんなキュインヴァージンをあっさり
奪い続けるので、気が休まりません。
問題のあるホテルって言うのは
そういうことをやらかすか!
っていう斜め上から来ますからね。
それにしても
このわたしにとって想定外って
なかなか毎回すごいとおもうのよね。
(すごいのはわたしのキュイン力ではなく
ホテルのダメっぷりのことですよ。
判ってると思うけど念のため。)
もちろん
本文中に出てくるやらかしてくれたホテルは
今回もばっちり伏字なしで書いちゃった。
あとは海外で問題が起きた時にわたしが
どういうテクニックを使って交渉をするのか
その辺の具体的な方法や注意点も
きっちり書きました。
何かキュインしてしまって
止むを得ず交渉が必要になった時
読者の皆様のお役に立てるかなとおもって。

有料版だからこそ包み隠さず
全部書けるのってほんといいわ。
それでは
問題のあるホテル エピソード3
ここから先は有料版で
おたのしみください。


問題のあるホテル エピソード3「部屋代をタダにします!」は世界共通?事前リクエストをバックレたサンディエゴのホテル編
関連記事

飛行機ファーストクラス、ビジネスクラスの使い方 | top▲
〈無料〉JALとANA、まだミールチョイスで消耗してんの?「ファーストクラスやビジネスクラスの機内食で朝食メニューを回避する方法」

2017-08-09 Wed 13:00
関連記事

飛行機ファーストクラス、ビジネスクラスの使い方 | top▲
UTHM PKG 003 〈飛行機旅に持っていく財布〉ファーストクラス機内やラウンジに泥棒はいない?飛行機の中の防犯対策

2017-08-03 Thu 03:00


UTHM PKG 003 〈飛行機旅に持っていく財布〉ファーストクラス機内やラウンジに泥棒はいない?飛行機の中の防犯対策

ひとは安全だと思い込んでる場所では
防犯意識は低くなり油断しがちである。
この傾向に当てはめると
非常に気になる場所がある
それは…
空港のファーストクラスラウンジや
ビジネスクラスラウンジ。
飛行機のファーストクラスのキャビン
そしてビジネスクラスの客室内。
ここって本当に盗難などが起こらない
のかなって考えたことってありますか?
たとえば空港のエアラインラウンジ。
ターミナルの喧騒が嘘のような
高級感あふれるエントランス
そしてその先には各社が競って
贅を尽くしたラウンジエリア。
某テレビでもファーストラウンジを
「神の領域」とか煽ってましたが、
そういった別世界のような
畳みかけるような演出も相まって
ファースト /ビジネスラウンジって
なんかソファに荷物置いたまま
トイレに行っちゃっても
全然平気って感じしない?
空港のターミナルの椅子には絶対に
荷物を置いてトイレに行こうと
思わないけど、
空港のエアラインラウンジだったら
なんとなく大丈夫な気がして
置いて行ってしまう気の緩みが出そう。
また、飛行機のアッパークラスの
キャビン内
かつて「鉄のカーテン」と呼ばれた
あのクラスを仕切るカーテンは
本当に機能してるのか?
機内にコソ泥は居ないのか?
特に最近のソロシート型の
最新シートデザインは
そそり立つパーテーションありで
外から見えにくい状態
シャンパンを飲んで気分よくなってしまい
フルフラットのシートが快適で思いのほか
ぐっすり寝込んでしまったり。
と気が緩むポイントはたくさんある。
これらの場所で皆さんはどんな
盗難対策をしていますか?
全く根拠なく「安全だ」と
錯覚というか思いこみがちな場所。
実はわたしもつい気が緩む。
だってファーストクラスラウンジ
で盗みを働くようなひとが
やってくる雰囲気におもえないし。
機内ではファーストクラスに乗ってると
あまりに隔離された世界すぎて、
ものを盗まれるなどという想定を
まったくしてないっていうか。
ついつい無防備でも別に平気~
な錯覚に陥ることは否定しない。
でもそういう根拠のない大丈夫って
旅で一番危険なんじゃなかろうか?
そこで思い出す有名な盗難事件、
実際にかつてエールフランス深夜便で
客室乗務員がせっせと客の現金や
時計、宝飾品、クレジットカードを
盗みまくって捕まったという事があった。
この泥棒乗務員はビジネスクラスを
ターゲットに盗みを働いていたとか。
実は機内はコソ泥の格好の仕事場。
上記の事件のような常習犯でなくとも
国際線の機内で人のものを盗むことに
抵抗がない感覚のひとが乗り合わせて
居ることもあるかもしれない。
エアラインのラウンジも
アッパークラスのキャビンも
ステータスでは人を排除出来ても
泥棒グセのある人を排除してくれている
訳ではないのである。
飛行機に乗るのに自分が泥棒であると
自己申告する正直な泥棒はいない
そして灯台下暗し
エールフランスの例にもあるように
客室乗務員のようなスタッフが泥棒
という現実からも目をそらせるわけに
いかない。
日々無防備な上級クラスの
お金持ち乗客を目の前にして
「これなら楽勝で盗める」って
おもってしまう者がでてきても
なんら不思議ではない。
っていうところから
今回の記事は飛行機の機内や
上級クラスラウンジでどう盗難に備えるか
具体的には盗難防止に使えるワザに加え
この記事はわたしの私物を晒すという
お約束で始めた
UTHM PKGシリーズですので、
わたしが実際に使用している
旅行用の各種財布、
要するに防犯を念頭に置いて
選定したお財布を
公開してしまおうと思います。
旅行用の財布、ブランド物でもないし
インスタ映えもしなけりゃ
キラキラもしてない財布や小道具を
画像付きで公開するのは
な〜んかもやもやするんですが、
キラキラよりも安全
現実というものはそういうものである。
ってことで。
ステキ方面は捨てて、
絶対に盗ませないぞ!という方向で
旅で使ってる私物を載せまくります。

*UTHM PKGとは*
わたしが実際に旅へ持って行ってる
私物を画像入りで紹介しながら
それにまつわるいろんな旅のエピソードを
披露する企画です。
SUZUの持ち物に興味ある方も
旅のいろんなエピソードが読みたい方も
裏技や業界話を知りたい方も
皆さま楽しめる内容です。

目次
【ラウンジでの盗難防御策】
1:ダイニングエリア
 「荷物見ててあげるよ」は危険
 盗人の手口から導く防犯対策
2:シャワー
 ファーストクラスラウンジの客層
 から考える防犯
3:トイレ
 機内持ち込み用キャリーは
 貴重品のかたまり

【フライト中のキャビン内盗難防御策】
1:機内の盗難リスクについて分析
 真っ暗な機内は盗み放題?
2:元刑事の防犯教室をヒントに
 旅行に持っていくのに適切なバッグ
2:SUZUが実際に使ってる複数の財布
 3種類の財布を使い分け
3:画像で解説 盗難対策小ワザ集
 

こんな内容で書いています。
それではここから先は有料です。

UTHM PKG 003 〈飛行機旅に持っていく財布〉ファーストクラス機内やラウンジに泥棒はいない?飛行機の中の防犯対策
関連記事

飛行機ファーストクラス、ビジネスクラスの使い方 | top▲
UTHM PKG 002 〈飛行機の旅に持っていける虫よけってどれ?〉 旅先で虫とは距離を置きたいあなたへ

2017-07-24 Mon 22:00



今日のお題は「飛行機で持って行ける虫よけ製品」

アジアをはじめとした蒸し暑い国に行くと
当たり前のようにブンブンと蚊が飛んでいて
何箇所も刺されたりして不快ですね。
デング熱がはやっている昨今なので
本気で対策しないと蚊を媒介とする
厄介な病気に感染したら大変です。
さて日本から海外へ「飛行機で」行く場合
自分が使い慣れた虫よけを持っていこうと
している方も多いと思うのですが
飛行機に乗って海外旅行に行く場合、
虫よけ製品は危険物として持ち込みも
預け入れ荷物も禁止品になっていたり
する場合があるのご存知でしょうか。
せっかく楽しい旅行なのに
初っ端から荷物検査で引っかかり
日本を出る前に持ってきた虫よけを
没収されたりしたくないですよね。
日本は蚊がたくさんいる国なので
工夫を凝らした虫よけ製品が発売されてます。
肌に塗ったりスプレーしたりする
体に直接つけるタイプから
殺虫成分の入った蚊取り系のもの
部屋から虫がいなくなる系のもの
「虫よけ」とざっくり判断してると
実は飛行機持ち込み禁止品目だったり
するので
「知らなかった」
では済まされず
その場で没収(取り上げられ捨てられる)
されたりしちゃうのです。

こういうことがあると
旅の最初からいやーな気分になりますよね。
なので今日は
飛行機で持っていけることに特化し
「旅で使う虫よけ製品は何を選ぶべき?」
「どれを持って行ったらいいの?」
「この商品なら毎回問題なく持っていけてるよ」
「現地で虫よけを買うとどうなるの?」
等の虫よけ製品情報を一挙に紹介します。
もちろんわたしの書く記事ですので
海外のいく先々で虫にまでモテまくり
追いかけ回されて
とんでもないキュインな目に遭ったりします。
みなさんの期待を裏切らないキュインっぷり
も同時にお楽しみいただけます。
したがって、
「虫よけ製品」
なんかどうでもいいけど
わたしの旅のキュイン話は是非読みたい!
って人にもご満足いただけるはず。
相変わらず安定の面白い話がてんこ盛りです。

ちなみに、UTHM PKG企画とは
わたしが旅に持っていく持ち物を
一個づつ紹介する企画です。
もちろん有料記事ですので
画像で私物もガンガン晒してます。
(空港や機内で見覚えのある何かを
見かけたらぜひ声かけてくださいませね。)
これ記事に通し番号をつけて
シリーズ化しておりますが、
すべて一話完結なので単品で楽しめるように
書いてますのでご安心ください。
今回の話も自分で何度読んでも笑えるレベルで
いつも通りおもしろいことは保証しますし
その上で旅にも役に立つという一石二鳥の記事です。
それではここから先は有料です。


UTHM PKG 002 〈飛行機の旅に持っていける虫よけってどれ?〉 旅先で虫とは距離を置きたいあなたへ
関連記事

飛行機搭乗安全ガイド | top▲
問題のあるホテル エピソード2 チェックアウトで大騒動 フロント業務がまともに機能していないお粗末なホテル編

2017-07-05 Wed 23:00


エピソード1から楽しみにしててくださった皆様
お待たせいたしました。
ついに出ますエピソード2


今回の記事はわたしのホテル宿泊人生における
ワースト1位の大キュインです。

「宿泊人生?なんて大げさな」と
思ってもらっちゃ困るんで、
ちょっと解説するとだな

わたしが、いまのようなホテル遊び始めたのって
ざっくりいうと25年くらい前。
その当時っていわゆる米系大型ホテルの
ヒルトンとかシェラトンの会員になって
ディズニーに何の用もないのに舞浜シェラトンに
泊まりに行くとか(クリスマスじゃないよ)
東京に住んでるのにヒルトン泊まりに行っちゃう
みたいなホテル遊びをやってた。
当時ってね今より昔ですから(あたりまえ)

「ホテル滞在を楽しむために
ホテルに泊まるんだよ」

みたいなこと言っても
誰にも意味がわかられなかったのだ。

「趣味はホテルに泊まること」

とか言ったらですね、
変なホテルを想像されるみたいな時代。
「ホテル好きとかいやらしい」
的な勘違いが横行してて
いくらホテルステイの良さを語っても
???ってなる人が多く

ホテルに泊まることがホテルに泊まる目的

というのが全く理解されないと言うか
(これは今でもか)



そんなホテル好きなわたしの
後にも先にもこんなキュインに遭遇することは
きっとないと思えるぐらい
衝撃的な出来事起こりました。

わたしだからこそ吸引したとも言える
自分の想定をもはるかに超えるキュイン。

この方向のキュインは
全く予期できませんでした。
キュインの神様はいつも想定の
斜め上からわたしに試練を課すのです。


そう今回は満を持して
「人生のホテルキュインの中でもワーストワン」
体験を書いちゃいます。

有料版だからこそ書けるということで
突っ込んだあんなことやこんなこと
伏字なしモザイクなしで、もちろん
ホテル名ズバリ名指しで書いちゃいます。

読んで後悔はさせません。
「人のキュインは蜜の味」
「キュイン体質ここにあり!」
存分にキュインワールドをお楽しみください。


キュインの歴史がまた1ページ


このエピソード2はエピソード1からの続きです。
もちろんエピソード2の内容だけでも凄まじい
キュインなので読む価値はあります!(断言)

でも先にエピソード1から読んだ方が
もっともっと、そして絶対に面白いことは
間違いないといえるので
そこんとこだけご理解いただければ嬉しいです。
エピソード1の登場人物がまた出てきたりするのだ。

止むを得ずエピソード2のみご購入の場合は、
内容がエピソード1 を読んでいることが
前提の書き方になっておりますことを事前に
ご了承頂けたらと思います。


それではお楽しみください

「チェックアウトで大騒動 
フロント業務がまともに機能してない
お粗末なホテル編」


ここから先は有料です。




問題のあるホテル エピソード2 チェックアウトで大騒動 フロント業務がまともに機能していないお粗末なホテル編
関連記事

飛行機ファーストクラス、ビジネスクラスの使い方 | top▲
旅の服えらび「どんな服でファーストクラス乗ってる?」に答えます。飛行機旅ドレスコード完全攻略ガイド

2017-06-21 Wed 18:00



旅の服えらび「どんな服でファーストクラス乗ってる?」に答えます。飛行機旅ドレスコード完全攻略ガイド


覚えてらっしゃる方も多いと思いますが
以前ブログで
「ファーストクラス搭乗にドレスコードは
あるのか?」
という内容の記事を書きました。

この記事、わたしが思った以上に反響が大きく、
ネットで検索すると一時期は人気ブログを抜いて
検索トップにくるほどでしたが

わたしから言わせるとあれでも
「毒気を抜いた優等生記事」

自分で書いてて何言ってんだ?なんだけど
わざとそういう書き方をした記事だったのです。

あの記事の意図を一行で言うと

「海外旅行での服装ってかなり大切」

ってことをわかりやすく書いただけなのですが。

でも過度な毒気抜き漂白をしたのには
もう一つ理由がありました。

賢いみなさまは気がついているとおもいますが
「ドレスコード」って不思議なことに
かなりの取り扱い注意の危険物
というか刺激物なんですね。

具体的には
ツイッターで「海外旅行での服装」や
「ドレスコード」のことに触れると必ず
意味不明なクソリプがあちこちから飛んでくる。

その大半は「服装を気にする奴がバカ」とか
「俺様はどうでもいい服装で大丈夫だった」という
よくわからない自分は特別だ自慢?のマウンティング

これネットだけでなくリアル社会でも
よく見る光景。

絶対にドレスコードを守らない方向に
力一杯頑張っちゃう人とかね。
あれってドレスコードのことを言われると
その人の内面のコンプレックスを
ダイレクトに刺激しちゃうのかしらね?
尋常じゃない怒り方したりするひとが
おもしろい位あらわれる。

だからこうい危険な刺激物は漂白して
白くしてなるべく毒気を取り除いて
あんまり刺激を感じないようにして出したってわけ

でも、やっぱり旅の服に関しては
「旅慣れ気取りのファッション指南」
みたいな女性誌で取り上げられるような
おしゃれ方向に特化したものではなく、
実際に現場で役に立つような
もっと使えて、もっと実践的なテクニックを
書いておきたい思いはずっとあった。

わたしが試行錯誤してやっとたどり着いて
みずから手にしたもの。

それを後からこの道を歩く人たちが
できる限り無駄な苦労しないように
どこかに書き残したいなって
ずっと思ってた。

なのでこれは有料化したら絶対に
書こうと決めていたブログ記事。



さてこの記事の中身はどんな内容か?

「どんな服装でファーストクラスやビジネスクラスに乗ってるの?」

これに真正面から答えます。


わたしが旅ではどんな服を選んでいるのか?
なぜその服を選んでるのか?
そこに行き着いた理由は?
それらをすべてこの記事で公開します。

わかりやすくするために時系列で
どんな服を着て家を出発し、
空港でチェックインして、ラウンジに入り
ファーストクラスやビジネスクラスに搭乗し
機内ではいつどのタイミングで着替えるのか?
そして巡航中はどんな服装で過ごし、
降機から入国して目的地に到着し
ホテルにチェックインするまで。
何に気をつけどういう技を使って
快適なフライトが過ごせるようにしてるのか?

すべて書きます。

もちろん、このわたしが書くので
ゆるふわ♡楽♪SUZUの旅ファッション大公開♡
とかではなく
「自分が無駄に怪我しなかったら
他の乗客も助けられるよ」的なマッチョ方向。

具体的には飛行機で脱出案件になった時に備え
服の何に気をつけて安全面をどう具体的に考慮
してるのか?
どんな服を着ていれば想定される危険を回避し
怪我をする確率を下げられるのか?
などの実践編です。

ほかには飛行機キャビン内の暑い寒いには
どう対処するのが賢い旅人なのか?

そして絶対に外せない
「アッパークラスを利用する遊びに参加するなら
独特なグローバルルールをしっておこう」
と言う方向からの
ヒコーキとホテル遊びゲームの攻略法を
わたし独自の視点で全て書きます。

ちなみに「服」はこの記事の軸に使ってるだけなので
女性ファッションに特化していません。
内容は性別関係なく使える話がたくさんです。

今回の記事も実践的でためになるし
キュインエピソードが面白いのはあたりまえ。


そしてなんと記事内では
うちの父の笑えるキュインまで書いちゃった。

父はわたしを赤ん坊の時から世界中連れまわしファーストや
ビジネスクラスで旅をするおもしろさを教えてくれた
張本人ですからね。


それでは
ここから先は有料記事でお楽しみください。



旅の服えらび「どんな服でファーストクラス乗ってる?」に答えます。飛行機旅ドレスコード完全攻略ガイド
関連記事

飛行機ファーストクラス、ビジネスクラスの使い方 | top▲
UTHM PKG 001〈飛行機に持ち込めるハサミ〉空港でセキュリティチェックをうける際の善良な市民の心得とは?

2017-06-12 Mon 06:00


これがnote有料記事のメインコンテンツです。

創刊号特典

1:ここだけの話UTHM PKGの命名の由来
2:創刊号だけのトクベツ価格
3:セキュリティチェックの正しい受けかた

とにかく役に立って面白い記事をめざしております。

「真の旅慣れとはリスクが想定できること」
だと考えると至極納得のいく話なのだが、
旅慣れた人は荷物が多い。
なぜならば、旅慣れれば慣れるほど
現地で手に入るか否かを適切に
判断出来るようになるし、
必要なものは最初から持っていった方が実は
効率的であるということに段々気がつくからである。
ニセモノの旅慣れ「気取り」ではなく
「真の旅慣れ」
のほうを日々キュインしながら目指すわたしが
一体何を海外旅行に必要だとおもって
持って行ってるのか?
それらを実際にどのように使って
快適な旅に近付けてるのか?
みなさんきっと知りたいですよね?
それだけ偉そうに言ってるなら
見せてみろって思ってる人も
きっといるでしょう。
UTHM PKGはわたしが旅行に持って行って
色々助かってるものをすべて画像付きで
全部見せてしまおうという企画です。
基本的には1記事1アイテム。
それにまつわるキュインエピソードや、
世界を回って蓄積したデータから導き出された
ありとあらゆる旅のテクニック
はたまた前職で経験したいろんなことを絡めて
なぜそれを旅に持っていくようになったのか?
わたしにしか見えない視点から書く
旅に持っていくアイテム大図鑑です。
他の「これ便利だったよ」的な
旅のアイテム記事はたくさんあるけど
他と断然違って面白いのは
やっぱりわたしだからこそ遭遇する
ありえないキュインが必ず絡むこと。
そしてこのコンテンツの創刊号でもある
記念すべき001号ではトクベツにUTHMって何?
という解説もつけちゃいます。
これキャセイパシフィックのファーストクラスで起こった
客室乗務員との大笑いなやりとりが由来なんですが、
その辺の話も全部書いております。
創刊号だけの特典ってヤツですな。
UTHM PKGでは
:気になるアイテム記事をその都度選んで買うもよし。
:SUZUのキュイン旅エピソード狙いで買うもよし。
:ためになる内容や役立つはなしをチョイスするもよし。
:全記事コンプリートを目指すもよし。
自分なりの楽しみ方を見つけてください。

それでは
ここから先は有料記事で
お楽しみください。


UTHM PKG 001〈飛行機に持ち込めるハサミ〉空港でセキュリティチェックをうける際の善良な市民の心得とは?
関連記事

飛行機ファーストクラス、ビジネスクラスの使い方 | top▲
有料版記事これからのリリース予定の内容を過去三年間のツイートから予測する。

2017-06-06 Tue 14:00
有料記事ですが、

「これは書いておかないと」
って思ってツイッターでメモしてあることを
わすれずにちゃんとほんとに記事にするっていうの
とても大事なのよね。

なので今日はツイッターにメモしておいた
過去三年分のツイートを紐解きました。

ついーとしたあれこれをみながら今後の
記事リリース展望を書いてみようと思う。


もともと有料化に当たっては
行き当たりばったりに記事を書くわけではなく
それなりの準備期間を経てリリースしてるので
ベース記事はほぼ書き上げてあって、
(有料化するぞ〜〜って言ってからのそのそと
記事書いてたら間に合わないからね。)

今後どんなものが出て来るのか
みなさんも知りたいとおもいます。

私も知りたい!

今後の記事のヒントは以下の
ツイートが参考になると思います。

ホテルネタだとこんなの
2014年9月に書いたツイート







ホテルに住むレベルで長期滞在すると
いろんな粗がみえるんだけど
そこで習得したいろんなこと
気がついたことなどを
ちゃんと記事にまとめておきたい。

ホテルにちょっと泊まって

舞い上がってる人
観察する気のない人
鈍感な人

にはよくわからない
ことかもしれないけど、

私だからこそ書ける視点で
書いておきたいホテル利用のコツ
あれこれ。


それから
2015年1月に書いたこのツイート。
2年4ヶ月前ですね。







イレギュラー対策意識のない人多いから
2年以上前からことあるごとにこう呟いてるので
書いておかないとっておもってること。

実際に自分が客としてイレギュラーに遭った経験
そして専門的な知識を絡めて。

私の記事の最大の価値は専門知識と
旅人経験を掛け算できるところですからね。
どっちか一つのひとは多いけど
二つ三つの条件を
掛け算できる人は少ないでしょ

専門知識×実際の経験×キュイン力×文才

これは唯一無二だろう。

文才なんて自分で書くのなんだけど
でも私の文章面白いでしょ




2016年1月
これは定期的につぶやいてるけど
機内の暑い寒いは自分でなんとかしましょう
ってはなし。

これも「人に頼るな自分に頼れ」
って話だけど。








自分でちゃんと記事にしよう宣言してるわ。

これも働く側の内情を知ってるのと
実際に自分がいろんなエアラインに乗って
自分の目で確認してきた経験を
掛け算できるからこそ言えること。


機内でどんな服装してるかは
定期的に質問がくるのだ。




旅に出る服装難しいとおもう。

家を出て空港行って搭乗して
入国審査受けて
ホテルチェックインするまで

いつも偉そうなこと言ってる
私が一体どんな服装をしてるのか
知りたいでしょ。

なので一挙公開する記事を計画してます。

ドレスコードと安全を両立させる
究極の方法とは?


あとはこういう記事リクエストもあった。




飛行機に乗ってる時〜降りる時
メイクをどうするか
メイク落としたら
どこでどうするべきなのか?

ラバトリーを長時間占拠していいものか。

機内独特のいろいろお作法あるよねって話。
エコノミーで良かったことも
ビジネスクラスやファーストじゃ
だめみたいなのあるし
これはマナー問題をからめて書かないとね。


あとチップのことなんかも
みんながどうしてるか
知りたいけど
あんまりちゃんと書いてるひといない。

書いてる記事があっても、
もらう側が有利なような
実生活に即してないやつとか。
(従業員が書いてるから誘導系とか)
自分ルールな%を払ってるひととか。

チップに関しては欧州にも東海岸にも
西海岸にも住んでたからわかる
いろんなことってあるし。




日本からやって来る
チップのことがわかってない人に
正直閉口することはよくあるのだ。
それいつ誰が言った話だよみたいな。







こんなはなしも
記事にしてちゃんと詳しく書こうと
思ってます。
ツイッターだと流れて行って
まとまって見られないからね。


こんな感じで
すべて「SUZUだからこそ書ける」もの
を出していきたいと思います。

さっきも書いたけど
私が書けることって
誰でも書けることじゃないのよ。
私だから書ける
私しか書けないことなわけ。

専門知識 × 実際の経験値 × キュイン力 × 文才

この掛け算が成立する人の割合
そんなに多くないでしょ
てか私しか居ないんです。

パクろうって思っても
私の経験も知識もキュインも文才も
コピペする以外にはパクれないでしょ。

誰も真似できないって強いと思うのだ。
そんじょそこらのキュインしない人
が書いたものとは
一味もふた味もちがうものが
書けてるという自負があるので
今後もたのしみにしててくださいね。


こちらの有料記事も引き続きよろしくお願いします。



お買い上げくださった方エピソード2も
楽しみにしててね。


そしてこちらと


こちらもよろしく。

関連記事

飛行機ファーストクラス、ビジネスクラスの使い方 | top▲
問題のあるホテル エピソード1「ホテルマンとして最低でした」とテレビドラマみたいに謝罪された話。部屋の清掃がまともにできない残念なホテル編

2017-06-02 Fri 20:00




有料版だからこそ書ける記事といえば、
トラブルキュインエピソード。
私って余りにもありえないキュインするので
オープンエリアに書いたらすぐに誰のことか
珍しすぎて身バレの危機が。
日本語読めない人が相手の
海外のトラブルだったら書けるかって?
それもあまりにでかいキュインが多く
保証などの事後のフォローで
日本のデスクも絡んでしまうんで
これもオープンエリアではなかなか書けない。
だってトラブルに関わった人がみれば
私のことだと簡単に特定できてしまうから
うかつに不特定多数が見られる場所に
無防備に書いたらそれはバカでしょ。
なので、いままで出せてなかった
信じられないレベルのキュイン話が
いっぱいあるんです。
今日は有料版だからこそ出来る
ここだけの話ってことで
ホテル名もモザイク無しで名指しで
書いちゃうことにする。
飛行機も相当乗ってるけど、それこそホテルも
1000泊以上してて住むレベルで泊まってるので
それはそれはいろいろなホテルでキュインに
遭遇するのであるからして
ネタ枯れすることもない。
問題は嫌なことはどんどん忘れないと
やっていけないくらいキュインするのと
いちいち覚えていないほどキュインが
日常になってるってことかな。
さて、そのとっておきなキュインのなかでも
特に今回披露するキュインエピソードは
自分のホテル滞在人生のなかでも
ワースト3に入るひどさだった
かなりどでかいやつ。

舞台は都内のある某外資系チェーンホテル(本文ではどのホテルか名指ししてます)ここで私が遭遇した、清掃関連(ここではぼかす)のアンビリーバボーなキュインネタをためらうことなく出してしまおうと思います。
過去に選抜メンバーとしてPW会員試験に合格した旧キュイン会員の皆さんには「あ!あのネタね」というレベルの相当有名なものなのですが、(期間限定のPW記事で出したので)内容を知ってはいても、これを買ってまた読んでもきっと後悔しないほど面白いと思います。
だって「人のキュインは蜜の味」そう私のキュイン話はかなり面白いんだもん。今回書きながら自分の事なのに笑いが止まりませんでした。もちろんキュインしてる時の私は笑えてないんだけど、後日こうやって客観視しながら文章に起こすと面白くって仕方なかった。書いてて話盛ってないのに(盛るどころか少し引いてる)なんでこんなすさまじいキュインなんだ?と自分のキュイン力に不覚にもうっとりするほど。
そしてなんと!信じられんことにこのネタは最近になって想定の斜め上を行くありえないエピソード2が加わってましてですね。まずは今回の記事でホテルがやらかしたキュインネタを読んで次の書き下ろしエピソード2を楽しみに待つというのが今回の記事のマニアックな楽しみ方ではないでしょうか?
要するにこの記事は書き下ろしエピソード2を書くためのエピソード1の記事でございます。どれだけキュイン体質なんだ!と驚きつつ読んでいただけたら嬉しいです。


それでは、ホテルのステイタス修行真っ只中の人も、SUZUのブログに最近ハマった新しい人も、古くからの記事中毒の人も、そしてあの時はPWがかかって読めなくて悔しい思いをした実は隠れファンも、どうぞ有料記事でお楽しみくださいませ。


ここから先は有料になります。


問題のあるホテル エピソード1「ホテルマンとして最低でした」とテレビドラマみたいに謝罪された話。部屋の清掃がまともにできない残念なホテル編
関連記事

飛行機ファーストクラス、ビジネスクラスの使い方 | top▲
| TOP | NEXT
レンタルCGI [検索ワードのランクをもっと見る] ブログパーツ [人気ページのランクをもっと見る]